シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ルーム
(C) ElementPictures / RoomProductionsInc / ChannelFourTelevisionCorporation2015
英題:
ROOM
製作年:
2015年
製作国:
アイルランド/カナダ
日本公開:
2016年4月8日
(TOHOシネマズ 新宿ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
製作会社:
Element Pictures / No Trace Camping
カラー

チェック:エマ・ドナヒューの小説「部屋」を、『FRANK −フランク−』などのレニー・アブラハムソン監督が映画化。7年間も密室に監禁された女性が、そこで生まれ育った5歳の息子のため命懸けで脱出に挑み、長い間世間から隔絶されていた彼らが社会に適応していく過程を描く。主演は、『ショート・ターム』などのブリー・ラーソン。生まれて初めて外の世界に触れた息子の戸惑いを、子役のジェイコブ・トレンブレイがみずみずしく演じる。

ストーリー:施錠された狭い部屋に暮らす5歳の男の子ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)と、母親ジョイ(ブリー・ラーソン)。彼女はオールド・ニック(ショーン・ブリジャース)によって7年間も監禁されており、そこで生まれ育った息子にとっては、小さな部屋こそが世界の全てだった。ある日ジョイは、オールド・ニックとの言い争いをきっかけに、この密室しか知らないジャックに外の世界を教えるため、そして自身の奪われた人生を取り戻すため、部屋からの脱出を決心する。

ルーム
(C) ElementPictures / RoomProductionsInc / ChannelFourTelevisionCorporation2015

映画短評

  • ミルクマン斉藤
    世界認識の追体験が脱出劇と同等にサスペンスフル。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    前半は猟奇的状況をドキュメンタリ的に、後半は世間からの好奇の目に監視される社会的状況を定点観察的に描くが、ともに牢獄的状況からの脱出に至るという点で相似形にある。B.ラーソンが主演者として注目を浴びたけれど、むしろ息子役J.トレンブレイこそが本当の主役。なぜなら彼の目こそが「定点」であり、これが自らの意思において世界の広大さを認識し、そこに一歩を踏み出す決心をする“個”についての物語であることが明確になるからだ。監督L.アブラムソンとしても『FRANK』とほぼ同様のことがらを描きながら(ほんの)一歩踏み出した感がある。自らを育んだ“世界”の小ささを知ったうえで優しく贈る訣別の言葉は感動的。

  • なかざわひでゆき
    誘拐監禁の被害者を通じて人間や社会の明と暗を描く
    ★★★★
    »読む«閉じる

     小さな部屋で肩を寄せ合い暮らす仲睦まじい母親と息子。その微笑ましい光景は、しかしやがて悪夢の一部であることが分かる。母親は誘拐監禁事件の被害者、息子は犯人にレイプされて生まれた子なのだ。
     なかなか衝撃的な展開だが、しかし本当の見どころは彼らが保護されてからの後半だ。生まれて初めて知る外の世界に驚きつつも順応していく息子、世間の好奇の目に晒され心身を蝕まれていく母親。この対照的な道のりを辿る母子を通して、人間や社会の明と暗を描いていく。
     日本でも現実に起きている誘拐監禁事件。映画の題材としても決して目新しくはないが、しかしそれをある種の人間賛歌へと高めたという点で本作は画期的だと言えよう。

  • 清水 節
    セカイしか知らない無垢な魂は世界を受けとめることが出来るのか
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     母は暴力の恐怖に怯え、その部屋の中しか知らない少年は単調な繰り返しこそが日常だと思い込まされている。命懸けの脱出に溜飲を降ろす映画ではない。社会復帰したとき、真のドラマが始まる。彼らは世間からの好奇の眼で囲まれた“牢獄”で如何に生きるのか。
     善意に満ちた洗脳が解かれ、信じてきた「セカイ」が崩壊した少年は、全てをリセットして本当の「世界」を受け入れることができるのか。天才子役ジェイコブ・トレンブレイの迫真の演技と、レニー・アブラハムソン監督の慈愛の眼差しは、修復可能な無垢な魂の無限の可能性に希望を抱かせてくれる。

  • 相馬 学
    世界と向き合うための強靭なエンタテインメント
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     今年の米アカデミー賞作品賞ノミネート作品は力作ぞろいだったが、個人的にもっとも心にシミたのが本作。

     母と子の愛情物語のように始まるドラマは緊張をみなぎらせて進行し、そのトーンは終盤まで貫かれる。サスペンスフルな展開も見事だが、“個人対世界”というテーマの強靭さにも唸らされた。部屋という“世界”から、社会という“世界”へ。母子の数奇な運命に触れると、自分の世界との向き合い方について、つい考えてしまう。

     『FRANK フランク』で天才と凡人が、それぞれ世界と格闘するさまを鮮やかに描いてみせたレニー・アブラハムソン監督の才腕を再確認した。今後ますます目が離せない、私的巨匠に認定。

  • くれい響
    あまりに優しい監督の視線がやや問題
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『ショート・ターム』で明らかに「何者?」感を漂わせていたブリー・ラーソンだが、またも病んだ役柄で、一気にオスカー獲得までに昇りつめた。監禁モノというと『完全なる飼育』のように、犯人に対するストックホルム症候群が芽生えがちだが、ここにはそんなドラマは存在しない。いかに、7年間監禁された“部屋”から逃げ出すか? そこにサスペンスと同時に、強い親子愛が存在する。これが子役の名演とともに重要なポイントになっているが、やや過大評価されすぎの感もアリ。前作『FRANK』同様、レニー・アブラハムソン監督の視点があまりに優しすぎるのだ。それが原作とは異なる2人の開放後の展開に、顕著に現れているようにも思える。

