シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

公式サイト:http://Disney.jp/Alice-Time
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
(C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved
英題:
ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年7月1日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
視覚効果アニメーション:
ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス
カラー

チェック:「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をモチーフにした前作の続編で、アリスが時間の旅に出るファンタジーアドベンチャー。帰らぬ家族をひたすら待っているマッドハッターを助けるべく、アリスが時をさかのぼり奮闘する姿を活写。前作の監督ティム・バートンが製作を務め、『ザ・マペッツ』シリーズなどのジェームズ・ボビンがメガホンを取る。ミア・ワシコウスカやジョニー・デップなど前作のキャストが続投し、時間を司るタイムを、『ブルーノ』などのサシャ・バロン・コーエンが演じる。アリスをはじめチェシャ猫など人気キャラクターによる新しい物語に期待。

ストーリー:ワンダー号での3年に及ぶ船旅からロンドンに帰郷した後、青い蝶アブソレムにマッドハッター(ジョニー・デップ)のことを聞いたアリス(ミア・ワシコウスカ)。マッドハッターは、ワンダーランドで死んだ家族の帰りを待っていたのだ。ワンダーランドに着いたアリスは、白の女王(アン・ハサウェイ)たちから頼まれ、マッドハッターの家族をよみがえらせるべく、過去を変えようとする。時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)から時間をコントロールできる“クロノスフィア”を盗み、時間をさかのぼったアリスだったが……。

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
(C) 2016 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

映画短評

  • 平沢 薫
    色鮮やかなワンダーランドでタイムトラベル!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     色彩が鮮やか。前作のワンダーランドはブルーグレイがかった色調だったが、今回は暖色系で、柔らかい色にも濁りがなく華やか。ワンダーランドにはこの色調が似合う。
     そしてストーリーは、原作からは遠く離れて、前作以上にオリジナル。前作のアリスのその後を描きつつ、前作で描かれたワンダーランドのキャラたちの"過去"に遡って世界を変えようとするタイムトラベルもの、歴史改変ものにもなっている。その旅で、キャラたちの子供時代が見られるのも楽しい。
     監督は「ザ・マペッツ」「同2」のジェームズ・ボビン、プロダクションデザインは「ホビット」3部作のダン・ヘナに交代。懐かしくて新鮮なワンダーランドが再訪できる。

  • くれい響
    『ザ・マペッツ』監督作としてはモノ足りない!
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    前作から6年、しっかりキャリアを積んだこともあり、アリス役のミア・ワシコウスカが魅力的な女優に成長しているのが、“ちょいドッキリ”なオープニングから丸わかり。ハンプティ・ダンプティなどの新キャラが登場し、原題こそ「鏡の国のアリス」だが、チェスのルールを知ってる方が楽しい原作と異なり、タイムトラベル&パラドックスものに再構成した点はいい。だが、『ザ・マペッツ』シリーズのジェームズ・ボビン監督にしてはスラップスティックさに欠けており、彼と「アリ・G」のTVシリーズで組んだサシャ・バロン・コーエンのはっちゃけ具合もイマひとつ。とはいえ、しっかり前作ファンを喜ばす仕掛けは随所に用意してます。

  • なかざわひでゆき
    前作以上に軽いノリが好き嫌いの分かれ目かも
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ティム・バートン御大がプロデュースのみに専念した続編は、マッドハッターとその家族を再会させるべく、不思議の国へ舞い戻ったアリスが過去へと旅することとなる。
     1作目のフェミニズム的な要素はすっかり影を潜めているが、その代わり、昔の悲しいトラウマに囚われたマッドハッターを救うための冒険を通じ、過去ではなく未来へ目を向けて邁進することの大切さを学ぶアリスの成長が描かれていく。
     赤の女王と白の女王の不和と対立の原因が明かされるのも、ファンには興味深いところ。とはいえ、没個性なジェームズ・ボビン監督の演出はかなり薄っぺらく、サシャ・バロン・コーエンらの怪演も活かされていない。

動画

映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』予告編
映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』特報映像
『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』新キャラ本編映像
注目の女優ミア・ワシコウスカ、2度目の来日 映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ジャパンプレミア
今週のHOT MOVIES 2016.7.1-2
今週のMOVIEランキング 2016.7.9-10
今週のMOVIEランキング 2016.7.16-17
アラン・リックマンさん生前の姿…映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』特別映像

ポスター/チラシ

  • 映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ポスター
    ポスター

スタッフ

キャラクター原案: ルイス・キャロル
プロダクションデザイン: ダン・ヘナ
視覚効果スーパーバイザー: ケン・ラルストン / ジェイ・レッド

キャスト

マッドハッター:
白の女王:
ザニック:
(声の出演)
アブソレム:
チェシャ猫:
白うさぎ:
ベイヤード:
白の女王:
マッドハッター:
アリス:
赤の女王:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅】赤の女王の真実が明らかにΣ(゜Д゜) from 元ボクサーの一念発起 (2016年11月27日 16時37分)
    待望のアリス・イン・ワンダーランド2出ました! 「不思議の国のアリス」のその後を描き、大ヒットを記録した『アリス・イン・ワンダーランド』のファンタジーアドベンチャーシリーズ第2弾です。 前作の監督ティム・バートンが製作を務め、『ザ・マペッツ』シリーズなどのジェームズ・ボビンがメガホンを取ります。 いごっそう612 どうも、いごっそう612です!ファンタジーです。 【作品情報】   原題:ALICE THROUGH THE LOOKING GLASS洋画:ファンタジー・アドベンチャー製作年:&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画:「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」♪。 映画:「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」♪。 from ☆みぃみの日々徒然日記☆ (2016年8月10日 11時40分)
    平成28年8月10日(水)。 映画:「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」。 監督:ジェームズ・ボビン 製作:ティム・バートン / スザンヌ・トッド / ジェニファー・トッド / ジョー・ロス 脚本:リンダ・ウールヴァートン キャラクター原案:ルイス・キャ… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 洋画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」  世界観がすごくてストーリーがない from 珍竹鱗  映画とネットとモバイル機器の日々 (2016年8月8日 7時40分)
    映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」を観ました。 世界観がすごいですが、ストーリーがあってなきがごとし。 ざっくりとはわかっても、そこから先はビジュアル中心。 ディズニーらしいといえばそうなんですが、もっとじっくり味わいたかったです。 洋画「ア… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『アリス・イン・ワンダーランド / 時間の旅』 映画@見取り八段 from 映画@見取り八段 (2016年7月10日 5時32分)
    監督: ジェームズ・ボビン キャスト: ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ミア… ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅」:アリスの世界じゃないよね from 大江戸時夫の東京温度 (2016年7月4日 0時44分)
    映画『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』は、原題の“Alice throu ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年6月27日の週の公開作品
  3. 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』