シネマトゥデイ
シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

バイオハザード:ザ・ファイナル

公式サイト:http://www.BIOHAZARD6.jp

見どころ:ミラ・ジョヴォヴィッチがヒロイン・アリスにふんし、激しいサバイバルを繰り広げる超大作アクションシリーズの第6作にして最終章。人類最後の生存者となったアリスと、宿敵アンブレラ社が仕掛けるアンデッドとの最後のバトルを活写する。メガホンを取るのは、シリーズ全作に携ってきたポール・W・S・アンダーソン。 アリ・ラーターや、日本でモデルやタレントとして活躍中のローラが共演。ミラの見応えたっぷりのアクションはもちろん、壮大なバトルに期待。

あらすじ:アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。

バイオハザード:ザ・ファイナル

映画短評

  • 相馬 学
    原点回帰を果たした、ある意味、美しいフィナーレ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     前作までの設定やキャラをないがしろにしがちなシリーズなので、今さらそこはツッコまない。タイムリミットを設定しながらも、時間の経過が不自然であることも許す。シリーズを追いかけてきた身としては主人公アリスの物語が完結したことを、素直に喜びたい。

     このシリーズ最大の謎は、アリスが何者か?ということだったが、その点では筋を通してくれたし、これまで以上にハードな戦いぶりを見せてくれたこともウェルカム。

     生身のアクションを重視したという監督の言葉通り、今回は絵的なトリックやポージングでのごまかしを避け、痛みをダイレクトに伝える点がイイ。原点回帰したようなアンデッドの増量ぶりも嬉しい。

  • 中山 治美
    よく頑張りました! 世界最強母ちゃん
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ローラ目当てで鑑賞。
    活躍の程は、役目は果たした!という感じ。
    それでも、イ・ジュンギと並んでアジア市場を見込んだ製作陣の目の付け所のよさ。
    筆者のようにシリーズに全く愛着がなくとも、本作単体で話の流れが分かる単純さ。
    切り札であるミラ&監督の実娘投入と、
    惰性に見えない努力と工夫が随所にあって、飽きさせることはない。
    個人的には『フィフス・エレメント』時代にミラをよく取材していたので、
    あのリー・ルーがここまで逞しく成長したのかと実に感慨深いものがある。
    典型的なハリウッドのブロックバスター映画だが、
    約14年に渡るシリーズを、一人の女優が主演を張って継続したのは希。
    そこは評価したい。

  • なかざわひでゆき
    良くも悪くもゲームの映画化
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     『バイオハザード』シリーズも遂に完結。アリスの出生の秘密をはじめとする数々の謎が明かされるというのが見どころなわけだが、ストーリーの構成としては良くも悪くもゲームの映画化といった感じで、パターン化された展開の連続だ。脇を固める登場人物も次へコマを進めるための道具にしか過ぎない。
     まあ、このシリーズに深い人間ドラマや革新的な映画体験を期待する向きもないだろうから、これはこれで方向性としては正解だとも言える。ただ、画面が全体的に暗いので3Dメガネだとかなり見づらいかも。それと日本の観客にとっては気になるであろうローラの演技なのだが、あまりにも呆気なく消えてしまうんで違う意味でビックリ(笑)。

  • くれい響
    一応、完結はします。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    事の発端をしっかりドラマとして新撮し、“ダメな方の”ポール・アンダーソン監督にしては期待させるオープニングだったが、前作ラストで煽ったホワイトハウスがまさかの崩壊!  さらに“都合のいいワクチン”を求め、アリスがアンブレラ社の心臓部・ハイブに戻る展開だけに、シリーズおなじみのシチュエーションをリピート。ファンサービスにしても、ゲームをプレイするようなアクションシーンには、なんのカタルシスも感じない。売りであるローラも、予告で使われた一言を喋った直後に速攻フェイドアウトし、敵役ながら一応アリスとガチで戦う見せ場が用意されたイ・ジュンギに軍配が上がる結果に…。無事に完結させたことに★おまけ。

  • 平沢 薫
    SF好きの監督がシリーズ全体をひとつの物語に
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     物語がきれいに完結するのが気持ちいい。これは監督・脚本のポール・W・S・アンダーソンの好みのせい。彼がSF好きで、整合性のあるストーリーが好きなのは「イベント・ホライゾン」「エイリアンVS.プレデター」などの過去作でも証明済み。このシリーズ第1作の監督・脚本を務めた彼が、これまでの登場人物たちや出来事を巧みに配置し、既出の設備を進化させて、一つの大きな物語にまとめ上げる。

