シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ズートピア
(C) 2016 Disney. All Rights Reserved.
英題:
ZOOTOPIA
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年4月23日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
製作:
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
カラー

チェック:あらゆる動物が住む高度な文明社会を舞台にした、ディズニーによるアニメーション。大きさの違いや、肉食・草食にかかわらず、動物たちが共に暮らすズートピアで、ウサギの新米警官とキツネの詐欺師が隠された衝撃的な事件に迫る。製作総指揮をジョン・ラセターが務め、監督を『塔の上のラプンツェル』などのバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』などのリッチ・ムーアが共同で担当。製作陣がイマジネーションと新たな解釈で誕生させたという、動物が生活する世界のビジュアルに期待が高まる。

ストーリー:ハイテクな文明を誇るズートピアには、さまざまな動物が共存している。そんな平和な楽園で、ウサギの新米警官ジュディは夢を信じる一方、キツネの詐欺師ニックは夢を忘れてしまっていた。そんな彼らが、共にズートピアに隠された事件を追うことになり……。

ズートピア
(C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

映画短評

  • 森 直人
    噂以上の高レベル! バディムービーとしても超素敵だ。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    やっと今頃観たんですが(笑)、余りにも知的な傑作だったので一筆。そもそも寓話とは象徴化や要約化を通して「社会(世界)の縮図」としての精度を高めていく形式だが、本作の凄さはカテゴライズという行為そのものへの批評があること。キャラを意味的に配置するだけでなく、固定されたイメージをどんどん反転させていく。まるで我々の偏見や先入観の根深さを試すように、最後の最後まで意外な動物が別の顔を見せ続けるのだ。

    特に「生物学的」というキーワードは重要。この言葉がどれだけ差別の歴史に手を貸してきたか、自戒も含め改めて考えてしまった。あらゆる区分を超えた(剥ぎ取った)ジュディ&ニックのコンビ誕生は本当に美しい!

  • ミルクマン斉藤
    まさにサテュロスたちのサタイア。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    なんとタイムリーな。トランプ陣営が勢いづいているときによりにもよって(笑)。もちろん意図したワケじゃなかろうが、現代アメリカ社会の不寛容とステレオタイピングをクドいほどにイジりまくる。狙いは’70年代の刑事映画だろうけど、心意気としてもその時代の空気を受け継ぐ社会派エンタテインメントだ。ゴッドファーザーネタやヒッピーネタ(声はチーチ&チョンのトミー・チョン)もあるしね。アニメーションとしても、キャラクターの縮尺比を活かしたダイナミックなチェイスやトニー・スコットばりの地下鉄パニックなど高度なカートゥーン的アクションてんこ盛り。間違いなくここ10年のディズニー/ピクサー最高作と断言できる。

  • 中山 治美
    攻めてる会社はやることちゃう
    ★★★★
    »読む«閉じる

     一見、ウサギの新米警官の成長物語。だが彼女が夢見た楽園で行われていたのは、大量虐殺に独裁政権など人類が繰り返し起こす愚行の構図そのもの。それをアニメで、動物を使って見せるとは! このモヤモヤ感は、甘いリンゴかとかじったら、毒が仕込まれていて震えが止まらなかった『リップヴァンウィンクルの花嫁』の鑑賞後と似てる。
     ディズニーと言えば『アナと雪の女王』で自ら運命を切り開く新たな女性像を描いたが、この会社は自社が築いてきたアニメ映画の概念そのものを変えようとしているのかも。次は何を出してくるのか…怖ッ。
     とりあえずお子ちゃまには、何でも見た目で判断しちゃいけないゾ!ってことだけは伝われば。

