シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

マネー・ショート 華麗なる大逆転

公式サイト:http://www.moneyshort.jp
マネー・ショート 華麗なる大逆転
(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.
英題:
THE BIG SHORT
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年3月4日
(TOHOシネマズ 日劇ほか)
上映時間:
配給:
東和ピクチャーズ
製作会社:
Plan B Entertainment / Regency Enterprises
カラー

チェック:リーマンショック以前に経済破綻の可能性に気付いた金融マンたちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットといった豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンのリスクを察知した個性的な金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうと図るさまを映し出す。クリスチャンとブラッドに加え、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリングも出演。『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』などのアダム・マッケイがメガホンを取る。痛快なストーリーと、ハリウッドを代表する4人の男優の競演が見どころ。

ストーリー:2005年のアメリカ。金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、サブプライムローンの危機を指摘するもウォール街では一笑を買ってしまい、「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引で出し抜いてやろうと考える。同じころ、銀行家ジャレド(ライアン・ゴズリング)がマイケルの戦略を知り、ヘッジファンドマネージャーのマーク(スティーヴ・カレル)、伝説の銀行家ベン(ブラッド・ピット)らを巻き込み……。

マネー・ショート 華麗なる大逆転
(C) 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    日本の原発事故にも通じる米住宅バブル崩壊の裏側
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     サブプライム住宅ローン危機を事前に予見していた人々が、その世紀の金融破綻に乗じて巨万の富を得る。そんな皮肉としか言いようのない物語(しかも実話だってさ)を軽快なテンポと絶妙のユーモアで描く。
     バブル崩壊なんて絶対にありえないとタカをくくる投資銀行、彼らに都合の良い情報しか流さないメディアや専門家、それに踊らされる投資家。それはそのまま、日本の原発メルトダウンを招いた背景に重ね合わせることができるだろう。今まさに起きている最悪の事態を眼前にしてもなお、根拠のない楽観論で銀行の肩を持つ御用専門家の姿なんぞ、我々にとってはデジャヴそのもの。結果的に一般庶民ばかり被害を被るという点も同じだ。

  • くれい響
    「最後の言い訳」の使い方が絶妙すぎて!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    次々畳みかける金融用語の嵐に、本筋と関係ないカメオによる分かりやすい解説、義眼特有の目の演技までするクリスチャン・ベールら曲者たちの共演と、その怒涛の展開とスタイリッシュな映像に圧倒される。また日本食レストランでの徳永英明の「最後の言い訳」の使い方は絶妙すぎるし、経済破綻というテーマがテーマだけに、後味爽快なハッピーエンドでなく、余韻を残すあたりも評価できる。とはいえ、どこかカタルシスに欠けるのは、意外とシンプルな話を、多くのギミックで描いたハッタリ感の強さが、ハンパないから。また、マーゴット・ロビー繋がりで言うと『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の影響も否定できない。

  • 山縣みどり
    金融破綻の裏側を愉快かつ丁寧に解説する快作
    ★★★★
    »読む«閉じる

    サブプライム・ローン問題もリーマン・ショックも他人事だったが、当時の狂った状況や異常事態を生んだ背景がよくわかった。傍観者なので、マーゴット・ロビーらセレブを起用しての経済用語や状況説明も実に愉快で楽しい。さすがはウィル・フェレルの相棒アダム・マッケイ監督。実は悲しく悲惨だった状況をコミカルに描き、そこから金融マンと彼らに踊らされた人間の現実との乖離ぶりが浮かび上がる。役者陣は納得の好演だが、特に印象的なのがヘビメタ偏愛のトレーダーを演じたクリスチャン・ベール。ある症状を思わせる言動なのだが、医師でもあるトレーダー自身が自己診断した結果と同じ。いや、すごいよ。

  • 相馬 学
    一見難解だが、コメディ畑の監督だからこその妙味あり
    ★★★★
    »読む«閉じる

     リーマン・ショックの裏側は正直、複雑でよくわからないが、それでも楽しめたのはコメディ畑の監督の技量ゆえだろうか。

     CDSやらCDOやらの名前だけではよくわからない投資対象物が飛び交い、それを買う・売るのはどういうことなのかを、再現ドラマのパロディのよろしくユーモアたっぷりに解説してくれる。ドラマの流れの停止を恐れない、思い切りのよさがハマッた。展開の飲み込みもよくなるというものだ。

     何より、バブル崩壊を見抜き“裏張り”を試みる、はみ出し者たちのドラマがいい。スリリングであるのはもちろんだが、邦題の“華麗”とは一線を画する悲壮さが妙味。この“大逆転”劇に勝者はいない。

