シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ドローン・オブ・ウォー
(C) 2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
GOOD KILL
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年10月1日
上映時間:
配給・提供:
ブロードメディア・スタジオ
提供:
ポニーキャニオン
制作会社:
Voltage Pictures / Dune Films (production services) / Sobini Films
シネマスコープ/カラー

チェック:アメリカ軍の対テロ戦争で使用されている無人戦闘機ドローンの実態を、『ガタカ』などの監督アンドリュー・ニコルと主演イーサン・ホークのタッグで描く戦争ドラマ。ラスベガスの基地で無人機ドローンを遠隔操作し、クリック一つでターゲットを爆撃する男の姿を通し、現代の戦争の知られざる真相を映す。共演は、『スター・トレック』シリーズなどのブルース・グリーンウッドや『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのゾーイ・クラヴィッツ。ゲームのように攻撃を実行する現代の戦争の異常性にがく然とする。

ストーリー:アメリカ空軍に所属するトミー・イーガン少佐(イーサン・ホーク)は、ラスベガスの基地にあるコンテナにいながら、コンピューターで無人機ドローンを遠隔操作し、遠く離れた異国の地の爆撃を行っている。任務が終われば郊外の自宅に戻り、妻のモリー(ジャニュアリー・ジョーンズ)と子供たちと一緒に過ごすのがトミーの日常だった。

ドローン・オブ・ウォー
(C) 2014 CLEAR SKIES NEVADA,LLC ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    どれだけテクノロジーが進化しようと戦争の本質は変わらない
    ★★★★
    »読む«閉じる

     米国本土にいながら軍事用ドローンを操作し、遠く離れた紛争地域のテロリストを黙々と抹殺する空軍パイロットが、モニターの向こう側の凄惨な非日常と普段の穏やかな日常との狭間で徐々に壊れていく。
     無駄な犠牲を払わず敵を確実に仕留められるという効率性がドローンの建前だが、しかし現場へ攻撃指示を出すお偉方にとって、避けるべき犠牲の中に一般市民の尊い命は含まれていない。実戦復帰を強く望む主人公だが、それは自ら一切のリスクを負うことなくゲーム感覚で人命を奪うことへの罪悪感の表れだ。
     いずれは戦地へ派兵せずに済む時代が来るかもしれない。しかし、それでも戦争の本質にはなんら変わりがないことを本作は示唆する。

  • 山縣みどり
    遠隔操作はダメで空爆はOK? どっちもダメです!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    世界同時多発テロ後、「テロリストをぶっ殺せ!」な気運が高まったアメリカだが、ドローン攻撃に関しては批判が多い。一般人が巻き添えになるし、非人間的だかららしい。ドローン爆撃任務の空しさを酒で慰め、精神的に追いつめられた主人公を軸に戦争の現実と兵士の苦悩を描き出す監督も批判派だろう。しかしドローン攻撃に罪悪感を感じる主人公は戦闘機パイロットに戻りたがっていて、つまりは人間vs人間な戦争はOK。戦争の手法論の是非を問うのは無意味だが、戦時下ではこれが精一杯か。攻撃成功後に「グッド・キル!」と、「いい試合でした」的な声掛けに皮肉なニュアンスを込めたのが監督のせめてもの抵抗?

  • 清水 節
    テクノロジーが変えた冷酷な現代の戦争に対応不能な人間性の限界
    ★★★★
    »読む«閉じる

     地対空砲の飛び交う映像が茶の間に流された湾岸戦争は「ゲーム感覚」と呼ばれたが、軍事用ドローンの導入でさらに様相が異様になった現代の戦争をまざまざと見せつけられる。対テロ戦争の現実は、正義感も大義名分も抱きがたい「ゲーム」そのものだ。空軍基地のコンテナでモニターを見つめ、遙か異国の敵をクリックひとつでミサイルにより一掃し、帰宅後は家族と食事。返り血も硝煙も無縁の静かで正確な殺戮と日常の往き来に、兵士の精神は壊れていく。テクノロジーに侵蝕される人間性を描いてきたアンドリュー・ニコルの張り詰めた演出がいい。戦争のリアルを知る元戦闘機乗りが、人として取った最後の行動を思わず支持し、ハッと我に返った。

  • くれい響
    『ガタカ』好きにはたまらんドライで無機質な空気感
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『TIME』『ザ・ホスト』のYA路線が続き、どうなるかと思ったアンドリュー・ニコル監督が復活! 1万キロも離れた異国に、ゲームのようにミサイルを撃ち込み、標的だけでなく、民間人も巻き添えにしながら、その晩には良き父親に戻るドローン操縦士の日常という設定が、とにかく面白い。そして、戦地に赴かずしてPTSDに苦しめられる姿は『アメリカン・スナイパー』と似て非なるもので、死んだ目をしたイーサン・ホークもいい(彼の相棒は、イモータンジョーの妻だったゾーイ・クラヴィッツ)。恐ろしいほど淡々としたリズムや呆気ないラストなど、好き嫌いが分かれるが、このドライで無機質な空気感、『ガタカ』好きにはたまらない!

