シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ヘイトフル・エイト
(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.
英題:
THE HATEFUL EIGHT
製作年:
2015年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年2月27日
上映時間:
配給:
ギャガ
製作会社:
Double Feature Films / FilmColony
カラ−/5.1ch

チェック:クエンティン・タランティーノが放つ、ウエスタン仕立てのミステリー。男女8人が閉じ込められた、雪嵐の山小屋で起きた殺人事件の意外な真相を映し出す。ベテランのサミュエル・L・ジャクソンをはじめ、『デス・プルーフ in グラインドハウス』などのカート・ラッセル、『ミセス・パーカー/ジャズエイジの華』などのジェニファー・ジェイソン・リーらが顔をそろえる。彼らが織り成すストーリー展開はもちろん、タランティーノ監督が仕掛ける謎と伏線が張り巡らされた物語にくぎ付け。

ストーリー:雪が降りしきる中で馬を失った賞金稼ぎマーキス(サミュエル・L・ジャクソン)は、同じ稼業であるジョン(カート・ラッセル)と彼が捕らえたデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)を乗せた駅馬車に同乗する。途中で保安官を名乗るクリス(ウォルトン・ゴギンズ)を拾った馬車は、猛吹雪から避難するためにミニーの紳士洋品店へ。メキシコ人の店番ボブ(デミアン・ビチル)や怪しげな絞首刑執行人オズワルド(ティム・ロス)などの存在にジョンが強い警戒心を抱く中で、事件が起こる。

ヘイトフル・エイト
(C) MMXV Visiona Romantica, Inc. All rights reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    一触即発の騙し合いと殺し合いを制するのは誰だ!?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     現在のハリウッド映画界で恐らく唯一、好きなことを好きなだけやっても許されてしまうタランティーノ監督の新作は、真冬のロッジに閉じ込められた8人の巧妙な騙し合いを描く密室ミステリー型西部劇だ。
     一見すると無駄話のように思える饒舌な会話の隅々に散りばめられた真実。誰もが本当の正体や目的を隠しながら、互いの腹を探っていく一触即発の緊張感。2時間40分を超える長尺を全く感じさせない面白さはタランティーノ映画の真骨頂だ。
     「殺しが静かにやってくる」を彷彿とさせる白銀の世界、イタリア映画音楽の巨匠モリコーネの起用など、マカロニ・ウエスタンへのオマージュが満載。容赦ないバイオレンスも健在です。

  • 相馬 学
    『レサボア・ドッグス』からの進化に唸る
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     タランティーノ作品の魅力をひと言で言い表すのは毎度毎度、難しいのだが、あえて本作を語るなら騙し合いの妙、ということになる。

     タランティーノらしい無駄話の多い会話は、どこに本音があるのかを巧みに多い隠し、“どんな真実が潜んでいるのか?”“誰が生き残るのか?”という興味を否応なしに引き付ける。

     そういう意味では『レザボア・ドッグス』の進化系とも言えるが、憧れのモリコーネを引きずり出したオリジナルスコアや70ミリサイズのビジュアルの美しさも映え、大人びた雰囲気も宿る。160分以上の長尺を飽きさせず、一気に見せ切る点は、まさに『レザボア~』からの進化。俳優陣のアンサンブルも素晴らしい。

  • くれい響
    タランティーノのドSっぷりが止まらない168分!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    さすがはタランティーノ。『ジャンゴ 繋がれざる者』に続く、西部劇にして『レザボア・ドッグス』的密室ミステリー。『遊星からの物体X』オマージュたっぷりな閉塞感のなか、たっぷり時間を使って、おなじみの会話劇が展開。『デス・プルーフ』以上に、ジラしまくった挙句、強引なトリック後に爆発する血祭り! お約束サミュエル・L・ジャクソンのお説教タイムへと続く。これまで以上にキュートな役をもらったゾーイ・ベルはもちろん、ある種『ブルックリン最終出口』オマージュといえるジェニファー・ジェイソン・リーにぶつけられる歪んだ愛。完全にドSなタランティーノからのドM信者へのプレゼントといえるだろう。

  • 山縣みどり
    いい意味でも悪い意味でもタランティーノ節炸裂
    ★★★★
    »読む«閉じる

    60年代の西部劇にオマージュを捧げ、70mmアナモルレンズで撮影し、音楽はエンリオ・モリコーネ。しかもバイオレンスや流れる血、伏線とはいえ果てしない無駄話やレイシスト&ミソジニストな言動、ダークなユーモアがいつも以上に盛り込まれていて、全編「俺の好きなもの」でこさえた映画なのは一目瞭然。密室ミステリーと銘打つだけあって、8人の“憎むべき”男女が吹雪で山小屋に閉じ込められてからの緊張感の盛り上げ方はスリリングだし、観客を何度も驚かせてくれるのはさすがタランティーノ。タラ組おなじみのキャストに混じって頑張ったウォルトン・ゴギンズは今後も要注目だ。そうそう、長尺すぎるので万人向きじゃないかも。

