シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
キングスマン
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation
英題:
KINGSMAN:THE SECRET SERVICE
製作年:
2014年
製作国:
イギリス
日本公開:
2015年9月11日
上映時間:
製作:
Marv Films
配給:
KADOKAWA
カラー

チェック:『英国王のスピーチ』などのオスカー俳優コリン・ファースを主演に迎え、『キック・アス』などのマシュー・ヴォーン監督がメガホンを取って放つ痛快スパイアクション。世界を股に掛けて秘密裏に活躍するスパイ機関所属の主人公が、最強の敵相手に奮闘する姿が描かれる。『サイダーハウス・ルール』などのマイケル・ケインや、『パルプ・フィクション』などのサミュエル・L・ジャクソンらが共演。エレガントな小道具やウイットに富んだ会話はもとより、切れ味のいい怒とうのアクションに見ほれる。

ストーリー:ロンドンにある高級スーツ店「キングスマン」は、実はいかなる国の干渉も受けない屈指のエリートスパイ集団だった。ブリティッシュスーツを小粋に着こなす紳士ハリー(コリン・ファース)もその一人で、日々極秘任務の遂行に務めていた。そんなある日、仲間が何者かに暗殺され、彼は街で不良少年エグジー(タロン・エガートン)をスカウトする。

キングスマン
(C) 2015 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    明らかに007パロディなオチが下品でまたよろしい(笑)。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    M.ヴォーンとM.ミラーはとりわけ洒落っ気の面でよほど相性がいいらしい。今回は’60年代のスパイ映画へのオマージュがぎっしり。とりわけ二人はR.ムーア期の軽~い007が大好きらしいが、黒ブチ眼鏡のC.ファースなんてM.ケイン扮する国際諜報員ハリー・パーマーそのままやん!と思ってたらご本人もしっかり登場。教会での馬鹿馬鹿しいほど凄惨な大殺戮シーン、エルガーの「威風堂々」に合わせた脳髄お花畑などなどブラックな笑いも冴えてるし、少年の成長物語というマシューお得意の要素もしっかり描けていて、新生T.エガートン君もなかなかの好演。ま、これだけヴェテラン勢の悪ノリが過ぎると印象埋もれがちだけどね。

  • なかざわひでゆき
    古き良き英国流スパイアクションの魅力が満載
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     労働者階級の貧しい若者が国際的なスパイ組織キングスマンにスカウトされ、高級スーツに身を包んだ英国紳士スパイ=コリン・ファースの指導のもと、IT実業家の陰謀に立ち向かいながら一流スパイへと成長していく。
     往年の『007』シリーズと『おしゃれ(秘)探偵』をかけあわせたような、荒唐無稽かつ洒脱な英国スパイアクションの魅力が満載。過激だけどグロ過ぎないバイオレンスや辛口のユーモアなど、『キック・アス』シリーズのM・ヴォーン監督ならではのテイストも痛快だ。
     格差社会で希望を失いがちな現代の若者へ向けたメッセージも明確。生まれた家庭環境や社会階級は選べずとも、人生は己の選択次第で切り拓けるのだと。

  • 平沢 薫
    キレ味もヤバさも最高!編集の技にシビレる!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     キレッキレ。クールでタイト。アクションシーンはみな細かなカット割で、VFXと編集テクニックで緻密に構築されて、独自の速度とリズムを生み出す。これはもう見る音楽、いっしょにハネずにはいられない。さらに、いやそれをネタにしたらマズいんじゃないの的ちょっとアブナいブラックなギャグが、クールさを増幅。そんなクールでヤバい現代的テイストを、それとは対極にある英国紳士という伝統的アイテムに掛け合わせたミスマッチ感も絶妙だ。
     原作コミックは「キック・アス」のマーク・ミラー。きっとこのテイストは、本作の製作にも参加している彼のもの。今回もキッチリやってくれてる。

  • 山縣みどり
    シリアス化する007に疲れた人はぜひ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    世界平和のために活動してきた貴族のスパイ組織があるという設定がまず愉快。究極のノブレス・オブリージュ! その組織に労働者階級の青年をからませるのも実にイギリスっぽい。貴族の血を引く監督だが、庶民パワーを侮るなという思想の持ち主とみた。サミュエル・L・ジャクソン演じる悪党の思想がいまいち緩いが、監督は痛快アクションで押し切る。コリン・ファースのアクション演技もなかなかで、器用さに感動。紳士スパイに必要なのは強靭な肉体と精神力はもちろん、スコッチやスーツへのこだわり&完璧なマナーというあたりが007的。でも妙にシリアスな最近のボンドに違和感を持つファンはこっちのほうが楽しいかもよ。

