シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
神様メール
(C) 2015 - Terra Incognita Films / Climax Films / Apres le deluge / Juliette Films Caviar / ORANGE STUDIO / VOO et Be tv / RTBF / Wallimage
英題:
THE BRAND NEW TESTAMENT
製作年:
2015年
製作国:
ベルギー/フランス/ルクセンブルグ
日本公開:
2016年5月27日
(TOHOシネマズ シャンテほか)
上映時間:
配給:
アスミック・エース
製作会社:
Terra Incognita Films / Climax Films / Apres Le Deluge
カラー

チェック:カンヌ国際映画祭やゴールデン・グローブ賞など、世界各国の映画祭、映画賞で称賛を浴びたコメディー。パソコンを駆使して世界を翻弄(ほんろう)する神と、そんな彼に愛想を尽かした娘が巻き起こす騒動を描く。メガホンを取るのは『ミスター・ノーバディ』などのジャコ・ヴァン・ドルマル。『チャップリンからの贈りもの』などのブノワ・ポールヴールド、名女優のカトリーヌ・ドヌーヴ、『エール!』などのフランソワ・ダミアンらが結集。奇想天外なアイデアと設定、予想もつかないストーリー展開に圧倒される。

ストーリー:ベルギーのブリュッセル。とあるアパートに家族と共に生活している神は、慈悲深いという人々が抱いているイメージとは真逆の嫌な人物であった。自分の部屋に置かれたパソコンを駆使して世界を管理しているが、いたずらに災害や事故を起こしては楽しんでいた。そんな父親に怒りを覚える10歳の娘エア(ピリ・グロワーヌ)は、家出を考える。立ち入りを禁じられている父親の部屋に忍び込んだ彼女は、全人類それぞれの死期を知らせるメールを送信して家を飛び出してしまうが……。

神様メール
(C) 2015 - Terra Incognita Films / Climax Films / Apres le deluge / Juliette Films Caviar / ORANGE STUDIO / VOO et Be tv / RTBF / Wallimage

映画短評

  • なかざわひでゆき
    抱腹絶倒&感動のシュールな傑作ファンタジー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     実は全知全能の神様はベルギーのアパートに住んでいて、パソコンをいじくっては人々の運命を勝手に弄び、妻や子供に暴力を振るう引きこもりのDVオヤジだった!という設定のもと、そんな父親に反旗を翻した幼い娘エアがささやかな“奇跡”を起こしていく。
     自由奔放な想像力と抜群のユーモアセンスで描かれる、シュールでチャーミングなおとぎ話。風刺の効いたブラックな視覚的ギャグを軽快なテンポで連打しつつ、初めて外の世界へ出た少女エアの冒険の旅を通じ、人間の可笑しさと哀しさ、愚かさと素晴らしさを温かな目で見つめる。
     まさに抱腹絶倒と感動の嵐。大女優カトリーヌ・ドヌーヴを含む役者陣のアンサンブル演技も実に楽しい。

  • 山縣みどり
    とにかくファンキーで楽しく、バチカンも許してくれるはず。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    神様がエゴマニアックなクソ野郎で、そんな父に絶望した娘エアが人間に余命宣告メールを送ったことから起こる奇跡の数々がとにかくファンキーで楽しい! 奇想天外な設定なのに一つ一つのエピソードに共感&納得でき、さらには「隣人を愛せよ」という教えもうさん臭く思えなくなった。エアちゃん、最高! 特に素晴らしいのが神様の妻の描き方。聖書でキリストが母親を“女”呼ばわりすることに長年憤っていたが、この映画を見て「どんなもんだい」って溜飲が下がりました。宗教を笑う!? といっても小バカにするのではなく、心の拠り所としての信仰の重要性に気づかせてくれるわけで、法王様もきっと許してくれるはず。

  • 平沢 薫
    イエスの10歳の妹がキュートな奇跡を振り撒く
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     もしもイエスに10歳の妹がいて、新しい聖書を書こうと人間世界にやってきたとしたらーーという設定で、彼女が出会う新たな使徒たちの、どこかオフビートで哀しく愛おしい物語が、絵本のように綴られていき、ずっと眺めていたい素敵なページがいくつも見つかる。ファンタジー仕様で、色調は甘く、触感は柔らかいが、描かれているものはスイートなだけではない、というのはこの監督の「トト・ザ・ヒーロー」の系譜。
     この頃の神さまと言えば、新旧多種多様な神が人間と同じ場所で暮らす現代アメリカを描く、ニール・ゲイマンの小説「アメリカン・ゴッズ」のTVミニシリーズ化作が来年米放送。その神々と比較するのも楽しそうだ。

