シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
パディントン
(C) 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear TM, Paddington TM AND PB TM are trademarks of Paddington and Company Limited
英題:
PADDINGTON
製作年:
2014年
製作国:
イギリス
日本公開:
2016年1月15日
上映時間:
配給:
キノフィルムズ
製作会社:
STUDIOCANAL / ANTON CAPITAL ENTERTAINMENT S.C.A. / TF1 FILMS PRODUCTION / CANAL+ CINE+ TF1 / AMAZON PRIME INSTANT VIDEO / A HEYDAY FILMS
カラー

チェック:長年世界中で愛されている、マイケル・ボンドの児童文学「くまのパディントン」を実写映画化。見知らぬ国にやって来たクマが親切な家族と出会い、パディントンと名付けられて新しい冒険に乗り出す姿を映す。『ハリー・ポッター』シリーズなどのプロデューサー、デヴィッド・ハイマンが製作を手掛け、『追憶と、踊りながら』などのベン・ウィショーがパディントンの声を担当。キュートな主人公の活躍が老若男女の心をわしづかみにする。

ストーリー:ある日、大都会ロンドンのパディントン駅に、真っ赤な帽子がトレードマークの小さなクマが降り立つ。南米ペルーの奥深いジャングルから長旅の末ようやくイギリスまでたどり着いた彼は、右も左もわからない状態だった。思い切って丁重な態度で通行人に語りかけるものの、言葉を話すクマに反応してくれる人はおらず……。

パディントン
(C) 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear TM, Paddington TM AND PB TM are trademarks of Paddington and Company Limited

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    声はベン・ウィショー、いい意味で彼っぽくなく器用!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    宗主国への憧れを保ち続けた未開の植民地の末裔が震災難民となり、その憧れの地へボートピープルとしてやってくる。しかし帝国主義の亡霊は博物学の衣をかぶって今も生きていて……と、裏テーマとも言い難いくらいに意図するところはあからさま。寓意性はもちろん、美術や衣裳やカラーデザイン、そしてアクション・シーンの演出もウェス・アンダースン…とりわけ『ファンタスティック Mr.FOX』あたりの影響が濃厚だ。しかしイマイチ楽しくないのは作風が真面目すぎてナンセンス度が薄いから。『キャット・バルー』的、というより『ライフ・アクアティック』的な狂言回しをつとめるカリプソ・バンドは実にいい。

  • なかざわひでゆき
    パディントンが可愛い!以上!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     イギリスの国民的な童話キャラ、くまのパディントンをCGで甦らせた長編実写映画。まるでドールハウスの世界から抜け出てきたようなロンドンの街並み、『インディ・ジョーンズ』から『ミッション・インポッシブル』まで様々なパロディを織り込んだユーモアなど、じつに賑やかで楽しい作品に仕上がっている。
     一方で、実験台にしようと狙うマッドサイエンティストに追い掛け回されたり、ドジを踏んであらぬ誤解を受けたりするストーリー展開は超ありがち。その点はさすがにお子様向けか…とも思うが、リアルなクマ感が意外にもマッチしたパディントンの可愛さでチャラ。筆者もついついロンドンでぬいぐるみ買ってきちゃいました。

  • 中山 治美
    ニコ様の捨て身のギャグに目頭熱く
    ★★★★
    »読む«閉じる

     同じ熊が主人公でも『テッド』が際どいネタで笑いを取るのに対し、こちらは皮肉炸裂の英国流ブラックユーモアで勝負。究極が、珍種の熊を狙う謎の美女ニコ様の”ミッション・インポッシブル”シーン。トム造との離婚から15年。憎悪も大人の事情も時が洗い流したのか。はたまたヤケか。いずれいしても笑いに昇華出来るまでに達したニコ様にさらなる飛躍を期待せずにはいられない。もともと『誘う女』しかり悪役を得意とする女優。だが本作で家族の結束を促すのも、その家族への共感を呼ぶのも、ニコ様の魅力的な敵役あってこそだ。
     日本人的には、アキ・カウリスマキ監督『ル・アーヴルの靴みがき』に匹敵する「桜」の使い方に感動倍増。

  • 清水 節
    ベン・ウィショーの吹替えによって、淋しげなクマは生命感を得た
    ★★★★
    »読む«閉じる

     野性的だけど紳士的なクマ。出自や命名・服装の秘密が分かるだけじゃない。孤独と不安に苛まれながらも人のぬくもりを信じ、山奥からロンドンにやってきた“よそ者”パディントンが、障壁を乗り越え家族に溶け込む物語だ。ロンドンの色彩設計が素晴らしい。謎の悪女ニコール・キッドマンのトム・クルーズ パロディが可笑しい。そして当初起用していたコリン・ファースの声では違うと感じ、途中降板させてまで、英国男子ベン・ウィショーの声に懸けた監督の判断は正解だ。古い蓄音機で英語を勉強したパディントンの古風な発音を絶妙に表現するウィショーによって、礼儀正しくチャーミングで淋しげなクマは、ぬいぐるみを超える生命感を得た。

