シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ミュージアム
(C) 巴亮介/講談社 (C) 2016映画『ミュージアム』製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年11月12日
上映時間:
製作:
映画『ミュージアム』製作委員会
制作プロダクション:
ツインズジャパン
配給:
ワーナー・ブラザース映画
カラー

チェック:「ヤングマガジン」連載の巴亮介のサイコスリラー漫画を実写映画化。現場に謎めいたメモを残し雨の日にだけ残忍な猟奇殺人を繰り返すカエル男と、妻子をカエル男に狙われた刑事の攻防をスリリングに描き出す。原作の持つ迫りくるような恐怖と絶望感を表現するのは、『ハゲタカ』や『るろうに剣心』シリーズなどの大友啓史。犯人を追ううちに極限状態に追い込まれていく主人公を、『信長協奏曲』シリーズなどの小栗旬が熱演する。

ストーリー:現場に謎のメモが残される猟奇殺人事件が矢継ぎ早に発生するが、その事件は雨が降る日のみ起こっていた。一連の事件の関連性を察知した沢村久志刑事(小栗旬)は、自分の妻子が狙われていることを知る。やがて、カエルのマスクをかぶったカエル男の存在が浮かび上がり、犯人に近づいていく沢村だったが、カエル男の仕組んだわなにはめられ窮地に陥り……。

ミュージアム
(C) 巴亮介/講談社 (C) 2016映画『ミュージアム』製作委員会

映画短評

  • なかざわひでゆき
    監督の演出力と役者の熱演が牽引する和製猟奇サスペンス
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     カエルのマスクを被った連続殺人犯を追う熱血刑事が、逆に家族を誘拐され追い詰められていく。『セブン』を彷彿とさせる和製猟奇サスペンスだ。
     犯人の設定や動機を含めて、荒唐無稽かつご都合主義的な点はかなり目立つ。そういう意味では、あえて犯人を得体の知れない怪物として描くことでドス黒い悪夢の世界を構築した『クリーピー』は巧かったなあと改めて思う。
     とはいえ、趣向を凝らした映倫ギリギリの陰惨な残酷シーンはインパクト強烈だし、ストーリーの背景に現代社会や人間の歪んだ闇を投影している辺りも興味深い。大友監督のダイナミックな演出力と役者陣の熱演が脚本の弱点をだいぶカバーしているという印象だ。

  • くれい響
    ガチで“和製『セブン』”を作ってみた。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    巴亮介の原作コミック自体、『セブン』や『SAW』を意識していたものだったが、映画化では、それを逆手に取ったシーンはあるものの、ここまで“本家”に寄せてくるとは思わなかった。ただ、低予算Vシネでなく、天下のワーナーブラザーズが予算をかけたこともあり、とにかく画に力がある。『るろ剣』以外、どうもパッとしなかった大友啓史監督作だが、今回は面目躍如。オリジナリティ溢れるとは言いにくいが、画づくりにしろ、演出にしろ、編集にしろ、いい仕事をしており、ギリギリのグロ描写にも原作ファンは納得だろう。そして、なによりブラピなりきり小栗旬と、スペイシーなりきりの妻夫木聡が苦しみながらも、楽しそうなのがいい。

  • 清水 節
    殺人アーティストが夫婦の愛を過激に試す猟奇ホームドラマ
    ★★★★
    »読む«閉じる

     一見サイコホラーの再来のように思えるが、カエル男は動機なき狂人ではない。溜め込んできた黒い情念は、呪詛に留まらず殺人に向かった。それを自ら「表現」と呼ぶのは身勝手だが、殺人理由と死体造形は、この国の壊れゆく倫理観に対するジャーナリスティックな批評性に裏打ちされている。その矛先が、家族のために仕事に身を捧げる刑事・小栗旬へと向かう。後半は、本来は他人同士だった夫婦の愛と価値観が、過激に試される物語だ。映倫に挑み、見事“R指定無し”を獲得した、アートな猟奇描写ばかりに目がいきがちだが、接近戦主体のカーチェイスの見せ方も日本映画離れしている。原作にないエンディングが、不気味な余韻を残す。

