シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

公式サイト:http://www.batmanvssuperman.jp
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
英題:
BATMAN v SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年3月25日
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:世界的人気を誇るスーパーヒーロー、スーパーマンとバットマンが互いに全力を尽くしてバトルに挑む姿を描くアクション大作。英雄から一転、悪に傾倒したスーパーマン相手に激しい戦いを繰り広げる人類の最後の希望バットマンとの最終対決を映し出す。二大ヒーローを熱演するのは、『マン・オブ・スティール』に続きヘンリー・カヴィルと『アルゴ』などのベン・アフレック。人知を超えた能力を持つ男たちの死闘の行方も見どころ。

ストーリー:バットマン(ベン・アフレック)は、両親の殺害現場を目撃したという過去のトラウマから犯罪者一掃に力を注ぎ、一方超人的能力を持つスーパーマン(ヘンリー・カヴィル)は、その力を人類のために惜しみなく使ってきた。だが、その破壊力の強大さゆえに、スーパーマンは人々からバッシングを受けるようになり……。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    続きはもう、ご勝手に。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    両雄対決とか言ったってどうせ仲直りするんでしょ…当然の予想を全く覆さない詰まらなさ。冒頭から延々続くまだるっこしい編集、それとは逆の、とにかくぶっ壊せばいいや的な大味アクションにZ.スナイダーの進歩のなさを痛感。だからヒーローによる無差別破壊、やりすぎ制裁の是非を問う物語にも重みがない。そもそもこんなに根性の曲がり腐ったサイコ野郎にバットマンを貶めて本当にいいのか!と怒り心頭だ。ま、結局はバーバリックな音楽に乗って突然現れるワンダーウーマンとともに、巨大怪人退治のどんちゃん騒ぎで終わるんだし、原題からもジャスティク・リーグものの開幕編なのは明らかだから深刻さなんて求められていないのだが。

  • 相馬 学
    夢の両雄対決は、実際に“夢”を見せてくれるのか!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のヒーロー飽和状態はマーヴェル・ユニバースの過渡期を思わせたが、DCユニバースも同様の時期を迎えている。

     両雄対決という事件性は興味を引くが、クリストファー・ノーラン主導後のシリアス路線に則ったおかげで爽快感は薄い。お祭的コンセプトとシリアス路線の調和は、マーヴェルのようにヒーロー大集合化する今後のDCの課題となるのかもしれない。

     都市破壊や人命の犠牲などヒーローの活躍による弊害というテーマはそれなりに消化されており、シリアスゆえの味はある。奇しくも同じテーマを持つマーヴェルの新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』と見比べてみたい。

  • くれい響
    ワンダーウーマンは、今年のフュリオサか?
    ★★★★
    »読む«閉じる

    明らかに9.11を連想させる序盤は置いといて、ザック・スナイダー監督の「また、ノーランっぽくすりゃ納得するっしょ?」な志の低い演出は、どうでもいい。だが、さんざんジラされ、戦いの火蓋が切られると、フッ切れたように狂い始める。『マトリックス・レボリューションズ』な雨の中、バットマンが洗面台を投げつけたかと思えば(しかも、意外と効果アリ!)、怪獣映画と化す。そんななか、打楽器連打のいかにもジャンキーXLな楽曲とともに、突如訪れるワンダーウーマン卑怯すぎ。しかも、綱引きで一人健闘する無敵っぷりは、フュリオサ大隊長のよう。そのインパクトたるや、「マーサ」繋がりで、心変わりするお粗末な脚本も許せるほど!