動画

無人戦闘機ドローンがテーマの戦争ドラマ!映画『ドローン・オブ・ウォー』予告編

写真ギャラリー

IFC Films / Photofest / ゲッティ イメージズ

ポスター/チラシ

  • 映画『ドローン・オブ・ウォー』ポスター
    ポスター
  • 映画『ドローン・オブ・ウォー』チラシ
    チラシ
  • 映画『ドローン・オブ・ウォー』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ドローン・オブ・ウォー』クリアファイル
    クリアファイル

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ドローン・オブ・ウォー』の映画ニュース

  • 世界で人気を誇るボードゲーム「モノポリー」のもう一つの映画化企画が進行しているとDeadlineが報じた。 “もう一つの”というのは、ゲームの権利元である玩具会社ハズブロが...。その後、スコット監督の名は消え、映画『ドローン・オブ・ウォー』のアンドリュー・ニコルが脚本、製作会社...
  • 興行通信社が24日に土日2日間(26~27日)の全国映画動員ランキングを発表、先週2位デビューを果たした、桐谷美玲主演のラブコメディー『ヒロイン失格』が先週1位デビューを...。 今週末は『バクマン。』『岸辺の旅』『ドローン・オブ・ウォー』『屍者の帝国』『木屋町DARUMA』『ロバー...
  • イーサン・ホークが米軍のドローン(無人機)操縦士を演じた主演映画『Good Kill』の邦題が『ドローン・オブ・ウォー』に決まり、日本公開が今秋に決定した。ドローンを遠隔...仕上がりだ。(編集部・高橋典子) 映画『ドローン・オブ・ウォー』は今秋、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 『ドローン・オブ・ウォー』 from 映画の棚 (2016年6月2日 17時29分)
    (C)2014CLEARSKIESNEVADA,LLCALLRIGHTSRESERVED.映画「ドローン・オブ・ウォー」この作品情報を楽天エンタメナビで見る 今回は、イーサン・ホーク主演の映画『ドローン・オブ・ウォー』をご... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ドローン・オブ・ウォー』 静かで骨太な今の戦争を描写する傑作映画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年6月2日 9時0分)
    今回ご紹介する映画:『ドローン・オブ・ウォー』(原題:GOOD KILL)オススメ度:★★★★★(五つ星!)予告編動画 『ドローン・オブ・ウォー』のあらすじアメリカ空軍に所属する ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ドローン・オブ・ウォー from 映画三昧、活字中毒 (2015年10月12日 23時45分)
    ■ TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞ドローン・オブ・ウォー/GOOD KILL 2014年/アメリカ/104分 監督: アンドリュー・ニコル 出演: イーサン・ホーク/ブルース・グリーンウッド/ゾーイ・クラヴィッツ/ジェイク・アベル/ジャニュアリー・ジョーンズ 公式サイト 公開: 2015年10月01日 2010年、戦争は、遠隔操作で無人飛行機(ドローン)を操り、自国に居な... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ドローン・オブ・ウォー/GOOD KILL from 我想一個人映画美的女人blog (2015年10月10日 11時44分)
    「ガタカ」「タイム」のアンドリュー・ニコル監督とイーサン・ホーク再タッグ。 無人戦闘機ドローンの操縦士としてアメリカに居ながらにして中東での戦闘作戦に参加している一米軍兵士の日常と次第に深まる葛藤を通じ、 アメリカが繰り広げる現代の戦争の実態を描... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ドローン・オブ・ウォー」 from ここなつ映画レビュー (2015年10月8日 17時1分)
    これが現代の「戦争」である。エアコンの効いたコンテナの中で、桿を握り発射ボタンを押す。命中すれば「グッド・キル」と呟き、車を走らせ家族の待つ自宅に戻る。だが、「戦争」である事に変わりはない。コンテナの扉には「ここから合衆国外」とコーションが付いている。そこは領空外なのである。入隊する若者の半数はゲームセンターでスカウトされた。遠い異国を旋回するドローンを操るのに体力や根性は必要ない。ただ、技術のみ。しかし、恐らくは大いなる精神力も…。トミー・イーガン(イーサン・ホーク)は空軍パイロットとしてイラクに派兵され ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年9月28日の週の公開作品
  3. 『ドローン・オブ・ウォー』