  • くれい響
    『ミスター・ノーバディ』から5年、相変わらず狂ってます。
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『インセプション』よりブッ飛んでた『ミスター・ノーバディ』のジャコ・ヴァン・ドルマル監督最新作だけにキャッチーな邦題やキュートなヴィジュアルから察する、ほのぼのコメディを期待すると、あまりに壮大で深いテーマに圧倒される。とはいえ、前作ほど暴走してないので、ご安心あれ。『ありふれた事件』のブノワ・ポールヴールドがダメ神様という、絶妙なキャスティングもさることながら、『マックス、モン・アムール』のシャーロット・ランプリングと化すカトリーヌ・ドヌーヴらを相手に、もの怖じしない娘役のピリ・グロインがスゴい。「マーフィーの法則」的あるあるも悪くないが、『人生スイッチ』にも通じるブラックな笑いもいい。

動画

映画『神様メール』予告編
今週のHOT MOVIES 2016.5.28-29

ポスター/チラシ

  • 映画『神様メール』ポスター
    ポスター
  • 映画『神様メール』チラシ
    チラシ
  • 映画『神様メール』チラシ
    チラシ

スタッフ

ミキシング: ミシェル・シリング

キャスト

マルティーヌ:
フランソワ:
母(女神):
ジャン=クロード:
ウィリー:
ヴィクトール:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『神様メール』の映画ニュース

  • ブリュッセル在住の神様と、そんな彼に愛想を尽かした娘が繰り広げる騒動を描く新作映画『神様メール』で、名女優カトリーヌ・ドヌーヴと禁断の恋に落ちたゴリラがインタビ...督だった。(編集部・石神恵美子) 映画『神様メール』は5月27日よりTOHOシネマズ シャンテほか...
  • 映画『八日目』『ミスター・ノーバディ』などで知られるベルギーの名匠ジャコ・ヴァン・ドルマル監督が先月中旬、新作『神様メール』のプロモーションのために来日し、名女...していた。(編集部・石神恵美子) 映画『神様メール』は5月27日よりTOHOシネマズ シャンテほか...
  • 土日2日間(5月21日~22日)の全国映画動員ランキングが23日に興行通信社より発表され、公開5週目となった『ズートピア』(ディズニー)が3週連続で1位を獲得した。 同作の...『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』『神様メール』『手をつないでかえろうよ~シャングリラ...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 神様メール・・・・・評価額1700円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年6月3日 0時13分)
    いっそ世界をリセットしよう! いかにも曲者のジャコ・ヴァン・ドルマル監督らしい、一筋縄ではいかない作品だ。 どこかモンティパイソンを思わせるシュールでシニカル、それでいて詩的なファンタジー。 ?「神様ってひどい奴だよね」って、この死と破壊に満ちた世界に生きる者なら、誰もが一度は思ったことがあると思うが、本作はその通りに癇癪持ちでサディストの神を造形。? 虐げられた神の娘が反乱を起... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 神様メール/運命から、逃れなさい from 映画感想 * FRAGILE (2016年6月1日 22時41分)
    神様メールLe tout nouveau testament /監督:ジャコ・バン・ドルマル/2015年/ベルギー・フランス・ルクセンブルク合作 わたしたちにとって、世界はずっと、優しくなかった TOHOシネマズ新宿 スクリーン6 G-13で鑑賞。 あらすじ:余命宣告メール、送っちゃいました。 神様(ブノワ・ポールブールド)は横暴であった。娘であるエア(ピリ・グロワーヌ)はブチ切れて神様のパソコンをいじり、世界中の人達に余命宣告メールを送っちゃうのだった。 ※ネタバレはありません。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【映画】神様メール from 別冊 社内報 (2016年5月31日 16時55分)
    オランダ、グルジアときて本作はベルギー。いつもいつも米国や仏、独では飽きる。カット割は、「アメリ」っぽい。余命をお知らせするのは「イキガミ」。この世に来る手段は、さながらドラえもん。父親(神)の浅はかさがおもろい。■ 札幌劇場にて ...[外部サイトの続きを読む]
  • 神様メール/LE TOUT NOUVEAU TESTAMENT/THE BRAND NEW TESTAMENT from 我想一個人映画美的女人blog (2016年5月30日 23時36分)
    「トト・ザ・ヒーロー」「ミスター・ノーバディ」のベルギーのジャコ・ヴァン・ドルマル監督最新作は、 神様は退屈しのぎにパソコンで人々の人生を弄ぶ意地悪なオッサンだった。という奇想天外ファンタジー・コメディ。 ⬅️10歳の私、エア。 ママは... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 神様メール (2015) ★★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2016年5月29日 2時55分)
    神は実在する。ただし本物の神様はどうしようもないダメおやじ。ブリュッセルに住みパソコンを使って面白半分に災害や事故を引き起こし人間たちが苦しむのを見て楽しんでいる。父親の行いに腹を立てた娘が全人類に余命を知らせるメールを送って家出した。  おもしろかったし、なんかほほえましかった。  町の人がジャン・クロード・ヴァン・ダムを知っていて驚いたが、JCVDはベルギー出身。  昔聞いた話だけ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年5月23日の週の公開作品
  3. 『神様メール』