  • 清水 節
    差別や暴力がはびこる社会の現実を子供達にしっかり伝える新機軸
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     表向きは動物版イッツ・ア・スモールワールドのような理想郷のようでいて、その裏側は世知辛く、差別や暴力がはびこっている。権力者の二面性をも暴く脚本が鋭い。人間社会の縮図を見せ、それでも障壁を乗り越えていく小さなヒロインの奮闘を、笑いと涙で包み込む。伝統に則し、前向きなキャラと夢を設定しつつも、生きづらい現実を描く新機軸に、ピクサーと融合して復調10年目のディズニーの自信と余裕がみてとれる。『アナ雪』で同時代のヒロインの新たな幸福観を提示したディズニーアニメ。ここでは子供向けだと割り切らず、成長した子供たちを取り巻く世界の描き方においても、メルクマールとなる作品を打ち出すことに成功した。

  • なかざわひでゆき
    可愛い動物アニメに現代社会の暗部を映し出す渾身の傑作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     小柄なウサギの新米警官が、一人前として認められるために大奮闘を繰り広げる。自分を信じて努力すれば必ず夢は叶う…なんて無責任な絵空事を描いた子供向け動物アニメかと思いきや、これがとんでもない傑作だった!
     知性の発達した動物たちが暮らす高度な文明社会という設定が一つのカギ。ある日突然、肉食動物たちが次々と野生本能に目覚めるという事件が発生し、これを契機に草食動物たちの間で疑心暗鬼が広まり、一見すると平和な理想郷の裏に隠された差別や憎悪、格差や不平等が一気に露呈していく。
     憎しみや争いの元凶はもちろん、大衆の不安を扇動する権力の構造にまで鋭く切り込んでいるのは驚き。ディズニー恐るべし!

  • 山縣みどり
    キッズをインスパイアしつつ、実は社会派という傑作アニメ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    うさぎのジュディがガラスの天井をブチ破る表向きの展開は、「努力すればなりたい自分になれる」という子供向きメッセージ。相棒ニックが捕食者キツネなのも、敵対する者同士も仲良くなれるという甘々な理想論に基づいている。でも、ジュディが暴く闇が暗示するは……。(人)種差別だったり、権力掌握の画策だったりとかなり社会派テーマなのが素晴らしい。子供に現実の厳しさを刷り込まなきゃね。声優はみな芸達者で、特に感動するのがニック役のジェイソン・ベイツマン。心に負った傷を隠しきれないキャラクターを演じさせたら本当にうまい。声だけでも哀しみがばっちり伝わる。それとシャキーラの歌声がとても耳に心地いいよ。

  • 平沢 薫
    楽しいビジュアル、大人も納得のストーリー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     小さな子供たちが喜ぶようなビジュアルと、大人も納得するストーリーの両方を実現。とくにストーリーは重層的。都会に出てきた主人公の成長物語であり、事件の真犯人探しの謎解きミステリーでありつつ、多数の動物たちが共存する世界という多文化社会のメタファーを用いて、無意識の偏見をめぐる物語にもなっている。この"無意識の"という領域に踏み込んだところがポイント高い。
     その物語の舞台となる、多様な動物たちが人間のように暮らす社会の風俗描写が楽しい。ナマケモノの公務員、レミングのサラリーマンには思わず苦笑。また、小動物が暮らす街、寒冷地の動物が暮らす街など、街ごとの多彩な景観が細部まで作り込まれている。

  • くれい響
    上戸彩の日本語吹き替えがドハマり!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ウサギを主人公にした「どうぶつの村」ならぬ“街”な、ほのぼの動物モノかと思いきや、そこは『塔の上のラプンツェル』と『シュガーラッシュ』を手掛けた両監督のコラボ作。日本語吹き替えを務めた上戸彩が、10年前ぐらいにTVドラマで演ってもおかしくない熱血婦警奮闘記であり、詐欺師のキツネが相棒のサスペンス・アクションである。人種問題を連想させる肉食動物と草食動物の共存ネタなど、ややメッセージ性はあるものの、明らかにドラッグにしか見えない薬物ネタや、しつこいぐらいの『ゴッドファーザー』ネタ、ナマケモノの事務員によるシュールなギャグなど、しっかり“大きなお友達”向けになっているのも嬉しいところ。

