シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
15歳以上がご覧になれます

ディストラクション・ベイビーズ

公式サイト:http://distraction-babies.com
ディストラクション・ベイビーズ
(C) 2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年5月21日
(テアトル新宿ほか)
上映時間:
製作:
「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会
製作幹事:
DLE
制作・配給:
東京テアトル
制作協力:
キリシマ1945
カラー

チェック:『イエローキッド』『NINIFUNI』などの真利子哲也監督が手掛けた若者による群像劇。『桐島、部活やめるってよ』などの喜安浩平が共同で脚本を手掛け、愛媛県松山を舞台に、若者たちの欲望と狂気を描く。暴力にとりつかれた主人公には『ゆるせない、逢いたい』などの柳楽優弥がふんし、ほとんどセリフのない難役を演じ切る。さらに『共喰い』などの菅田将暉、『渇き。』などの小松菜奈、『2つ目の窓』などの村上虹郎らが出演。

ストーリー:愛媛県のこぢんまりとした港町・三津浜の造船所に2人で生活している芦原泰良(柳楽優弥)と弟の将太(村上虹郎)。けんかばかりしている泰良はある日突然三津浜を後にし、松山の中心街で相手を見つけてはけんかを吹っ掛けていく。そんな彼に興味を抱いた北原裕也(菅田将暉)が近づき、通行人に無差別に暴行を働いた彼らは、奪った車に乗り合わせていた少女・那奈(小松菜奈)と一緒に松山市外へ向かい……。

ディストラクション・ベイビーズ
(C) 2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    危険水域の昂揚感に駆りたてる聖なる兇気。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    一般人であろうがヤクザであろうが、強そうな奴を見かけると一方的に殴りかかっていく柳楽優弥。理由なき狂気の沙汰だが、既知の社会的モラルから完全に外れた姿はむしろ純粋で、どこか中上健次の暴力を髣髴とさせる。それに対し、単なる虎の威を借る狐・菅田将暉の、女ばかり標的にする卑劣さはまさに今の世界の醜さだ。彼らに巻きこまれる “被害者”小松菜奈も最初こそクリシェに過ぎないものの次第に内なる本性を露わにしていく。ディストーションの向こうにアコースティックを配した向井秀徳の音楽も不穏を増幅。8mm時代からの攻撃性を維持しつつ、『イエローキッド』を経たのち商業映画に殴りこみをかける真利子哲也の意気や良し!

  • 清水 節
    ファイト・クラブ的な破壊の野性を柳楽優弥が不敵に不死身に体現
    ★★★★
    »読む«閉じる

    殴る、蹴る、壊す。暴力礼賛ではない。内なる肉体の叫びにピュアだ。
    鑑賞する整然としたドラマではない。目撃する混沌としたアクションだ。
    ファイト・クラブ的な破壊の野性を柳楽優弥が不敵かつ不死身に体現する。
    同調して本能を開く菅田将暉の今っぽさ。小松菜奈には壁ドンではなく殴打がよく似合う。
    現代社会に突如として現れた喧嘩祭り的衝動。スマホとYouTubeが拡散する恐怖と興奮。
    動機や勝敗とは無縁のフィジカルな暴走は現実的な痛みを超え、あくまでも映画的だ。
    この調子で真利子哲也監督には、粋のいい俳優を起用して思う存分暴れまくり、
    この国の去勢された商業映画の世界を壊しまくってほしい。

  • くれい響
    ここでも菅田将暉、一択。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    確かに、そそられるキャスティングである。だが、柳楽優弥の使い方は想定内だし、小松菜奈の使い方に至ってはサイテーで、彼女の新たな魅力を一切引き出せていない。菅田将暉に関しては、設定や状況も含め、明らかに『そこのみにて光輝く』ありき。だが、ときに柳楽を喰うほど、不気味な表情を浮かべるからあなどれない。一部で絶賛された『イエローキッド』同様、主人公にまったく感情移入できないのはさておき、ここまで暴力描写を全面に打ち出していながら、観る者に痛みをほとんど感じさせないのは致命的。向井秀徳の音楽も含め、90年代臭満載だが、その時代を知らない若手俳優たちが刺激的に見えるような作りは、どこか罪深い気もする。

  • なかざわひでゆき
    ただのカルトにとどまらない普遍性を宿した怪作
    ★★★★
    »読む«閉じる

     無言のまま理由もなく通行人に殴りかかって喧嘩をふっかける若者。地方都市の片隅で鬱屈したものを抱えた主人公の、破壊的な暴力衝動が周囲へと感染していく。
     論理的な説明は一切されない。この得体の知れなさ、薄気味の悪さ、そして歪んだカタルシス。平凡な日常の裏側に隠された闇、人間の内側で息を潜める狂気がスクリーンを覆い尽くす。
     作り手も観客も手探りのまま理由なき暴力の正体を見定めていくことになる。決して万人受けする映画ではないが、しかし単なるカルトに留まらない普遍性も宿す。見るからにヤバイ空気を醸し出す柳楽優弥、女の子やオバサンばかりボコボコにするヘタレなクソガキ菅田将暉など若手の怪演も見事だ。

