シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

しあわせへのまわり道

しあわせへのまわり道
(C) 2015,BPG Releasing,LLC.All Rights Reserved.
英題:
LEARNING TO DRIVE
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年8月28日
(TOHOシネマズ日本橋 ほか)
上映時間:
配給:
ロングライド
アメリカンビスタサイズ/カラー/5.1ch

チェック:『ナイト・トーキョー・デイ』などのイサベル・コイシェ監督がメガホンを取り、パトリシア・クラークソンと名優ベン・キングズレーが共演を果たした感動作。性別も人種も宗教も異なる男女が、車の運転を通して少しずつ心を通わせていく様子を描く。原作は The New Yorker に掲載されたエッセイで、パトリシアが映画化を熱望。人生のどん底から少しずつはい上がり、新たなステップを踏み出すヒロインの姿が共感を呼ぶ。

ストーリー:ウェンディ(パトリシア・クラークソン)はニューヨークで書評家としての成功を手にしていたが、長年共に暮らしてきた夫にある日突然捨てられる。一人取り残された彼女は悲嘆に暮れ、さらに自分で車を運転しなければならないことに気付く。ウェンディはインド人タクシードライバーのダルワーン(ベン・キングズレー)の手ほどきを受けることに。

しあわせへのまわり道
(C) 2015,BPG Releasing,LLC.All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    成熟した大人の女性の幸せ探し
    ★★★★
    »読む«閉じる

     長年連れ添ったダンナに三行半を突きつけられた裕福なインテリ中年女性が、心機一転のために通い始めた自動車教習所のインド人教官との交流を通じ、改めて自分自身の生き方を見つめ直す。
     自動車の運転を人生の舵取りになぞらえる辺りはありがちな気もするが、ヒロインの挫折からの再起を頭の悪い女性誌よろしく恋愛やら女子力アップやらに結び付けず、成熟した大人の女性の幸せ探しとしてしっかり描いている点が好感触。
     そして、移民国家である米国の諸事情を背景に、人種も文化も階級も違う2人の男女の友情を通して、思いやりと労わりの精神こそが自分も周りも幸福にするという普遍的な真理を示唆する。そのさりげなさがいい。

  • ミルクマン斉藤
    異文化への理解と敬愛が、明日のワタシを幸せにする。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    深刻な題材が少なくないI.コイシェ。今回も背景はかなりヘヴィなのだが語りの軽さはいつも以上。スコセイジ組の編集者によるキビキビした編集も含め爽やかな仕上がりだ。インドから政治亡命してきたインテリのタクシードライバー兼運転教官と、21年間連れ添った夫からとつぜん離婚宣言されたNYの書評家との初老カップル恋愛物語…かと思いきや途中で事態は思わぬ方向に展開、「まわり道」どころではなくなっちゃうが、それでもふたりの恋情はゼロではなく、そこかしこで顔を出すのが可愛い。例えばB.キングズレーのターバンの色、あるいは真っ赤な苺のアイスキャンディ。愛情表現が鮮やかな色彩で示されるのもいいのだな。

  • 山縣みどり
    ポエティックな運転指導が心に沁みました
    ★★★★
    »読む«閉じる

    NYで偶然出会ったシーク教徒ダルワーンと人気書評家ウェンデイが友情を育む設定は凡庸だが、主役二人の人物造形と距離感が素晴らしい。監督はダルワーンの高潔さを最初に印象づけ、徐々に素性を明らかにする。その過程で観客はウェンディ同様に彼に好印象を持ち、彼が置かれた状況に憤りすら感じる。実に巧みな演出だ。しかも、いきなり好きだ惚れたとならない距離感が実にリアルだし、二人の関係を恋愛方向に持っていかない監督の寸止め感が心地よい。とはいえ一番心に沁みたのは、人生指南を思わせるポエティックな運転指導。運転中も普段も平常心を保つことが大切、とのお言葉に運転席に座ると人格が変わる自分自身を深く反省。

動画

パトリシア・クラークソンとベン・キングズレー共演!映画『しあわせへのまわり道』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『しあわせへのまわり道』ポスター
    ポスター
  • 映画『しあわせへのまわり道』チラシ
    チラシ
  • 映画『しあわせへのまわり道』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『しあわせへのまわり道』オリジナルポストカード
    オリジナルポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『しあわせへのまわり道』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • しあわせへのまわり道 (2014) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年11月13日 3時29分)
    恋愛結婚で愛し合っていると思い込んでいた夫に突然別れを告げられた女。インドから政治亡命で帰化した男は親戚が決めた婚約者と結婚式直前に初対面することになんの疑問も持たない。まったく異文化の男女が運転教習を通じて互いに理解し合い影響を受け合う。  まるっきり初心者の運転教習で最初から路上教習。ダルワーンは夜はタクシー会社で、昼は運転教習会社で働いている。実はかなり教養のある人物だがターバンと髭... ...[外部サイトの続きを読む]
  • しあわせへのまわり道 from ダイターンクラッシュ!! (2015年11月1日 23時32分)
    2015年9月13日(日) 11:55~ TOHOシネマズ日本橋4 料金:0円(フリーパス) パンフレット:未確認 ガンジーのような聖人君主でないが、 『しあわせへのまわり道』公式サイト フリーパス8本目。 ナイスガイなインド人。 お薦め度:☆☆★ ナイスガイ度:☆☆☆ 俺度:☆☆★ ...[外部サイトの続きを読む]
  • Learning to Drive (しあわせへのまわり道) from Cinema Review シネマ・レビュー (2015年9月2日 13時27分)
    Learning to Drive (2014) ★★☆☆☆ (USA) 日本語タイトル: しあわせへのまわり道 official site: http://www.shiawase-mawarimichi.com/ Starring: Patricia Clarkson(パトリシア・クラークソン), Ben Kingsley(ベン・キングズレー) Director:Isab... ...[外部サイトの続きを読む]
  • しあわせへのまわり道 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年9月1日 1時19分)
    Learning to Drive [CD](ショートバージョン)ニューヨークで活躍する人気書評家ウェンディは、長年連れ添った夫から突如別れを切りだされる。人生のドン底に突き落とされたウェンディは ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • しあわせへのまわり道 / Learning to Drive from 勝手に映画評 (2015年8月29日 17時17分)
    アメリカ・ニューヨーカー誌に掲載された実話を下にした映画。 ニューヨークを舞台にしたインド人が出る映画としては『マダム・イン・ニューヨーク(English Vinglish)』あって面白かったのと、これは舞台はインドですが、『めぐり逢わせのお弁当(The Lunchbox)』が非... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年8月24日の週の公開作品
  3. 『しあわせへのまわり道』