動画

ワンオク新曲流れる!小栗旬×大友監督『ミュージアム』予告編
小栗旬×大友啓史監督『ミュージアム』特報
カエル男が“刑”を執行!小栗旬×大友啓史『ミュージアム』特報映像
雨の日には気を付けろ!映画『ミュージアム』スマホジャックムービー
カエル男の肉声が聞ける!映画『ミュージアム』“均等の愛の刑”特別映像
妻夫木聡演じるカエル男の素顔が…!『ミュージアム』最新予告
小栗旬が大変なことに!映画『ミュージアム』 WEBスポット(沢村編)
野村周平、ファンにハグ。小栗旬、気遣いに「逆に傷つく」映画『ミュージアム』初日舞台あいさつ
小栗旬と妻夫木聡がガチで殴り合う…映画『ミュージアム』特別映像:究極バトル

写真ギャラリー

(C) 巴亮介/講談社 (C) 2016映画『ミュージアム』製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『ミュージアム』ポスター
    ポスター
  • 映画『ミュージアム』ポスター
    ポスター
  • 映画『ミュージアム』チラシ
    チラシ
  • 映画『ミュージアム』チラシ
    チラシ
  • 映画『ミュージアム』チラシ
    チラシ
  • 映画『ミュージアム』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ミュージアム』あなたは有罪?!判決!お仕置き付箋
    あなたは有罪?!判決!お仕置き付箋

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 巴亮介
監督・脚本:
脚本: 高橋泉 / 藤井清美
音楽: 岩代太郎
エグゼクティブプロデューサー: 小岩井宏悦 / 青木竹彦
プロデューサー: 下田淳行 / 下枝奨
撮影: 山本英夫
Bキャメラ: 佐藤有
照明: 小野晃
録音: 益子宏明
美術: 磯見俊裕
セットデザイナー: 将多
装飾: 渡辺大智
衣装デザイン・キャラクターデザイン: 澤田石和寛
ヘアメイクデザイン: ShinYa
特殊メイク・造形デザイン: 百武朋
編集: 今井剛
VFXスーパーバイザー: 小坂一順
スーパーヴァイジングサウンドエディター: 勝俣まさとし
スクリプター: 生田透子
助監督: 稲葉博文
制作担当: 高瀬大樹
制作管理: 鈴木嘉弘
ラインプロデューサー: 鎌田賢一

キャスト

沢村久志:
沢村遥:
西野純一:
菅原剛:
岡部利夫:
秋山佳代:
橘幹絵:
沢村の父:
関端浩三:
カエル男:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ミュージアム』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ミュージアム from シネマクマヤコン (2016年12月4日 19時24分)
    今回は、「シン・ゴジラ」に続いての邦画で「ミュージアム」です。 猟奇殺人事件の犯 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ミュージアム」:「セブン」やら何やら from 大江戸時夫の東京温度 (2016年11月26日 0時2分)
    映画『ミュージアム』は、いろいろと『セブン』です。まあ原作マンガがそうなんでしょ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ミュージアム」 猟奇殺人事件 from 珍竹鈴WP  映画とネットとモバイル機器の日々 (2016年11月21日 3時2分)
    映画「ミュージアム」観ました。 しかし、どうしてもこのタイトルが猟奇的殺人の映画に思えないので抵抗があります。 一昔の映画ですと、犯人が誰とか、どんな手法でということが焦点になりましたが、最近はいかに精神的に追い詰められるかに、作り手の重点が変わってきているように思います。 この映画も、近年の映画にありがちな動機の関連性が弱い映画です。 しかし、妻夫木の演技がすごい。 後の方になるまで、誰だかわかりませんでした。 「ハンニバル」に迫るような感じがあるのですが、映画の作り手も犯人もそこまで徹底はしない... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ミュージアム』の感想 邦画でもトップクラスのクオリティー! from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年11月20日 23時0分)
    奴は雨の日に現れる。今回ご紹介する映画:『ミュージアム』 / 製作:2016年日本 / 上映時間:2時間12分オススメ度:★★★★☆(四つ星!)予告編動画 『ミュージアム』の ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ミュージアム (2016、日本) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年11月17日 3時2分)
    猟奇連続殺人事件の犯人に自分の妻子を誘拐された刑事が必死に追跡するが犯人の罠にはまりこんでいく。  かなり力のこもった映画で、おどろくような映像もいろいろある。でも主人公があまりに必死になりすぎていて冷静さを失っているのについていけない。犯人の住まいに侵入するのでも警察にも情報を伝えておけばそれだけ妻子が助かる確率が増えるのにと思った。 □ 縛られて生きたまま犬に喰い殺された死体が見... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年11月7日の週の公開作品
  3. 『ミュージアム』