  • くれい響
    子供騙しとナメてかかると、ヤケドします。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    本国イギリスでの公開から1年以上、ある意味『エピソード4』並に待ちに待った日本公開。パディトンの造形がリアル過ぎて引くとか、ドジッ子が巻き起こすスラップスティックな笑いは「Mr.ビーン」とあまり変わらないとか、確かにツッコミどころはある。だが、ウェス・アンダーソンの影響を確実に受けながらも、子供たちを飽きさせないことを第一に、ライオネル・リッチーなど、大人向けなギャグや仕掛けをたっぷり用意し、ハイテンションなファミリームービーを作り上げたポール・キング監督の手腕は見事。極めつけは、イーサン・ハント完コピに挑むほどのノリノリで悪女を演じるニコール・キッドマン。これなら続編も期待大です。

  • 山縣みどり
    キモい外見に惑わされないで! 心温まる映画です。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    映画スチールを見て、「こんなのパディントンじゃねえ」と思った人多数。#キモいパディントン。ごめん、私が間違っていました。実写版パディントンは動いてしゃべると実にキュート。異国ロンドンで人々に邪険にされながらも礼儀正しく前向きを貫く彼を見るだけでもほっこり。実はかなりのドジっ子なんだけど、ダメさすらも許せてしまうのは人(熊?)格ゆえか。声だけでパディントンのイノセンスを表現したベン・ウィショーの実力、恐れ入った! パディントンと絆を培うブラウン一家のファンキーさ、悪女を演じたニコール・キッドマンの怪演、テクニカラーっぽい色調や凝ったディテールの映像美とどれを取っても秀逸な作品。

  • 平沢 薫
    暖かな色彩と小物が楽しい英国製おもちゃ箱
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     このロンドンは、暖かな色の良質な玩具だけ集めた英国製のおもちゃ箱。例えば骨董品店や自然史博物館、ドールハウス、鉄道模型、そういうものが好きなら絶対気に入る。英国好きなら、さらにうっとりするはず。
     撮影とプロダクション・デザインは、英国ウェールズの小さな町を舞台に15歳の少年の毎日を描く「サブマリン」のコンビ。ちなみに本作で一家の母親を演じるサリー・ホーキンスは、この映画でも少年の母親を演じていた。さらにアート・ディレクションには「ハリー・ポッター」や「シャーロック」に参加した5名が参加。主人公のクマのぬいぐるみの声をQことベン・ウィショーが演じているのも、英国男優好きにはポイント高い。

動画

映画『パディントン』本予告編
映画『パディントン』特報
ニコール・キッドマンがイーサン・ハントに変身!?映画『パディントン』特別映像

ポスター/チラシ

  • 映画『パディントン』ポスター
    ポスター
  • 映画『パディントン』ポスター
    ポスター
  • 映画『パディントン』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『パディントン』オリジナルマグネットブックマーク
    オリジナルマグネットブックマーク

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

ヘンリー・ブラウン:
メリー・ブラウン:
ミリセント:
カリーさん:
グルーバーさん:
(声の出演)
パディントン:
パディントン:
ミリセント:
ヘンリー・ブラウン:
メリー・ブラウン:
ジュディ・ブラウン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『パディントン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【パディントン】癒しのクマちゃん映画をあなたは観たか? from 元ボクサーの一念発起 (2016年10月2日 17時2分)
    可愛いクマにご用心! 1958年に第1作が出版されて以降、世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学「パディントン」シリーズを初めて実写映画化したファンタジー・ドラマ! いそっそう612 どうも、いごっそう612です!子供が喜びそうな映画です。 【作品情報】 原題:PADDINGTON洋画:ファンタジー・ドラマ製作年:2014年製作国:イギリス日本公開:2016年1月15日レンタル開始:2016年8月3日上映時間:95分公式サイト あらすじ ある日、大都会ロンドンのパ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 子熊のコメディー【映画レビュー】『パディントン』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2016年9月27日 22時18分)
    とある探検家が向かったのは、当時「暗黒の地」と呼ばれていたペルーのジャングルの奥地。 彼はそこで、熊の夫婦に出会いました。 凶暴かに思われた熊夫妻は予想に反して友好的で、しかも人間の言葉を憶えるほど賢く、探検家はそのクマ夫妻とスッカリ仲良くなったのですが。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【パディントン】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 10時30分)
    冒頭、主人公がタクシーに乗ってロンドンの名所を次々に見上げる場面 カリプソナンバーである「London Is the Place for Me」が使われていて、ここで心を持ってかれた 憧れの大都会にやって ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『パディントン』★ロンドンに来た好青年クマさんvs.N・キッドマン from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年1月25日 0時8分)
        作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/167992/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 松坂桃李 さんが、パディントンの吹き替えをされるというので 楽しみにしていました☆ かわいいクマさんというより、好青年♪ 紳士的とも言われますが、やはり ワイルドな動物の片鱗も ……^^;   ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「パディントン・・・・・評価額1650円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年1月21日 22時32分)
    「他人の家」で、暮らすには。 ペルーの山奥からロンドンへやって来た、言葉を喋るクマのパディントンが、安住の「家」を探して、居候先のブラウンさん一家と大騒動を巻き起こす。 半世紀以上にわたって愛されている、マイケル・ボンド原作の児童文学、「くまのパディントン」初の実写映画化である。 ?どこか「メリー・ポピンズ」を思わせる、とても暖かくて可笑しいブリティッシュファミリームービーだ。? ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年1月11日の週の公開作品
  3. 『パディントン』