動画

『ズートピア』予告編
『ズートピア』特別映像「はじめまして、ジュディ・ホップスです!」
映画『ズートピア』主題歌「トライ・エヴリシング」PV
映画『ズートピア』 Dream Amiが歌う日本語版主題歌「トライ・エヴリシング」
ゴールデンウイークのオススメ映画はコレだ!GW映画ガイド2016
THIS WEEK MOVIE RANKING 2016.6.4-5
THIS WEEK MOVIE RANKING 2016.6.11-12
今週のMOVIEランキング 2016.6.18-19
今週のMOVIEランキング 2016.6.18-19
映画『ズートピア』ボーナス映像
今週のMOVIEランキング 2016.7.9-10
あんなところにも!『ズートピア』隠れミッキー映像

ポスター/チラシ

  • 映画『ズートピア』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『ズートピア』夢見るジュディの携帯クリーナーストラップ
    夢見るジュディの携帯クリーナーストラップ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

製作総指揮: ジョン・ラセター
プロダクションデザイン: デヴィッド・ゲッツ

キャスト

(声の出演)
ジュディ・ホップス:
ニック・ワイルド:
チーフ・ボゴ:
クロウハウザー:
ライオンハート市長:
ベルウェザー副市長:
フラッシュ:
オッタートン夫人:
ガゼル:
ジュディ・ホップス:
クロウハウザー:
ニック・ワイルド:
ライオンハート市長:
チーフ・ボゴ:
ベルウェザー副市長:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ズートピア』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 可愛いウサギの大活躍!【映画レビュー】『ズートピア』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2016年10月16日 12時23分)
    小さなウサギの女の子ジュディ・ホップスは、この世界をより良くしたいとの思いから正義と平和のために働く警察官になるのが夢でした。 いじめっ子のキツネにバカにされ、農園で野菜を作りながら穏やかに暮らす両親から反対されながらも、ジュディは夢をあきらめることはありません。 それから15年後、彼女は小さな体のハンデをものともせず警察学校を知恵と努力でついに主席で卒業し、念願だった大都会ズートピアで警察官として働くことになったのです。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • Zootopia (ズートピア) from Cinema Review シネマ・レビュー (2016年7月3日 15時39分)
    Zootopia (2016) ★★★★★ (USA) 日本語タイトル: ズートピア official site: http://www.disney.co.jp/movie/zootopia.html Voice: Ginnifer Goodwin(ジニファー・グッドウィン), Jason Bateman(ジェイソン・ベイトマン), Jenny Slate(ジェニー・スレイト)... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:ズートピア Zootopia 大都会での成長プロットを、見事にディズニーアレンジ from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2016年6月28日 0時30分)
    まずメインプロットが鉄板。 若く力のない主人公が、大都会に出て苦労しながら一人前になっていく、というストーリー。 地方→都会、という構図は日本でも海外でも現代社会の基本パターンのひとつなので、共感されやすいのだ! また主人公は警察官と、また違う意味でも映画好きに響く展開。 (古くて恐縮だが)マンハッタン無宿とか、それで派生してできたテレビシリーズ「警部マクロード」(笑) ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ズートピア(字幕版) (2016) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年5月26日 2時43分)
    遠い映画館だけど上映時刻が都合が良かったので字幕版を観ることができた。 いろんな動物が共存して平和に暮らしているズートピアで町の存続に係る大事件が発生する。 ズートピアは理想の社会に見えるけれど実際には偏見や差別だらけ。 小さなウサギのジュディはいったんは事件を解決したように見えるけれど、偏見が表面化し町は大混乱。 □ 肉食動物も草食動物も大きい動物も小さい動物も仲良く暮らしてい... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ズートピア」見てきました from Elwood覚書(ブログ版) (2016年5月23日 0時57分)
    今日は「アナ雪」以来のディズニー映画。姪っ子シスターズ&姉の映画代をもったのはかなり痛い出費でしたが、非常に良い映画でした。何かを評価するのに別のモノを蔑むのは最低な行為だと思いますが、あえて言います。邦画で大人向けに作ってるはずなのに浅い映画が多い… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年4月18日の週の公開作品
  3. 『ズートピア』