シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
マイ・ファニー・レディ
(C) STTN Captial,LLC 2015
英題:
SHE'S FUNNY THAT WAY
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年12月19日
(ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:
配給:
彩プロ
製作会社:
Lagniappe Films / Lailaps Pictures / Venture Forth
カラー/アメリカンビスタサイズ/5.1ch

チェック:『ラスト・ショー』などで知られるピーター・ボグダノヴィッチによるロマコメ。コールガールからハリウッドスターとなった女性と、その成功のきっかけを与えた舞台演出家の出会いを追い掛ける。『ミッドナイト・イン・パリ』などのオーウェン・ウィルソン、『ニード・フォー・スピード』などのイモージェン・プーツ、『バウンティー・ハンター』などのジェニファー・アニストンら、実力派が結集。クセありワケありのキャラクターたちにふんした彼らの妙演に加えて、軽妙な語り口にも注目。

ストーリー:新たなハリウッドスターとして活躍する女優、イザベラ(イモージェン・プーツ)。とあるスタジオで記者からインタビューを受けていた彼女は、かつて高級コールガールだったことをあっけらかんと告白する。やがて、初対面の客であったブロードウェイの人気演出家アーノルド(オーウェン・ウィルソン)から、自分の将来のために3万ドルをプレゼントしたいという不思議な申し出を受けたのを機に歩み始めた、女優への道とそれにまつわる複雑で奇妙な人間模様についても語りだすが……。

マイ・ファニー・レディ
(C) STTN Captial,LLC 2015

映画短評

  • なかざわひでゆき
    祝!ボグダノビッチ完全復活!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     名匠ピーター・ボグダノビッチ13年ぶりの新作は、ブロードウェイの舞台裏で繰り広げられる恋のさや当てを描いた群像喜劇だ。
     ちょっとエッチな大人のユーモアを交えつつ、古き良きハリウッドの伝統を今に受け継ぐ軽妙洒脱なスクリューボール・コメディ。いかにもボグダノビッチらしいという安定感は、もしかすると賛否を分ける点かもしれないが、個人的には大いに楽しませてもらった。
     ちょっとお下品だけど天真爛漫なヒロイン、イモージェン・プーツがまた最高にキュート!さらに、シビル・シェパードやテイタム・オニール、コリーン・キャンプなど、懐かしいボグダノビッチ組が続々と脇で顔を出すのも嬉しい。

  • 山縣みどり
    ノスタルジックな気分に浸れるシンデレラ物語
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    買春した娼婦たちに「仕事を止めたら3万ドルあげる」と言うのが趣味の舞台監督によって運命が変わった女性の話は、フェミニズム全開にせずシンデレラ物語として楽しむべし。久々にメガホンを取ったピーター・ボグダノヴィッチ監督はノスタルジックなセンス全開で、ルヴィッチをはじめスタージェスやキャプラら往年の名監督へのオマージュが随所に。しかも製作に関わった映画人がゴージャスだし、贅沢なカメオ出演陣にニヤリ。風変わりなヒロインを演じたイモジェン・プーツも素敵だが、印象に残るのがスパルタな精神分析医を演じたジェニファー・アニストン。誰からも愛されないビッチ役が似合い過ぎるのは、実は素だから?

動画

『ラスト・ショー』などのピーター・ボグダノヴィッチ監督作!映画『マイ・ファニー・レディ』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『マイ・ファニー・レディ』ポスター
    ポスター
  • 映画『マイ・ファニー・レディ』ポスター
    ポスター
  • 映画『マイ・ファニー・レディ』チラシ
    チラシ
  • 映画『マイ・ファニー・レディ』チラシ
    チラシ

スタッフ

脚本・プロデューサー: ルイーズ・ストラットン

キャスト

アーノルド・アルバートソン:
イザべラ“イジー”パターソン(グロー):
デルタ・シモンズ:
ジョシュア・フリート(ジョシュ):
セス・ギルバート:
ジェーン・クレアモント:
裁判官 ペンダーガスト:
イジーの母親:
イジーの父親:
インタビュアー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マイ・ファニー・レディ』の映画ニュース