  • 平沢 薫
    騙りの醍醐味、語りの妙味
    ★★★★
    »読む«閉じる

     "騙り"の醍醐味。騙りとは、語ることであざむくこと、だますこと。もともとタランティーノ映画は、第1作から登場人物たちがしゃべりまくるのが身上だが、今回はその語りでストーリーを紡いでいく。吹雪の中山小屋にひとクセもふたクセもある人物たちを閉じ込めてしゃべらせまくり、語りの妙味もたっぷり味あわせてくれる。
     しかも、ジャンルは西部劇、音楽は名匠エンニオ・モリコーネ、画面サイズも映画のリズムも、伝統を継承するクラシカルな王道路線。なるほど、もともとフィクションというもの醍醐味は、昔から語り手による語り口の面白さにあったのではないか。そんなことを再確認させてくれる。

動画

映画『ヘイトフル・エイト』予告編
映画『ヘイトフル・エイト』チャニング・テイタム演じる謎キャラクター映像

ポスター/チラシ

  • 映画『ヘイトフル・エイト』ポスター
    ポスター
  • 映画『ヘイトフル・エイト』チラシ
    チラシ
  • 映画『ヘイトフル・エイト』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ヘイトフル・エイト』オリジナル“スライダー・ケース”
    オリジナル“スライダー・ケース”

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスティング: ヴィクトリア・トーマス
美術: 種田陽平

キャスト

マーキス・ウォーレン:
ジョン・ルース:
デイジー・ドメルグ:
クリス・マニックス:
オズワルド・モブレー:
ジョー・ゲージ:
サンディ・スミザーズ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ヘイトフル・エイト』の映画ニュース

  • 第59回グラミー賞のノミネーションが現地時間6日に発表され、レオナルド・ディカプリオ主演映画『レヴェナント:蘇えりし者』で音楽を手掛けた坂本龍一が最優秀スコア・サウ...ブ・スパイ』(トーマス・ニューマン)、『ヘイトフル・エイト』(エンニオ・モリコーネ)、『スター・ウ...
  • 映画『アラビアのロレンス』や『ラストエンペラー』などで知られる名優ピーター・オトゥールさんの遺作『ダイアモンド・カルテル(原題) / Diamond Cartel』が、2017年にア...った。 アクション映画である本作には、『ヘイトフル・エイト』などのマイケル・マドセン、『ラストエン...
  • リドリー・スコット監督が手掛ける『エイリアン』シリーズ最新作『エイリアン:コヴナント(原題)』のシンプルであるがゆえに恐怖が伝わってくるインパクト大なポスタービジ...『ウォッチメン』のビリー・クラダップ、『ヘイトフル・エイト』のデミアン・ビチルらが出演。また『プロ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【ヘイトフル・エイト】賛否両論のマニアな映画でしょ?これ・・ from 元ボクサーの一念発起 (2016年9月16日 17時2分)
    クエンティン・タランティーノのミステリー観たいでしょ? 雪嵐によって山の上のロッジに閉じ込められた、ワケありの男7人と1人の女が繰り広げる騒動のゆくえを描く、クエンティン・タランティーノ監督・脚本による長編第8作となる西部劇密室ミステリーです。 いそっそう612 どうも、いごっそう612です!かなりの味のある豪華キャストです! 【ヘイトフル・エイト:作品情報】 原題:THE HATEFUL EIGHT洋画:ミステリー製作年:2015年製作国:アメリカ日本公開:2016年2月27日レンタル開始:201&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ヘイトフル・エイト from 映画三昧、活字中毒 (2016年3月20日 23時9分)
    ■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ヘイトフル・エイト/THE HATEFUL EIGHT 2015年/アメリカ/168分 監督: クエンティン・タランティーノ 出演: サミュエル・L・ジャクソン/カート・ラッセル/ジェニファー・ジェイソン・リー/ウォルトン・ゴギンズ/デミアン・ビチル 公式サイト 公開: 2016年02月27日 南北戦争後のアメリカ。北部の元騎兵隊員で今は... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヘイトフル・エイト」 from ここなつ映画レビュー (2016年3月17日 12時51分)
    クエンティン・タランティーノは近々にもう一作繋がれる面々の作品を作って、「繋がれし」三部作展開をすればいいと思う。「ジャンゴー繋がれし者ー」でもそうだったのだが、上映時間の長さに観る前は鑑賞を躊躇したものの、観終わった後には上映時間の長さを全く感じなかった。168分だったのに。とはいえ、鑑賞中はちょっと見苦しかったりテイストに合わなかった部分も本作にはあった。最も「違う」と感じたのは、奪回譚が復讐譚に見えてしまう所だ。「密室サスペンス」ということで、ネタバレしては申し訳ないので、以下は鑑賞済みの方、及びネタ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヘイトフル・エイト」はミステリー映画? from エンターテイメント日誌 (2016年3月15日 16時50分)
    評価:A ネタバレあり!要注意。公式サイトはこちら。 映画秘宝でお馴染み、高橋ヨ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ヘイトフル・エイト」:好きな人は好きなんでしょうが・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2016年3月13日 23時59分)
    映画『ヘイトフル・エイト』は、タランティーノらしさたっぷりの西部劇。だけど、序盤 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 映画
  2. 2016年2月22日の週の公開作品
  3. 『ヘイトフル・エイト』