シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
小学生には助言・指導が必要

牙狼<GARO> -DIVINE FLAME-

公式サイト:http://garo-divineflame.jp
牙狼<GARO> -DIVINE FLAME-
(C) 2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年5月21日
(新宿バルト9ほか)
上映時間:
制作・製作・配給:
東北新社
制作:
MAPPA
カラー

チェック:人気特撮シリーズ『牙狼』のアニメ版として2014年から2015年に放送された、「牙狼<GARO> −炎の刻印−」の劇場版。同作の主人公である、黄金騎士の称号を受け継ぐ青年レオン・ルイスの秘められた出自が映し出される。監督は本作のアニメ版や、「009 RE:CYBORG」「蒼天航路」などに携ってきたクリエイターの林祐一郎、ボイスキャストにはアニメ版に引き続き浪川大輔ら。壮大で波瀾(はらん)万丈なストーリーや、迫力に満ちたビジュアルにも圧倒される。

ストーリー:国王側近メンドーサの策略によって、魔女狩りが行われるヴァリアンテ国。人々を守ってきたはずの魔戒騎士と魔戒法師が次々と捕まり、処刑されていく。そんな中、アンナ・ルイスという女性の魔戒法師が火刑に処されながら子供を産み落す。そこへ夫にして魔戒騎士ゾロの称号を持つヘルマン・ルイスが現れ、その子を連れてこつぜんと姿を消してしまう。レオンと名付けられた子供は、黄金騎士の称号を受け継ぐ宿命を背負っており……。

牙狼<GARO> -DIVINE FLAME-
(C) 2016「DIVINE FLAME」雨宮慶太/東北新社

映画短評

  • なかざわひでゆき
    アニメ版ならではのエロス&バイオレンスも健在です
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     アニメ版シリーズとしては初めての劇場用長編。ストーリー的には「炎の刻印」の直接的な続編だが、魔戒騎士や魔物ホラーなどの基本設定さえ押さえておけば、前作を見ていなくてもさほど問題はないだろう。
     魑魅魍魎がうごめく中世ヨーロッパ風のダークファンタジーな世界観、耽美的なエロスと血みどろのバイオレンスを盛り込んだアダルトなテイストはそのままに、劇場版ならではの凝った作画デザインが堪能できる。CGを使ったアクションもテレビ版以上にダイナミックだ。
     愛ゆえダークサイドへ堕ちた恋人たちの怨念を主軸としたストーリーも悪くない。特に美しきホラー、ニグラ・ヴュヌスの禍々しくも妖しい造形はかなり好みです!

動画

映画『牙狼 <GARO> -DIVINE FLAME-』特別映像

ポスター/チラシ

  • 映画『牙狼<GARO> -DIVINE FLAME-』ポスター
    ポスター
  • 映画『牙狼<GARO> -DIVINE FLAME-』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『牙狼<GARO> -DIVINE FLAME-』クリアファイル(2種類の内、好きな方を1種選択)
    クリアファイル(2種類の内、好きな方を1種選択)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 雨宮慶太
監督:
脚本: 小林靖子
主題歌: 佐咲紗花

キャスト

(声の出演)
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『牙狼<GARO> -DIVINE FLAME-』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年5月16日の週の公開作品
  3. 『牙狼<GARO> -DIVINE FLAME-』