  • 平沢 薫
    「俺たち」シリーズのアダム・マッケイ監督、覚醒!
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ブラックな笑い、狂躁的なリズム、加速するスピード。2000年代半ばのバブルに酔うアメリカで、その虚像に気づいた男たちが、経済破綻の到来を予測して株式市場で大博打を打つ。そういう話なのに、株式の説明はまったくせず、比喩だけでストーリーを進め、随所にドラマと関係のないスターたちがその仕組みを観客に向かって比喩で説明するCM的映像を挿入する、その強引なワザに脱帽かつ爆笑。その観客を"理解ではなく流れに乗せてその気にさせる"手口が、金融マンの顧客勧誘手口とシンクロするところが、本作の真髄。監督・共同脚本はコメディ「俺たち」シリーズのアダム・マッケイ。あのドライなギャグ感覚で金融界を撮るとこうなる。

  • 森 直人
    大傑作!――バブルの狂騒の裏と、「無知の知」のチェック漏れ。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    「やっかいなのは何も知らないことではない。実際は知らないのに知っていると思いこむことだ」というM・トウェインの有名な警句で始まる本作は(原作での引用はトルストイだ)、誰もが結果だけで知ったつもりになってる世界金融危機をバラエティ的手法で解きほぐす。猛烈な情報量。『俺たちニュースキャスター』のA・マッケイによる鮮やかな大仕事だ。

    マイケル・バーリ(C・ベール)以外は人名など脚色されているが、登場するのは「空気」ではなく「事実」を読んだ実在の賢者たち。邦副題には「華麗」とあるが、世界規模の崩壊に賭けた「憂鬱」な大逆転劇。我々凡夫は、自分がどの程度アホかを正確に知る事だけがサバイバルの道だと知る。

動画

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』予告編
クリスチャン・ベイル「役者になれてラッキー」『マネー・ショート 華麗なる大逆転』クリスチャン・ベイル&アダム・マッケイ監督

ポスター/チラシ

  • 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』ポスター
    ポスター
  • 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』ポスター
    ポスター
  • 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チラシ
    チラシ
  • 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本:
プロダクションデザイン: クレイトン・ハートリー

キャスト

マイケル・バーリ:
マーク・バウム:
ジャレド・ベネット:
ベン・リカート:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【マネー?ショート 華麗なる大逆転】株主必見!リーマンショックとは?を映画で解説! from 元ボクサーの一念発起 (2016年8月10日 17時2分)
    クリスチャン・ベール、ライアン・ゴズリング、スティーブ・カレル、ブラッド・ピットという豪華キャストが共演し、リーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人の男たちの実話を描いた社会派ドラマです! いそっそう612 どうも、いごっそう612です!空売りという制度をなくせば株はそんなに下がらないんじゃ・・ 【作品情報】 原題:THE BIG SHORT洋画:実話ドラマ製作年:2015年製作国:アメリカ日本公開:2016年3月4日レンタル開始:2016年7月6日上映時間&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』★リーマンショックの勝ち組(の1人:ブラッド・ピット) from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年4月13日 20時23分)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169100/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   お金のことは、信頼のおける専門家に、 よ~~く相談しないと、失敗します。 (>_<) (個人的には、欲でなく、情に引きずられて 大損したことがあります …orz )   リーマンショック... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 from ここなつ映画レビュー (2016年4月8日 22時30分)
    アメリカが、国民のみならず政府までその経済的な成長を疑う事なく経済発展の春を謳歌していた2005年、最も安定性が高いと言われていた不動産市場の崩壊を予測し、不動産債権で空売りを仕掛けて莫大な利益を得たアナリスト、金融マンの物語。確かに、誰も疑うことのなかった不動産債権の格付けのカラクリを見抜き、他から嘲笑われ罵られても自論を曲げずに成功したのは「大逆転」と言っていいし、痛快である。しかししかし、…引退した元トレーダーベン(ブラッド・ピット)が言うように、この成功を声高に喜んではいけない。何故ならば、この予測 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「マネー・ショート 華麗なる大逆転」 from 元・副会長のCinema Days (2016年3月20日 6時39分)
    (原題:The Big Short )こいつは面白い。かなり硬派な題材を扱っているにも関わらず、観ていてワクワクするようなエンタテインメント性を横溢させ、長めの上映時間も全く苦にならず、最後までスクリーンに対峙できる。今年度アメリカ映画を代表する快作だと思う。 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 邦題がアホすぎ「マネー・ショート」 from トレッドストーンblog (2016年3月19日 15時22分)
    原題は THE BIG SHORT リーマン・ショックを予期して儲けた人たちの実話に基づいた話で、題材としてもすごく面白い。 でも、エンタメとしての盛り上がりに欠けるのは、仕事や家を失った人が何百万人も出たことへの配慮なのか(?) そのあたりが惜しいなぁ。 味のある俳... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年2月29日の週の公開作品
  3. 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』