  • 平沢 薫
    言葉はなく、映像と音楽が語る
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     台詞で説明しない。その映画のありようは、主人公と同じ。主人公は、誰かを殴り、誰かに殴り返され、また殴り返すことでしか、楽しくなれない。そんな彼をほとんどの人々は拒絶するしかないが、彼に出会って彼の何かに反応してしまう人がいる。
     言葉がない分、映像と音楽が雄弁。監督は「イエローキッド」の真利子哲也。音楽はNUMBER GIRL、ZAZEN BOYZ等の向井秀徳。冒頭から鳴り渡る音楽は、90年代ノイズ系ギタポから派生したかのような歪んだ音。それがHIP HOP系や自宅録音系ではないことが最初は意外に感じられるが、映画が進むにつれて、この音が鳴る理由が腑に落ちていく。

  • 森 直人
    おそらく今年一番の問題作にして大傑作!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    人間の獣性や暴力衝動をテロリズム的な回路で考察する事。これが初期から一貫する真利子哲也イズムである。今作は柳楽優弥らの逸材を得て、その主題を最もソリッドに体現した究極作となった。また『ゆとりですがなにか』等の怪演でも示すように、柳楽の佇まいは殺伐とした中に絶妙なユーモアを湛える。

    イデオロギーやモラルの枠外でゲームをくり返す――この自由意志のキャラ化には『ダークナイト』のジョーカーという先例があるが、本作はヒトという本能の壊れた動物の生理として描いた。監督は参考文献にホイジンガの『ホモ・ルーデンス』を挙げていたが、栗本慎一郎の『パンツをはいたサル』の世界でもある。向井秀徳の音楽も最高!

動画

映画『ディストラクション・ベイビーズ』予告編
柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎ら共演!映画『ディストラクション・ベイビーズ』特報
柳楽優弥、菅田将暉らと肩を組み「世代交代」宣言 映画『ディストラクション・ベイビーズ』完成披露舞台あいさつ
殴って殴って殴りまくる!『ディストラクション・ベイビーズ』キャラクター映像
今週のHOT MOVIES 2016.5.21-22

ポスター/チラシ

  • 映画『ディストラクション・ベイビーズ』ポスター
    ポスター
  • 映画『ディストラクション・ベイビーズ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ディストラクション・ベイビーズ』チラシ
    チラシ
  • 映画『ディストラクション・ベイビーズ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ディストラクション・ベイビーズ』ポストカード4枚セット
    ポストカード4枚セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:
脚本: 喜安浩平
音楽: 向井秀徳
企画プロデュース: 朱永菁
プロデューサー: 西ヶ谷寿一 / 西宮由貴 / 小田切乾 / 石塚慶生
ラインプロデューサー: 金森保
撮影: 佐々木靖之
録音: 高田伸也
美術: 岩本浩典
衣装: 小里幸子
ヘアメイク: 宮本真奈美
特殊メイク: JIRO
アクションコーディネイター: 園村健介
編集: 李英美
助監督: 茂木克仁
制作担当: 柴野淳

キャスト

芦原泰良:
北原裕也:
那奈:
芦原将太:
三浦慎吾:
健児:
福田:
厳男:
金田:
菅原:
河野淳平:
近藤和雄:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ディストラクション・ベイビーズ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画【 デストラクションベイビーズ 】暴力の恐ろしさとは from アロハ坊主の日がな一日 (2016年6月18日 10時54分)
    映画【 デストラクションベイビーズ 】@新宿テアトルで鑑賞。 毎週日曜日10:30~欠かさず観ている【 ゆとりですがなにか 】。先週上映された第9回、柳楽優弥が演じているまりぶがかっこいいんですわ。親父らしいことが全くできない浮気親父(吉田鋼太郎)に、まりぶは泣きながらぶち当たっていく「しっかりしろよー。あんたしかいねぇから・・・・!」 クドカンのドラマには、未成熟で、ダメダメな人間がよく登場してくるが、素直で、どこか一本芯が通っている。決して、憎めないから共感もしやすい。何より、最後には未来が ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ディストラクション・ベイビーズ」 from 元・副会長のCinema Days (2016年6月6日 6時29分)
    暴力の持つ禍々しい魅力を活写し、観る者に強い印象を与える問題作だ。言い訳無しで小賢しい考察もスッ飛ばし、現象としての暴力を理不尽なまでに定点観測するだけの映画。それを“表現力の不足だ”と切って捨てる向きもあるかもしれないが、私はこの潔さを大いに楽しんだ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ディストラクション・ベイビーズ~今様坊っちゃん from 佐藤秀の徒然幻視録 (2016年6月3日 19時32分)
    公式サイト。真利子哲也監督。柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、池松壮亮、北村匠海、岩瀬亮、三浦誠己、でんでん。舞台が愛媛県松山市だからという訳ではないけれど、夏 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ディストラクション・ベイビーズ」:時代を写した問題作ですが・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2016年5月30日 23時53分)
    映画『ディストラクション・ベイビーズ』は、なかなかの問題作として位置づけられるで ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年5月16日の週の公開作品
  3. 『ディストラクション・ベイビーズ』