シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

ヒトラー暗殺、13分の誤算

公式サイト:http://13minutes.gaga.ne.jp
ヒトラー暗殺、13分の誤算
(C) Bernd Schuller
英題:
13MINUTES
製作年:
2015年
製作国:
ドイツ
日本公開:
2015年10月16日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
製作:
LUCKY BIRD PICTURES
カラー

チェック:ある男が単独でナチスドイツの独裁的指導者アドルフ・ヒトラーの暗殺を企てた史実を基に、男が犯行に至る過程や処刑が延びた理由など数々の謎に迫る戦争ドラマ。男の犯行までの生活ととらわれの日々を交錯させ、過激な犯行に及んだ男の心理や、第2次世界大戦直後から終戦直前まで男を生かしたナチスの狙いをひもといていく。監督は、『ヒトラー ~最期の12日間~』などのオリヴァー・ヒルシュビーゲル。主人公の勇気と信念が胸に迫るとともに、独裁政権の恐ろしさに戦慄(せんりつ)する。

ストーリー:1939年11月8日、ドイツ・ミュンヘンでナチス指導者のヒトラーの演説が行われた。演説を予定よりも早く終わらせ退場したヒトラーだったが、その直後、会場が爆破される。逮捕されたのは、ゲオルグ・エルザー(クリスティアン・フリーデル)という男だった。ゲシュタポは犯行の黒幕を吐かせようとエルザーを拷問にかけるが、彼は爆破装置の製作や設置を一人で行ったと告白する。

ヒトラー暗殺、13分の誤算
(C) Bernd Schuller

映画短評

  • なかざわひでゆき
    一介の市民をテロ行為へと駆り立てたものとは?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     第二次世界大戦前夜のドイツで実際に起きた、平凡な労働者ゲオルク・エルザーによるヒトラー暗殺未遂事件の顛末を描く。
     ナチ政権下ドイツの暗澹たる日常を丁寧に織り込みつつ、あえなく逮捕されたゲオルクが本当に単独犯なのか否かを巡る激しい尋問を通じ、政治と無関係な一介の市民がテロ行為へと至った理由に迫る。真相を告白すればするほど、秘密警察から嘘つき呼ばわりされるのは実に皮肉。その滑稽なまでの盲目が国家の行く末を暗示する。
     あえて主人公を英雄視することなく客観性を貫いた演出は、一歩間違えるとテロを肯定しかねない題材ゆえであろうが、そのため全体的に散漫な印象を受ける点は惜しまれる。

  • 森 直人
    ゲオルク・エルザーの恋と革命
    ★★★★
    »読む«閉じる

    「臆病者で結構だ。暴力は解決にならない」――。そう喝破していた青年がやがて爆弾を作り、独裁者の転覆に人知れず王手をかけ、失敗する。“個人と歴史”の交わりを立体的に見せる巧みな構成だ。特にグッときたのは「青春映画」の匂い。道ならぬ恋と、ひとりぼっちの革命。その高揚と挫折が狂おしく迫る。

    まだ開戦前の1930年代をメインにしている事も大きい。ナチスの不穏な足音にいち早く気づいていた青年の目を通し、時代や社会はいかに危険な方へじりじり向かっていくかをリアルに描いている。ヒルシュビーゲル監督作は出来不出来の差が大きいが、これは『ヒトラー~最期の12日間~』や『es』をも凌ぐ最高作ではないかと思う。

動画

なぜヒトラー暗殺を計画したのか?映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』ポスター
    ポスター
  • 映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』チラシ
    チラシ
  • 映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』懐中時計型メモパッド
    懐中時計型メモパッド

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ヒトラー暗殺、13分の誤算』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ヒトラー暗殺、13分の誤算 from 映画三昧、活字中毒 (2015年11月14日 23時51分)
    ■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞ヒトラー暗殺、13分の誤算/ELSER 2015年/ドイツ/114分 監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演: クリスティアン・フリーデル/カタリーナ・シュットラー/ブルクハルト・クラウスナー/ヨハン・フォン・ビューロー 公式サイト 公開: 2015年10月16日 1939年11月08日、ドイツとスイスとの国境で、不審な行動をしていたヨハ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヒトラー暗殺、13分の誤算」:淡々とし過ぎて・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2015年11月5日 22時18分)
    映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』は、題名からすると『ジャッカルの日』みたいなサ ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヒトラー暗殺、13分の誤算 (2015) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2015年10月26日 3時2分)
    ヒトラー暗殺未遂事件は数十回もあったらしい。中にはドイツの英雄ロンメル将軍までも加担した「ワルキューレ」もある。  この映画は1939年にミュンヘンで開かれたヒトラーの演説会を狙った時限爆弾による暗殺未遂事件を描いている。ヒトラーが演説を予定より早く切り上げたためヒトラー退場後に爆発し多数の死傷者が出た。  政治活動をしているわけでもない一般市民のエルザーが、どのようにしてヒトラーを殺す... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヒトラー暗殺、13分の誤算 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2015年10月22日 1時58分)
    1939年11月8日、ミュンヘンで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く演説を切り上げた。ヒトラーが退席した13分後、会場で爆弾が爆発。綿密な計画と爆弾の精度から ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヒトラー暗殺、13分の誤算 from 佐藤秀の徒然幻視録 (2015年10月18日 19時32分)
    泳ぐひとは自由を目指す 公式サイト。ドイツ映画。原題:Elser、英題:13 Minutes。オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督。クリスティアン・フリーデル、カタリーナ・シュットラー、ブルク ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年10月12日の週の公開作品
  3. 『ヒトラー暗殺、13分の誤算』