     もう一つ注目なのは、この監督の3Dアクションの新たな表現への挑戦。3D映像で高速の格闘アクションを描くには、どんな方法が効果的なのか。細かいカット割りでカメラ位置を変化させ、新たな演出法に挑んでいる。

予告編・動画

ローラの英語セリフ!『バイオハザード:ザ・ファイナル』予告編
ついに完結!『バイオハザード:ザ・ファイナル』日本版予告編
ローラから日本のファンにメッセージ!『バイオハザードVI:ザ・ファイナル』
東京コミコン『バイオハザード:ザ・ファイナル』 ミラ・ジョヴォヴィッチ応援コメント

» 『バイオハザード:ザ・ファイナル』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

ポスター/チラシ

  • 映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』ポスター
    ポスター
  • 映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』ハンドジェル(アンブレラver. またはアンデッドver.)
    ハンドジェル(アンブレラver. またはアンデッドver.)
  • 映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』海外版ポスター(英語ロゴ)を使用したポストカード6枚セット+ハガキ
    海外版ポスター(英語ロゴ)を使用したポストカード6枚セット+ハガキ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・製作:
エグゼクティブプロデューサー: ロバート・クルツァー / サミュエル・ハディダ
プロダクションデザイン: エドワード・トーマス
視覚効果スーパーバイザー: デニス・ベラルディ

キャスト

ドクター・アイザックス:
クレア・レッドフィールド:
アルバート・ウェスカー:
アビゲイル:
クリスチャン:
コバルト:
レッドクイーン:
戦士チュウ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『バイオハザード:ザ・ファイナル』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』評価と感想/ファイナルにして初鑑賞 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年1月30日 10時36分)
    カット数の世界記録を目指すのか? ☆1点 (あらすじとかはシネマトゥデイさんでどうぞ) 見るつもり無かったんですけど、年末にきて仕事も休みですし、TOHOシネマズのフリーパスポートもありますし、何より、ローグ・ワンでさえ妖怪ウォッチに阻まれて獲れなかった週末観客動員1位を、1週あとの公開とはいえ両者を抑えて1位になったので、ならばどんなものだろう?と見てまいりました。 このシリーズは歴代の作品が日本では軒並みヒットしていて バイオハザード 23億円で2002年の洋画で14位 バイオハザード? アポカ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • さよならアリス【映画レビュー】『バイオハザード:ザ・ファイナル』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2017年1月23日 9時4分)
    アンブレラ社の創設者の一人であるジェームズ・マーカス博士には、アリシアという一人娘がいましたが、彼女は体の老化が急速に進む難病にかかっていました。 娘の病気を治療するために彼は、バイオテクノロジーによってTウィルスという人工の病原体を開発します。 しかしそれは、傷ついた細胞を修復し老化を抑制する効果と同時に、感染者を不死の食人鬼アンデッドに変える恐るべき副作用を持っていました。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「バイオハザード:ザ・ファイナル」@ユナイテッド・シネマ豊洲 from 新・辛口映画館 (2016年12月31日 20時24分)
    2016年最後の映画納めは ブラモ!さん主催の上映会に招かれた。2D字幕版を上映するスクリーン1には半分位の客入りだ。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『バイオハザード:ザ・ファイナル』の感想 アリスやクレア、コバルトと女性陣に目が奪われる映画! from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年12月28日 23時0分)
    見届けよ、最期。今回ご紹介する映画:『バイオハザード:ザ・ファイナル』原題:『RESIDENT EVIL:THE FINAL CHAPTER』製作:2016年アメリカ上映時間:1時間47分オススメ度:★★★ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • バイオハザード:ザ・ファイナル (2017) ★★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年12月27日 3時13分)
    「バイオハザード(2002)」からのシリーズ第6弾で多分完結編。邦題だけラストとかファイナルとかつける映画も多いがこの映画の場合は原題も"THE FINAL CHAPTER"となっている。日本では2016年12月に公開されたが日本以外の各国では2017年1月以降に公開される。  相変わらずアクション中心の映画だけど今回は抗ウィルス剤を手に入れて世界を救うというわかりやすい目標があってお... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年12月19日の週の公開作品
  3. 『バイオハザード:ザ・ファイナル』