  • 中山 治美
    ワンダーウーマン、きたーっ??
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ヒーロー直接対決に期待値が上がったたが、またも記者として怖い者知らずの強硬取材を敢行し、スーパーマンの戦場に俊足で現れるロイス役のエイミー・アダムスと、何があっても動じない母ダイアン・レインに目を奪われっぱなし。その不死身ぶりと精神的な強さはヒーロー以上。
     その彼女たちを上回る存在感を放つのがワンダーウーマンだ。男前な登場シーン。そして『ワイルド・スピード』シリーズよりパワーアップしたガル・ガドットのガタイの良さは、ヒーローと並んでも引けを取らないカッコ良さ。
     今後、このワンダーウーマンが核となって話を展開するなら大歓迎。『スターウォーズ』も本シリーズも、次代を引っ張るのは女子ってことで。

  • 平沢 薫
    ザック・スナイダー監督が描く"俺のバットマン"、見参!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     スーパーマンとバットマンの双方が、自分をどのような存在として考えているのかを明かす、深い洞察に満ちた台詞がある。そして、双方がその性質を象徴する絵画のようなビジュアルで出現するシーンがある。そのどちらもが強く味わい深い印象を残す。前作には色濃く残っていた「ダークナイト」の呪縛から解き放たれて、特に後半はスナイダー監督らしい外連味のある派手な映像が炸裂。やっぱりこの監督の映像はこうじゃないと。
     監督自身が強い影響を受けたと語るコミック「バットマン:ダークナイト・リターンズ」そっくりの場面もチラホラ。エンドクレジットには、このコミックの作家フランク・ミラーへの謝辞が記されている。

動画

バットマン&スーパーマン、一触即発!『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』予告編
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』予告編
映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』特別映像
スーパーマンに勝てるはずない?『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』特別映像!
映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』最新映像
バットマンとスーパーマンがおでん対決 映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』世紀の対決イベント

ポスター/チラシ

  • 映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ICカードシール+エキストラ参加応募券
    ICカードシール+エキストラ参加応募券
  • 映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』クリアポスター
    クリアポスター

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

脚本・製作総指揮: デヴィッド・S・ゴイヤー

キャスト

バットマン/ブルース・ウェイン:
スーパーマン/クラーク・ケント:
ロイス・レイン:
レックス・ルーサー:
マーサ・ケント:
ペリー・ホワイト:
アルフレッド・ペニーワース:
フィンチ議員:
ワンダーウーマン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を観た from 東京ひとり暮らし@都会指数25% (2016年4月22日 12時48分)
    きのうですが、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を109シアターのiMax3Dで観ました。 冒頭でいきなり、メトロシティーの街が崩壊する様が描かれます。 何なのかというとコレはスーパーマンとゾッド将軍との戦いの真っ最中で、そのせいで地は割れビルも次々と倒壊してるんですね。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生/BATMAN v SUPERMAN DAWN OF JUSTICE from 我想一個人映画美的女人blog (2016年4月10日 23時18分)
    アメコミ映画で最も好きなキャラがバットマンであり、アメコミ映画化のシリーズの中でも 一番好きなのが「バットマン」今度のバットマン役はベン・アフレック と決定しただけでも楽しみだったのに、スキンヘッドの悪役レックスにはジェシー・アイゼンバーグ になっ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 10時41分)
    DCエクステンディッド・ユニバース映画第二弾である本作【バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生】 前作【マン・オブ・スティール】で圧倒的な強さを見せつけてくれたス ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 from 元・副会長のCinema Days (2016年4月10日 6時41分)
    (原題:Batman v Superman:Dawn of Justice )いわゆる“一見さんお断り”の映画である。タイトルこそバットマンの名前が先に来るが、実質的にはスーパーマンが主人公を務める「マン・オブ・スティール」(2013年)の続編だ。だから“前作”を観ていないと設定がよく分... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」人間と宇宙人の真剣勝負 from soramove (2016年4月7日 1時10分)
    映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」★★★★ バットマン/ブルース・ウェイン: ベン・アフレック スーパーマン/クラーク・ケント: ヘンリー・カヴィル ロイス・レイン: エイミー・アダムス レックス・ルーサー: ジェシー・アイゼンバーグ マーサ・ケント: ダイアン・レイン ペリー・ホワイト: ローレンス・フィッシュバーン 出演 ザック・スナイダー 監督、 151分、2016年3月25日公開 2016 ワーナー・ブラザース映画 (原題/原作:BATMAN v SUPERMAN: DA ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年3月21日の週の公開作品
  3. 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』