シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
蜜のあわれ
(C) 2015『蜜のあわれ』製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年4月1日
上映時間:
制作プロダクション:
ステューディオスリー
製作:
『蜜のあわれ』製作委員会
配給:
ファントム・フィルム
カラー

チェック:昭和の文豪・室生犀星が理想の女性をつづったとされる金魚の姿を持つ少女と老作家の物語を、『シャニダールの花』などの石井岳龍監督が映画化した文芸ファンタジー。ある時は少女でまたある時は赤い金魚であるヒロインと老作家の同居生活に、怪しげな過去の女も交え、不思議なストーリーが繰り広げられる。主演は、『ヒミズ』などの二階堂ふみとベテランの大杉漣。官能的かつレトロな世界観にミュージカル要素が挿入されるなど、鬼才・石井監督が放つ独特の作風に期待が高まる。

ストーリー:丸いお尻とチャーミングな顔の赤子(二階堂ふみ)は、自分のことを「あたい」と言い、「おじさま」と呼ぶ老作家(大杉漣)と一緒に暮らしていた。赤子には、何と真っ赤な金魚にもなる秘密があった。二人がひっそりと生活していたある日、老作家の過去の女が現れ……。

蜜のあわれ
(C) 2015『蜜のあわれ』製作委員会

映画短評

  • くれい響
    二階堂ふみじゃなければ、成り立たない企画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    “脱げる条件”を優先し、新人女優を起用したら、ここまでポップでキッチュな作品にならなかったはず。明らかに二階堂ふみじゃなければ、成り立たない企画だ。か細い肢体と大粒な瞳で、室生犀星自身を投影していると言われる主人公のオヤジ心を弄ぶ小悪魔的魅力は、やっぱり平成の緑魔子。中盤から幽霊を演じる真木よう子が参戦し、「問題のあるレストラン」じゃ見られなかったの妖艶対決にクギ付け。高良健吾の芥川龍之介も、フィルムでの撮影も、森俊之の音楽も見事なスパイスになっており、ひと昔前なら『アメリ』のようにサブカル女子に熱狂的に支持されただろう。『無伴奏』に続き、口コミなどで、どんな結果が出るか楽しみな一本だ。

  • なかざわひでゆき
    コケティッシュな二階堂ふみのエロスに悶絶!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     小悪魔な少女に姿を変えた赤い金魚と、老境に差し掛かった作家の、微笑ましくも官能的な恋の戯れを描く。文豪・室生犀星が晩年に発表した同名小説を映画化した大人向けのファンタジーだ。
     室生犀星といえば「あにいもうと」や「杏っ子」くらいしか知らなかったので、こんな大胆かつ前衛的なモチーフの作品を書いていたとは驚き。しかも、原作にはない盟友・芥川龍之介の幽霊を登場させることで、メタフィクション的な味付けを施しているところも面白い。
     明確なストーリーがない点で好き嫌いは分かれるかもしれないが、なんとも思わせぶりな艶っぽいセリフの数々と、赤いドレスに身を包んだコケティッシュな二階堂ふみの魅力は悶絶もの!

  • 平沢 薫
    和室で金魚とへなちょこダンス
    ★★★★
    »読む«閉じる

     老いて行き着く果てが、この映画ような、赤い金魚の形をしたエロスといっしょに、和室のしっとりとした畳の上で、へなちょこなダンスを踊るような境地であれば、それはまったく悪くない。スクリーンに映し出されるイメージの数々が、そんな思いに至らせてくれる。赤い金魚が少女形になった時に着ている赤い服の、金魚のようで古い西洋人形の衣装のようでもある形。天井の低い畳の部屋の、いつも戸が開け放たれている縁側から、静かに流れ込んでくる適度な湿り気を含んだ空気。夜の河に映る満開の桜。時代背景は室生犀星の原作と同じ昭和30年代、モチーフも古典的だが、映像の軽やかなリズムと濁りのないクリアな質感は、現在のものだ。

動画

映画『蜜のあわれ』予告編
二階堂ふみ、共演者とうさぎデート 映画『蜜のあわれ』試写イベント

ポスター/チラシ

  • 映画『蜜のあわれ』ポスター
    ポスター
  • 映画『蜜のあわれ』チラシ
    チラシ
  • 映画『蜜のあわれ』チラシ
    チラシ
  • 映画『蜜のあわれ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『蜜のあわれ』金魚紙風船
    金魚紙風船

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 室生犀星
脚本: 港岳彦
監督:
撮影: 笠松則通
音楽: 森俊之
美術デザイン: 佐々木尚
衣装デザイン: 澤田石和寛

キャスト

赤井赤子:
老作家:
田村ゆり子:
芥川龍之介:
辰夫:
丸田丸子:
小沢:
バーテン:
酌婦:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『蜜のあわれ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「蜜のあわれ」 from 元・副会長のCinema Days (2016年4月8日 6時23分)
    作品世界を容認すればこの上なく興趣が尽きない映画だが、そうではない観客にとっては退屈に思えるだろう。幸いにして(?)私は本作の雰囲気を大いに堪能できた。個人的には今年度の日本映画の収穫だと思っている。  昭和30年代。老境の作家は魅力的な少女・赤子... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「蜜のあわれ・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年4月4日 23時8分)
    まあるいお尻の愛しさよ。 作家と金魚と幽霊の、シュールな恋物語。 室生犀星の作品は学生の頃に詩集を何冊かかじった程度で、たぶん小説は読んでない。 だからこんなエキセントリックな話を書いていたとは、全く知らなかった。 おそらくは原作者自身と思われる老作家は、古い日本家屋でなぜか人の姿をした金魚の少女・赤井赤子と暮らしている。 自分を「あたい」作家を「おじさま」と呼ぶ赤子は、作家が... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「蜜のあわれ」:鈴木清順版が観たかった from 大江戸時夫の東京温度 (2016年4月3日 23時23分)
    映画『蜜のあわれ』は、鈴木清順が映画化を望んで頓挫した作品だということで、なるほ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 蜜のあわれ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2016年4月2日 1時33分)
    蜜のあわれ [単行本]老境の作家と、自分のことを“あたい”と呼び、丸いお尻と愛嬌のある顔をした少女・赤子は、共に暮らしながら、少しエロティックなおしゃべりをして過ごしてい ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 蜜のあわれ~生と死の赤 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年4月1日 21時12分)
    公式サイト。室生犀星原作、石井岳龍監督。二階堂ふみ、大杉漣、真木よう子、高良健吾、永瀬正敏、韓英恵、上田耕一、渋川清彦、岩井堂聖子。1962年に死去した室生犀星、ついこの間 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年3月28日の週の公開作品
  3. 『蜜のあわれ』