  • くれい響
    まさかのコリン・ファース覚醒で、『キック・アス』超え!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    少年スパイの設定こそ、ドニー・イェンがアクション指導を務めた児童文学原作の『アレックス・ライダー』とカブってるが、こちらは泣く子もダマるマーク・ミラー原作。『キック・アス』に続く、マシュー・ヴォーン監督×アクション&第二班監督のブラッドリー・ジェームス・アランとの相性も抜群で、ゾンビ映画かと思わせるほどの教会大虐殺など、容赦ないヴァイオレンス描写が炸裂。しかも、ここに来てコリン・ファース覚醒!というサプライズ。青春映画の要素など、内容盛りだくさんのうえ、上司役のマイケル・ケインやいきなりのマーク・ハミルなど、抜かりないキャスティングも魅力的。2015年を代表する一本であることに間違いない!

動画

映画『キングスマン』最新予告編
映画『キングスマン』特報
映画『キングスマン』本編映像
『キングスマン』タロン・エガートン特別映像

写真ギャラリー

Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『キングスマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『キングスマン』ポスター
    ポスター
  • 映画『キングスマン』チラシ
    チラシ
  • 映画『キングスマン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『キングスマン』トリガー・アンブレラ・チャーム
    トリガー・アンブレラ・チャーム

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『キングスマン』の映画ニュース

  • トム・クルーズが主演を務めるリブート版『ハムナプトラ』の海外版ティザー予告が公開され、そのダークな世界観が明らかになった。 古代のプリンセスのミイラ(『キングスマン...
  • 映画『キングスマン』の続編『キングスマン:ザ・ゴールデン・サークル(原題) / Kingsman: The Golden Circle』の全米公開日が2017年6月16日から同10月6日に延期された。米...が発表した。 イギリスにあるスパイ組織「キングスマン」の本部が攻撃を受け、主人公エグジー(タ...
  • 映画『ターザン:REBORN』で新生ターザンを務めたイケメン俳優のアレキサンダー・スカルスガルドと『アントマン』でその存在感を発揮したマイケル・ペーニャが、極悪警官コン...たのは、『スナッチ』のガイ・リッチーや『キングスマン』のマシュー・ヴォーンに続く、ブラックで...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『キングスマン』(原題:KINGSMAN:THESECRETSERVICE) from 映画の棚 (2016年3月31日 23時47分)
    2015年に公開し、多くの映画ファンの予想を裏切り、大ヒットしたダークホース映画『キングスマン』。今回は、スタイリッシュ・アクション・スパイ映画である『キングスマン』をご紹... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『キングスマン』ネタバレ感想あり 心地よいアクション満載のスタイリッシュ紳士映画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年3月31日 22時10分)
    マナーが紳士を作るんだ using あまらく キングスマン(原題:KINGSMAN:THE SECRET SERVICE)予告編動画 『キングスマン』のあらすじ17年前に父親を亡くし、無職のまま、ロンドンで母と赤ん ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『キングスマン』スーツにメガネのコリン・ファースが格好良いスパイ映画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年3月31日 0時19分)
    今回ご紹介する映画:キングスマン(原題:KINGSMAN:THE SECRET SERVICE)オススメ度:★★★★★(五つ星!)予告編動画 『キングスマン』のあらすじ by シネマトゥデイロンドンにある高級 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キングスマン」 from ここなつ映画レビュー (2015年11月18日 14時50分)
    イギリスの上流階級で構成される秘密結社に、労働者階級の青年がスカウトされ、遂には立派な「キングスマン」として成長していく「男子成長譚」として鑑賞。私はこういう構成に滅法ヨワイ。鑑賞し終えるまで知らなかったのだが、本作は「キック・アス」のマシュー・ボーン監督&マーク・ミラー原作の作品。そう思ってみると、タロン・エガートンはヒットガールだし、コリン・ファースはニコラス・ケイジである。父親を知らずに育ったエグジー(タロン・エガートン)がハリー・ハート(=ガラハッド)(コリン・ファース)を父親代わりとして成長してい ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「キングスマン」 from 元・副会長のCinema Days (2015年11月8日 7時6分)
    (原題:KINGSMAN:THE SECRET SERVICE )さすがマシュー・ヴォーン監督。期待を裏切らない出来映えである。しかも、米英の“王道”のスパイ映画大作が公開される時期に、極端な“変化球”を放って存在感を見せつけるという気合の入り具合には感服するしかない。今年度屈指... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年9月7日の週の公開作品
  3. 『キングスマン』