シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
グランドフィナーレ
(C) 2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4
英題:
YOUTH
製作年:
2015年
製作国:
イタリア/フランス/スイス/イギリス
日本公開:
2016年4月16日
(新宿バルト9、Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座ほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
後援:
イタリア大使館 / 在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本 / スイス大使館 / ブリティッシュ・カウンシル
カラー/シネマスコープ/5.1chデジタル

チェック:アルプスの高級ホテルで休暇を楽しむ老境の元作曲家と仲のいい映画監督が、それぞれに問題を抱えたホテルの客たちと繰り広げる交流を描く人間ドラマ。『グレート・ビューティー/追憶のローマ』などのパオロ・ソレンティーノが監督を務め、深い人間洞察に富んだ物語を紡ぐ。イギリスの名優マイケル・ケインを主演に、ベテランのハーヴェイ・カイテルとジェーン・フォンダ、『ナイロビの蜂』などのレイチェル・ワイズ、『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』などのポール・ダノらがキャストに名を連ねる。

ストーリー:80歳になり現役を退いたイギリス人作曲家フレッド(マイケル・ケイン)は、親友の映画監督ミック(ハーヴェイ・カイテル)と共にアルプスの高級ホテルで休暇を満喫していた。ある日、エリザベス女王の使者という男が彼を訪ね、フレッドの代表作を女王のために演奏してほしいと依頼する。ある理由からそれを断ったフレッドだったが、ホテルの滞在客との交流を通し心境に変化が起き……。

グランドフィナーレ
(C) 2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C -FILMS, FILM4

映画短評

  • くれい響
    45歳の大巨匠が描く、変化球の人生賛歌
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ラ・ブーム』の主題歌「愛のファンタジー(原題Reality)」に胸キュンするのでなく、泣かされる日が来るとは…。このあざとすぎる選曲も含め、やっぱり45歳なソレンティーノ監督が描く、変化球の人生賛歌。今回も大巨匠の貫録を感じさせるなか、どこかキャッチーである。セレブも集まるリゾートホテルの様子は、どこか『ケロッグ博士』のサナトリウムで、どこか『ロブスター』のホテル。つまりは、現実離れした空間であり、宿泊者たちは人間動物園状態。そこに、セルフパロディととれるジェーン・フォンダが登場すれば、ある意味ホラー映画のような緊張感が張りつめる。この緩急の巧さが監督のタダものじゃなさを物語っている。

  • なかざわひでゆき
    フェリーニ的な映像美に彩られた力強い人生賛歌
    ★★★★
    »読む«閉じる

     スイスでバカンスを過ごす引退した大物作曲家。英国王室からカムバックをオファーされた彼の、心に秘めた葛藤を描く。
     新作の準備が難航する老映画監督、キャリアの成功に疑問を抱くハリウッド俳優、肉体の衰えた往年の人気サッカー選手、そして復帰を頑なに拒む主人公。高級リゾートホテルを舞台にそれぞれのままならぬ人生が交差し、生きることの意味、目的、喜び、悲しみが複雑に絡み合っていく。穏やかでありながらも力強い人生賛歌だ。
     再びフェリーニ的な作風に挑んだソレンティーノ監督。ややスタイルに偏り気味ではあるものの、「魂のジュリエッタ」や「女の都」を彷彿とさせるシュールで幻想的な映像美が素晴らしい。

  • 山縣みどり
    フェリーニの遺伝子を持つ監督の芸術的な映像が圧巻
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    スイスのスパ・リゾートを舞台に老指揮者の再生を描く物語自体は単純。ただし彼を取り巻く人々との交流や会話から見えてくる人生模様は複雑かつユニークな設定が多く、「生きるって…」としみじみと考えさせてくれる。特にマイケル・ケインが演じる主人公が心の奥にしまい込んでいた苦悩は達観した態度とは裏腹に切なく、胸にぐっと迫ってくる。そして、さらなる見どころが登場人物の日常を彩る芸術的な映像美だ。毎夜、リゾート中庭で開催されるイベントやベネチアの水路を歩く主人公像など無意味に見えて、実は深い意味を持った映像はフェリーニ的で圧巻。やや作りすぎの感もあるが、それがP・ソレンティーノ監督の作家性なのだ。

