シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

クリード チャンプを継ぐ男

公式サイト:http://www.creedmovie.jp
クリード チャンプを継ぐ男
(C) 2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
英題:
CREED
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2015年12月23日
(新宿ピカデリー、丸の内ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
ワーナー・ブラザース映画
製作会社:
ニュー・ライン・シネマ / メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
カラー

チェック:シルヴェスター・スタローンが演じた『ロッキー』シリーズのロッキーが、ライバルのアポロ・クリードの息子と再びボクシングの世界に身を投じるさまを活写した話題作。アポロの息子アドニスが、トレーナーとなったロッキーのもとでボクサーとして成長する姿を見つめる。メガホンを取るのは、『フルートベール駅で』で注目を浴びたライアン・クーグラー。スタローンと『フルートベール駅で』などのマイケル・B・ジョーダンが、師弟となるロッキーとアドニスにふんする。熱いドラマはもちろん、ボクシングシーンも必見。

ストーリー:ボクシングのヘビー級チャンピオンであったアポロ・クリードの息子、アドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)。さまざまな伝説を残したアポロだが、彼が亡くなった後に生まれたためにアドニスはそうした偉業を知らない上に、父との思い出もなかった。それでもアドニスには、アポロから受け継いだボクシングの才能があった。そして父のライバルで親友だったロッキー(シルヴェスター・スタローン)を訪ねてトレーナーになってほしいと申し出る。

クリード チャンプを継ぐ男
(C) 2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    ロッキー神話はデジタル世代にも繋がる。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「ロッキー」シリーズはすでに『ザ・ファイナル』で充分なほどに正道を取り戻していたけれど、本作でさらに初心に還り、新たな道筋を発見した感がある。『フルートベール駅で』は誰にも周知のショッキングな事件をこれみよがしな話法で描いて鼻白ませてくれたR.クーグラーだが、そのドキュメンタルな…というよりデジタル世代的なキャメラワークのキレの良さはここで実力発揮。控室からリングへと至る移動長回し(二度反復される)もそうだが、感情が錯綜するシーンのなかで主役は誰なのかをフォーカスだけで指し示す映像的膂力は大したものだ。ビル・コンティの素材を活かしながら、意外な音響をミックスさせるサウンド・デザインにも興奮。

  • 中山 治美
    分かっちゃいるけど、鳥肌立ったクライマックス
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『ロッキー』世代はテーマ曲を耳にしただけでパブロフの犬のように高揚してしまうものだ。
    そのシリーズ最大の武器である音楽の使い方がニクい。
    溜めて、溜めての絶妙なタイミングで鳴り響くあのメロディ。
    その瞬間、シリーズがロッキーからクリードへと継承されたことを意味し、
    最高の場面を用意したスタッフの愛情と、今後この曲を背負っていくであろうマイケル・B・ジョーダンに頼もしさを感じた。
    『ロッキー』シリーズは、必ずしもどれも素晴らしかったというワケではない。
    スタローンの抗いに「もういいよ」と肩を叩きたかったこともある。
    だが見放さずに追い続けてきて良かったと、ファンをも納得させる傑作である。

  • 清水 節
    第1作以来の傑作!這い上がり夢を叶えるロッキー魂、完全継承
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     6作目『ロッキー・ザ・ファイナル』は有終の美を飾ったが、還暦ファイトは痛ましくもあった。20代のライアン・クーグラー監督がまもなく古希を迎えるスタローンを口説き落として生まれた今作は、好敵手アポロの息子というシリーズの盲点を主役にもってきた。血を引く息子は遠ざかっても、ロッキーのスピリットは、世代も人種も超え、志ある者にしっかりと継承される。選手に肉薄するファイトシーンの撮影が素晴らしい。第1作のトレーナーだったミッキーとほぼ同年齢になったロッキーが、脇に回りセコンドに就く姿に、映画ファンなら自らの歳月を重ね合わせるはずだ。力強く瑞々しい「クリード」シリーズの今後に惜しみないエールを贈る!