  • 映画『キル・ビル』『ヘイトフル・エイト』などの俳優マイケル・マドセンが、『チャイルド・プレイ』『フライトナイト』のトム・ホランド監督の新作ホラー映画『ロック・ペ...。また、最近では映画『ランナウェイズ』『マイ・ファニー・レディ』などの出演作があるテイタム・オニールが...
  • テレビドラマ「Glee」のクイン・ファブレイ役で知られる女優のダイアナ・アグロン(29)がイギリスのフォークロックバンド、マムフォード&サンズのウィンストン・マーシャル...にはウエスト・ハリウッドで行われた映画『マイ・ファニー・レディ』のアフター・パーティーに一緒に出席し、...
  • テイタム・オニール主演の名作『ペーパー・ムーン』などで知られる名匠ピーター・ボグダノヴィッチ監督の13年ぶりの新作『マイ・ファニー・レディ』が12月に日本で公開され...申し出を受けた日のことを語り出す……。 ![マイ・ファニー・レディ](second_pic.jpg "個性派俳優陣のアンサ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • マイ・ファニー・レディ (2014)★★★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年5月3日 3時51分)
    やたらにおもしろかった。コールガール、演出家、セラピスト、判事、探偵、あまり関係がなさそうな人たちが実はみんなつながっている。  「ペーパー・ムーン(1973」「ラスト・ショー(1971)」などのピーター・ボグダノヴィッチ監督による群像コメディ。テイタム・オニールやシビル・シェパードも出演している。 □ ニューヨーク5番街。新進女優のイザベラ・パターソンがインタビューを受けている。底... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マイ・ファニー・レディ」 from ここなつ映画レビュー (2016年1月29日 13時5分)
    ただ楽しい。ただ笑える。大人のコメディ。得るもの失うもの何もなく、でもたまにはこんな作品もいい。っていうか、こんな作品がいい。巷で噂の通り、ウディ・アレンの作風に似てなくもない。でも、洒脱過ぎなかったり、斜に構えた部分がなかったり、という点では、アレンのそれとは全然違う。ストレートに。ドタバタはあくまでドタバタに。ニヤリやクスリではなくて爆笑できるのが気持ちいい。今や映画界での若手スターのイジー(=イザベラ)(イモージェン・プーツ)が、雑誌の取材に答える形でそのデビュー当時の過去を物語る。いかにしてシンデレ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マイ・ファニー・レディ」:アレン的な練達のコメディ from 大江戸時夫の東京温度 (2016年1月12日 22時51分)
    懐かしやピーター・ボグダノヴィッチ監督作品『マイ・ファニー・レディ』を観ました。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • マイ・ファニー・レディ from 映画三昧、活字中毒 (2016年1月11日 21時0分)
    ■ YEBISU GARDEN CINEMAにて鑑賞マイ・ファニー・レディ/SHE'S FUNNY THAT WAY 2014年/アメリカ/93分 監督: ピーター・ボグダノヴィッチ 出演: オーウェン・ウィルソン/イモージェン・プーツ/キャスリン・ハーン/ウィル・フォーテ/リス・エヴァンス 公式サイト 公開: 2015年12月19日 NY5番街のバーで、若手人気女優のイザベラ・... ...[外部サイトの続きを読む]
  • マイ・ファニー・レディ/SHE'S FUNNY THAT WAY from 我想一個人映画美的女人blog (2015年12月22日 12時41分)
    片隅のスタジオで、先鋭のハリウッドスター・イザベラは、その成功への道のりについて記者からインタビューを受けていた。 高級コールガールをしていたことを天真爛漫に告白、お客として初めて会ったブロードウェイの演出家アーノルドから、 突然「君の将来のために... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年12月14日の週の公開作品
  3. 『マイ・ファニー・レディ』