  • 平沢 薫
    幻想的な映像で描かれる"老い"と"若さ"の物語
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     "老い"について、その対比としての"若さ"についての物語だが、普通の生活とはかけ離れた設定、幻想的な映像、魅惑的な音楽で語られるので、重くなりすぎない。アルプスの富裕層だけが集う高級ホテルで過ごす、すでに世界的文化人として評価されている老いた指揮者と老いた映画監督。2人がそれぞれ深い悩みを抱いていることが判明していくが、彼らは親友である相手にすら、その苦悩を語ったりはしない。
     すべてを音楽に捧げてきた指揮者は、散歩中の休憩で牧場の風景を眺めていて、ふとその場を満たしている風の音やカウベルの音に気づくと、思わず両手でその音楽を指揮してしまう。そのシーンが印象に残る。

動画

パオロ・ソレンティーノ×マイケル・ケイン!映画『グランドフィナーレ』予告編
ゴールデンウイークのオススメ映画はコレだ!GW映画ガイド2016

ポスター/チラシ

  • 映画『グランドフィナーレ』ポスター
    ポスター
  • 映画『グランドフィナーレ』チラシ
    チラシ
  • 映画『グランドフィナーレ』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『グランドフィナーレ』高級ホテルスリッパ
    高級ホテルスリッパ

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

フレッド・バリンジャー:
ミック・ボイル:
レナ・バリンジャー:
ジミー・トリー:
ブレンダ・モレル:
ヴァイオリニスト:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『グランドフィナーレ』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:グランドフィナーレ youth ところどころマジカルなシーンはあるのだが、どうも相性が良くないらしい? from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2016年9月6日 23時46分)
    前作「グレート・ビューティー 追憶のローマ」はぶっちゃけ、全く受け付けられなかった。 <評論家筋で高く評価する人が多く、公開日にさっそく。 <今年のベスト10入りもありかも?と期待しながら… <どうしても思い出してしまうのが、フェリーニ「甘い生活」 <だがこちらのソレンティーノ監督版では、残念ながらそこ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「グランドフィナーレ」:狙った映像に力がなくて・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2016年5月7日 23時43分)
    映画『グランドフィナーレ』は、映像が素敵。ただ、監督がいろいろと狙っていることは ...[外部サイトの続きを読む]
  • グランドフィナーレ / Youth from 勝手に映画評 (2016年5月1日 19時34分)
    年老いて引退していた作曲家で指揮者の老人が、親友とアルプスの高級リゾートで過ごしていた。そこへ、エリザベス女王の使者から「代表作を披露してほしい」と言う依頼がくるが・・・。 実はこのストーリーは、実際に起きた“著名なイタリア人指揮者が、女王からオーケス... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「グランドフィナーレ」 from 元・副会長のCinema Days (2016年4月22日 6時32分)
    (原題:YOUTH )ラストで響き渡る主題歌「シンプル・ソング」は素晴らしい。曲調はもちろん、ソプラノのスミ・ジョーとヴァイオリンのヴィクトリア・ムローヴァという一流プレーヤーを配した演奏陣のパフォーマンスは、まさに音楽の持つ力を底の底まで掘り下げ、鮮烈... ...[外部サイトの続きを読む]
  • グランドフィナーレ from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2016年4月17日 0時22分)
    Youth [Blu-ray] [Blu-ray]スイス・アルプスの高級リゾートホテル。80歳を迎え現役を引退した世界的な指揮者のフレッドは、ここで穏やかな隠居生活を送っている。ホテルには、フレッドの親 ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年4月11日の週の公開作品
  3. 『グランドフィナーレ』