  • 森 直人
    こちらの「エピソード7」もめちゃくちゃ凄いぞ!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『ロッキー・ザ・ファイナル』があれだけ素晴らしかったのに、さらに上をいくとは! 丁寧に構築された二焦点のドラマに、アポロという不在の男など、シリーズの積み重ねてきた歴史が有機的に絡んでうねりまくる。ファイトシーンの映画的な迫力も含め、すべて完璧。

    秀作『フルートベール駅で』の監督&主演コンビが、こちらにスライドして驚愕の達成を遂げた。“伝統と現代”を両立させた彼らのマナーが示したのは、魂の継承の美しさだ。ロッキーには実の息子もいる設定だが、彼はボクシングに向かなかった。アドニスは血縁ではなくとも最良の“二世”だ。アメリカ映画が描き続けてきた「父と息子」の神話の感動的な変奏がここにある!

  • 山縣みどり
    噛ませ犬のサーガに新たな1ページが加わった
    ★★★★
    »読む«閉じる

    シルベスタ・スタローンを一夜にしてスターにした『ロッキー』。根性と愛を証明するために戦い抜いた主人公の姿が彼自身の期し方ともかぶり、世界中が熱狂。その興奮を再び味わえるのがこのスピンオフだ。9年前の闘いを最後にリングから去ったロッキーが今度はトレイナーとなり、親友の忘れ形見アドニスを鍛える。フィラデルフィアの街を走り、鶏を追いかけとシリーズへオマージュを捧げつつ、アドニス自身のアイデンティティ問題も描く展開で物語に深みが加わった。負け犬に共感しちゃう派だし、父の息子と必死で証明したがる青年を演じたマイケル・B・ジョーダンの真摯さがまた心を揺さぶる。続編製作の話もあるらしく、期待大。

  • くれい響
    あの星条旗柄トランクスも復活!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『エクスペンダブルズ』でドラゴとイチャつく姿にキレたのか、アポロJr.がロッキーに弟子入り志願!『フルートベール駅で』の監督だけに、極貧生活からのし上がる新たなアメリカンドリームかと思いきや、保険会社勤務のボンボンが転身する意外性に驚き。その後は、まだまだイタ飯「エイドリアン」経営中のロッキーとの師弟愛に、ヒロインとのラブ要素も絡めるなど、かなりベタな展開だが、ここまで誠実なスポ根を観せられて胸アツにならない方がおかしい。正体が分かった後の世間の湧き方など、『ウォーリアー』の影響も見られるが、名シーンのオマージュはしっかりアップデート。ここまでクオリティの高いスピンオフなら、いくらでも観たい!

  • 平沢 薫
    製作舞台裏がすでに感動のドラマになっている
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     アフリカン・アメリカンの少年だった監督が父親と一緒に見た「ロッキー」シリーズは、主人公のライバルで後に親友になるアフリカン・アメリカンのボクサー、アポロ・クリードの物語だった。少年は長じて映画監督になり、アポロの息子の物語を描きたいと熱望する。そして、その夢を「ロッキー」の生みの親シルベスター・スタローンに伝えると、スタローンはまだ1作しか撮っていない若い監督に、この人気シリーズの監督を任せる。「ロッキー」公開時のスタローンは30歳、本作の監督ライアン・クーグラーは現在29歳でほぼ同い年。スタローンはこの監督にかつての自分を見たのだろうか。そんな舞台裏だけで、すでに感動のドラマになっている。

  • 相馬 学
    老いも若きもアツくする、注目の俊英のイイ仕事
    ★★★★
    »読む«閉じる

     スピンオフとはいえ『ロッキー』シリーズの続編を、20代の若い監督が真っ向から撮る。そして若い観客にもアピールし得る、アツいドラマが生まれたことは素直に嬉しい。

     『フルートベール駅で』で注目された俊英ライアン・クーグラーの現実感重視の演出は、主人公クリードの目線に寄り添い、息遣いを生々しく感じさせる。とりわけ、ワンカットで撮影した試合の迫力は圧倒的。

