シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

火の山のマリア

火の山のマリア
(C) LA CASA DE PRODUCCION y TU VAS VOIR-2015
英題:
IXCANUL(VOLCANO)
製作年:
2015年
製作国:
グアテマラ/フランス
日本公開:
2016年2月13日
(岩波ホールほか)
上映時間:
提供:
GAGA / 新日本映画社
配給:
エスパース・ サロウ
カラー/シネマスコープ/DCP

チェック:グアテマラ出身のハイロ・ブスタマンテが長編デビューを飾り、アメリカ大陸の先住民族であるマヤ人にまなざしを向けた人間ドラマ。なかなか貧困から抜け出せない一家の娘である主人公と、彼女を取り巻く人々の姿をグアテマラの社会問題も交えて描く。幼いころ、ブスタマンテ監督が過ごしたマヤ文明が息づく土地で暮らす現地の人々を俳優として採用。土着の文化はもとより、現代社会が内包するさまざまな矛盾を浮き彫りにする物語に舌を巻く。

ストーリー:17歳のマヤ人マリア(マリア・メルセデス・コロイ)は、グアテマラの活火山のそばで農業に従事する父母と一緒に生活をしていた。困窮にあえぐ一家はその解決策として、地主イグナシオ(フスト・ロレンツォ)にマリアを嫁に出そうとする。だが、マリアの心はコーヒー農園で働くペペ(マーヴィン・コロイ)にあり、彼の子供を身ごもってしまう。

火の山のマリア
(C) LA CASA DE PRODUCCION y TU VAS VOIR-2015

映画短評

  • 森 直人
    パワフルな風土の熱さと苦さ
    ★★★★
    »読む«閉じる

    中米グアテマラの先住民が暮らす高地を舞台にした、マリアという乙女の懐妊をめぐるお話。市井の日常的リアリズムに神話的なフレームを当てはめる……これはまったく手垢の付いた作劇だが、本作の場合は力強く魅惑的だ。今回が長編デビューとなるブスタマンテ監督は土地と生命のエネルギーをまっすぐに伝えようとしている。

    「コーヒーと火山の匂い」という台詞が特に印象的だが、この言葉をアメリカへの過剰な幻想を背景に、両義的な意味合いで提示しているのは重要なポイントだろう。スペイン語ができないマヤ一家の困難が展開していくように、「伝統」と「現代」に引き裂かれた場所であることの苦味が本作のレベルを一段深くしている。

  • 平沢 薫
    グアテマラのマジックリアリズムに酔う
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     グアテマラ産のマジックリアリズム。カメラはドキュメンタリーのように火山のふもとで暮らす人々の毎日を映していくのだが、彼らの日常生活にはあたりまえに呪術が溶け込んでいるので、それだけでスクリーンから魔術が立ち上る。この世界だけが持っている、他の世界とは基準の異なる独自の美が出現する。身体を洗う、火の山に供え物をする、豚を殺して料理する、そうした日々の営みのひとつひとつ、それを形作る身体の動きのひとつひとつが、丁寧に映し出されていき、映画のリズムとなっていく。そのリズムが無意識の呼吸のようにゆったりしているので、90分という短い尺の映画なのに、たっぷりとした豊かな時間が流れる。

動画

映画『火の山のマリア』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『火の山のマリア』ポスター
    ポスター
  • 映画『火の山のマリア』チラシ
    チラシ
  • 映画『火の山のマリア』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・脚本・製作:
製作総指揮: イネス・ノフエンテス

キャスト

フアナ:
イグナシオ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『火の山のマリア』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【映画】 火の山のマリア from 別冊 社内報 (2016年5月22日 21時45分)
    グアテマラの映画自体が珍しく、楽しみにしておりました。ストーリーは、ありそうな話ですが、親の反応が意外な感じ。火山への接し方や祈りなど、先住民族独特で、そういう部分を見られるだけでも充分。■ シアターキノにて ...[外部サイトの続きを読む]
  • Ixcanul (火の山のマリア) from Cinema Review シネマ・レビュー (2016年3月3日 21時49分)
    Ixcanul (2015) ★★★☆☆ (Guatemala/France) 日本語タイトル: 火の山のマリア official site: http://hinoyama.espace-sarou.com/ Starring: Maria Mercedes Coroy(マリーア・メルセデス・コロイ), Maria Telon(マリーア・テロン), Manuel Manuel ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ショートレビュー「火の山のマリア・・・・・評価額1600円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年2月18日 21時56分)
    命が、胎動する大地。 メキシコの南にある中米の小国、グアテマラの火山地帯に広がる、先住民マヤ族の社会を舞台にしたハードなヒューマンドラマ。 監督のハイロ・ブスタマンテは幼少期をマヤの地で過ごし、ヨーロッパで映画制作を学んだグアテマラ人。 ほぼ映画産業が存在しない同国で、全くの素人を集めて映画制作のワークショップを開催しながら撮影にこぎつけたという労作である。 結果的にグアテマラ映... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年2月8日の週の公開作品
  3. 『火の山のマリア』