  • 山縣みどり
    地獄にいた女性を救った母性愛が生み出す希望に感動
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    絶望的な状況で息子ジャックへの愛を糧に生きる主人公ジョイの強さに胸が締め付けられる。息子のために狭いルームを幸せな空間に変える努力をする彼女が彼の目がそれたときにフッと無表情になる瞬間の切なさたるや。拉致・監禁した男は憎いがレイプで誕生した息子は愛おしい、しかし彼は彼女の痛みの証でもあるわけで、千々に乱れるジョイの心のあやをブリー・ラーソンが確かな演技力で表現する。うまい! 
    そのブリーに負けてないのが新星ジェイコブ君。一気に拡大した世界に怯えつつも馴染む彼の柔軟さがジョイの身に起きた残酷な現実を超える希望を感じさせる。そう、これは絶望からのサバイバルと母子の愛&希望の物語なのだ。

  • 平沢 薫
    母と息子、2人の心の動きの双方を丁寧に描き出す
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ストーリーが巧み。監禁された母子が果たして脱出できるのかというサスペンスだけを描くならありがちだが、本作はそれに加えて、その出来事の後、彼らが少しずつ変化していくさまを丁寧に描いていく。
     そして、その細やかな心の動きを、母親のものだけではなく、母と息子、双方について、同じ比重で描く。それぞれの心が追う負担と抱く思いは同じではないが、その価値は年齢とは関係ない。この2つの心理の動きが、ストーリーを重層的にする。
     母親役のブリー・ラーソンは、子役との2人芝居のシーンがほとんどで、観客の注目が子役に集まりやすいところを、子役に負けない存在感を発揮している。

動画

映画『ルーム』予告編
親子が7年間部屋に閉じ込められる映画『ルーム』ブリー・ラーソン インタビュー
『ルーム』ブリー・ラーソン&ジェイコブ・トレンブレイインタビュー アカデミー賞も来日も冒険みたい!

ポスター/チラシ

  • 映画『ルーム』ポスター
    ポスター
  • 映画『ルーム』チラシ
    チラシ
  • 映画『ルーム』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ルーム』WALNUT描き下ろし「ルーム」特製 イラスト・メッセージカード8枚セット
    WALNUT描き下ろし「ルーム」特製 イラスト・メッセージカード8枚セット

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

脚本・原作: エマ・ドナヒュー
プロダクションデザイン: イーサン・トーマン
衣装デザイン: リア・カールソン

キャスト

ママ/ジョイ:
ばあば/ナンシー:
オールド・ニック:
じいじ/ロバート:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ルーム』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 部屋に閉じ込められた親子の愛!【映画レビュー】『ルーム』あらすじ&感想(ネタバレ無し) from 楽ブログ (2016年10月19日 22時39分)
    ジャック(ジェイコブ・トレンブレイ)は、ママ(ブリー・ラーソン)と二人きりで小さな部屋で生活していました。 毎日ママと一緒に体操や運動のような遊びをしたり卵の殻でヘビを作ったりして、彼はこの小さな世界で幸せを感じて暮らしていたのです。 彼にとっては、このたった一つだけの部屋が世界のすべてで、部屋の中の電気スタンドや椅子や戸棚が友達。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『ルーム』 映画@見取り八段 from 映画@見取り八段 (2016年5月12日 1時13分)
    監督: レニー・アブラハムソン キャスト: ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレン… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ルーム」 from ここなつ映画レビュー (2016年5月6日 16時40分)
    これは困った!私は誰の立場で観るのが一番相応しいのか?「ルーム」と呼ぶ唯一の閉鎖された世界に、忌まわしき犯罪の中監禁された母子の事がメインな訳だから、自分の属性としては思いっ切り、ジャックの母であるジョイ(ブリー・ラーソン)に感情移入して観るべきなのだろう。実際に7割方その思いで鑑賞していた。ジャックの目線で観る時にも、自分が育てた幼子の姿になぞらえて感情移入したと言っていいだろう。自分自身の遠い記憶の幼子時代よりも、むしろ。しかし、最も胸を突いたセリフは、ジョイの実母が発した「人生を壊されたのは自分だけだ ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「ルーム」これがアカデミー主演女優賞? from soramove (2016年5月1日 20時23分)
    映画「ルーム」★★★☆ ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンプレイ 出演 レニー・アブラハムソン 監督、 118分、2016年4月8日公開 2015,アリルランド、アメリカ、ギャガ (原題/原作:ELSA & FRED) <リンク:<a href="http://blog.with2.net/link.php?38257">人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 「『ショート・ターム』のブリー・ラーソンが主演を務め、 第88回アカデミー賞 主演女優 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ルーム from 映画三昧、活字中毒 (2016年4月30日 23時58分)
    ■ TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞ルーム/ROOM 2015年/アメリカ/118分 監督: レニー・アブラハムソン 出演: ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ/ジョーン・アレン/ショーン・ブリジャース/ウィリアム・H・メイシー 公式サイト 公開: 2016年04月08日 5歳のジャックは、部屋でママと2人で暮らしている。葉っぱはホンモノ。木はニセモノ。テレビの中の人たちは... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年4月4日の週の公開作品
  3. 『ルーム』