     自分の伝説を作ろうとする若者像をとらえた本作は紛れもない青春ドラマだが、一方で老ロッキーのドラマもしっかり押さえており、オールド・ファンへの目配せも抜かりない。おなじみのフィラデルフィアの風景だけで、不覚にも涙腺が緩んでしまった。

動画

映画『クリード チャンプを継ぐ男』予告編
映画『クリード チャンプを継ぐ男』特別映像
『クリード チャンプを継ぐ男』公開記念特別映像
伝説の『ロッキー』声優が叫ぶ!『クリード チャンプを継ぐ男』特別映像
『ロッキー』といえばコレ!『クリード チャンプを継ぐ男』特訓シーン
スタローン、魂の言葉「あきらめるな!」『クリード チャンプを継ぐ男』シルヴェスター・スタローン インタビュー

ポスター/チラシ

  • 映画『クリード チャンプを継ぐ男』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・脚本:
製作総指揮: ニコラス・スターン

キャスト

アドニス・ジョンソン:
ロッキー・バルボア:
メアリー・アン・クリード:
リッキー・コンラン:
ミー・ホリデイ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『クリード チャンプを継ぐ男』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • まさにロッキーを継ぐ映画『クリード チャンプを継ぐ男』を観た from 楽ブログ (2016年7月14日 1時45分)
    少年刑務所でケンカ沙汰を起こして独房へ入れられた少年アドニス・ジョンソンのもとへ、一人の女性が面会に尋ねて来ました。 彼女はメアリー・アンといい、かつてロッキーとリングで死闘を繰り広げたあのアポロ・クリード婦人でした。 メアリーはアポロが愛人との間に作った子供を養子として迎えるべく、その少年刑務所へとやって来たのです。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【クリード チャンプを継ぐ男】を観た from NEW WAY.NEW LIFE (2016年4月10日 10時32分)
    ロサンゼルスの少年院、どうやら喧嘩が起きたようだ 少年が相手のパンチをかわし、執拗に殴りつける 引き離され、独房に放り込まれる そこへ女性が訪ねてきて、少年に告げる アナタ ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「クリード チャンプを継ぐ男 」この手があったか!見ごたえあり from soramove (2016年1月24日 14時25分)
    映画「クリード チャンプを継ぐ男 」★★★★☆ アドニス・ジョンソン: マイケル・B・ジョーダン ロッキー・バルボア: シルヴェスター・スタローン ビアンカ: テッサ・トンプソン メアリー・アン・クリード: フィリシア・ラシャド リッキー・コンラン: アンソニー・ベリュー ミー・ホリデイ: グレアム・マクタヴィッシュ ライアン・クーグラー監督、 133分、2015年12月23日公開 2015,ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン (原題/原作:CREED) <リンク:<a href=" ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「クリード チャンプを継ぐ男」 from 元・副会長のCinema Days (2016年1月24日 8時31分)
    (原題:CREED )長年「ロッキー」シリーズに付き合ってきた手練れの映画ファンならば、文句なく評価するであろう快作だ。ただし正直言ってこのシリーズは全て出来が良かったわけではない。オスカーを獲得した第一作こそ幅広い支持を集めたが、その後は無理筋の御膳立... ...[外部サイトの続きを読む]
  • クリード チャンプを継ぐ男 from 映画のメモ帳+α (2016年1月17日 0時11分)
    クリード チャンプを継ぐ男(2015 アメリカ) 原題   CREED 監督   ライアン・クーグラー 原案   ライアン・クーグラー 脚本   ライアン・クーグラー アーロン・コヴィントン 撮影   マリス・アルベルチ 音楽   ルートヴィッヒ・ヨーランソン 出演   シルヴェスター・スタローン マイケル・B・ジョーダン       テッサ・トンプソン フィリシア・ラシャド       アンソニー・ベリュー グレアム・マクタヴィッシュ 第88回(2015年)アカデミー賞助演男 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2015年12月21日の週の公開作品
  3. 『クリード チャンプを継ぐ男』