シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
懲罰大陸★USA
(C) 1971 francoise films ltd. all rights reserved.
英題:
PUNISHMENT PARK
製作年:
1971年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年8月29日
(新宿シネマカリテほか)
上映時間:
提供・配給:
キングレコード
配給協力:
アーク・フィルムズ
カラー

チェック:『傷だらけのアイドル』などのピーター・ワトキンズ監督がメガホンを取り、国家によるすさまじいまでの暴力をフェイクドキュメンタリースタイルで描いた衝撃作。1970年にケント大学で実際に起きたベトナム反戦デモ学生射殺事件を基に、国家の暗部をえぐり出す。『“アイデンティティー”』などのカーメン・アルジェンツィアノらが出演。アメリカでダブー視され、お蔵入り状態だった問題作に衝撃を受ける。

ストーリー:1970年、アメリカ国内でベトナム反戦運動が盛り上がりを見せる中、アメリカ政府はマッカラン国内治安維持法のもと、反政府的危険人物と判断した人々を次々と捕らえる。彼らは、カリフォルニア州にある“ベアーマウンテン国立お仕置公園”に送られ、人間狩りのターゲットにされた揚げ句処刑される。

懲罰大陸★USA
(C) 1971 francoise films ltd. all rights reserved.

映画短評

  • 相馬 学
    アメリカンニューシネマ全部盛りの衝撃的POV
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     アメリカンニューシネマの時代に、こんな凄まじいフェイク・ドキュメンタリーが作られていたとは嬉しい……というか、衝撃的な発見。

     反体制活動家を送り込む“懲罰公園”は実質的には、横暴な権力が生み出した死刑執行の場。殺気立った警官や軍人に追われるそこでのサバイバルに加え、受刑者たちの訴えはひと言ひと言がとにかく重く、社会を成立させる“暴力”について考えずにいられない。

     ベトナム戦争や人種問題など、当時のアメリカンニューシネマで描かれていたすべてを内包し、それを生々しくぶちまけた快作。米国で封印されてきたのも納得。ヌルいフェイク・ドキュメンタリーが乱造される現代にも十分に訴えるものがある。

動画

国家による暴力をフェイクドキュメンタリースタイルで活写!映画『懲罰大陸★USA』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『懲罰大陸★USA』ポスター
    ポスター
  • 映画『懲罰大陸★USA』チラシ
    チラシ
  • 映画『懲罰大陸★USA』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『懲罰大陸★USA』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年8月24日の週の公開作品
  3. 『懲罰大陸★USA』