シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
どなたでもご覧になれます

アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち

公式サイト:http://eichmann-show.jp/
アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち
(C) Feelgood Films 2014 Ltd.
英題:
THE EICHMANN SHOW
製作年:
2015年
製作国:
イギリス
日本公開:
2016年4月23日
(ヒューマントラストシネマ有楽町、 YEBISU GARDEN CINEMAほか)
上映時間:
配給:
ポニーキャニオン
製作会社:
Feelgood Films
カラー/ビスタサイズ

チェック:ナチス・ドイツの戦犯アドルフ・アイヒマンの裁判を通して世界中にホロコーストの実態を知らしめようと奮闘した、テレビマンたちの姿に迫る感動の人間ドラマ。実在の人物をベースに、若手プロデューサーと撮影監督がさまざまな困難を乗り越えて信念を貫く様子を描写する。テレビドラマ「SHERLOCK/シャーロック」シリーズのワトソン役などで知られるマーティン・フリーマンが主演。ナチスの大罪とホロコーストの真実を暴く男たちの気概に圧倒される。

ストーリー:1961年、ホロコーストに関与し、数多くのユダヤ人を強制収容所に送り込んだ元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンの裁判が行われることになった。テレビプロデューサーのミルトン・フルックマン(マーティン・フリーマン)と、撮影監督レオ・フルヴィッツ(アンソニー・ラパリア)はこのニュースに関心を持つ。彼らは裁判の模様を放映しようと意気込み……。

アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち
(C) Feelgood Films 2014 Ltd.

映画短評

  • 山縣みどり
    世紀の裁判を世界に放映したTVマンの心意気がしみる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    アドルフ・アイヒマンの裁判が世界37カ国にTV放映されたと本作を見て初めて知った。さまざまな意味で“世紀の裁判”となった裁判を映像に収めたTVマンそれぞれが掲げる信念や情熱、そしてホロコースト被害者の当時の状況に焦点を当てた構成が心に響いたが、特に心に残ったのは戦後イスラエルに移住したサバイバーたちが収容所体験を信じてもらえずに次第に口を閉じたという逸話。あまりにも凄惨すぎる事実を人間は真実と受け止められないのだ。しかし恐怖や過去と向き合うことを恐れてはいけないとも実感する。『ハンナ・アーレント』などで見知った題材だが、ドラマ仕立てで見やすいというプラス面もある。

  • 平沢 薫
    "記録映像の力"というものについての映画
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     二重の意味で、"記録映像の力"についての映画になっている。
     ドラマは、ナチスの戦犯アイヒマンの裁判をTV中継しようとする人々を描くもの。そして、その中心人物である主人公は「実物を映した映像には、真実が描き出されるはずだ」という信念を持っている。この主人公の強い思いはどのような形で結実するのか。それがこの物語の見どころの一つ。
     そして、もう一つの見どころは、この映画に登場する裁判シーンに、実際のこの裁判の中継映像が使われていること。観客はこの映画を見ることで、実際の中継映像が何を映し出したのかを、自分の目で直接、確かめることが出来るのだ。

  • なかざわひでゆき
    歴史の真実を伝えた人々の姿にテレビ報道のあり方を見る
    ★★★★
    »読む«閉じる

     世界中に衝撃を与えた’61年のナチ戦犯アイヒマン裁判。その模様をテレビ中継することに成功した人々の実話を描いた英国BBC作品だ。
     当時はユダヤ人ですら、多くが眉唾だと考えていたホロコーストの悪夢。イスラエル裁判所からの無理な注文、ナチス信奉者による卑劣な脅迫、経験不足の現地クルーや当時の原始的な機材の問題など、様々な困難に見舞われながら、歴史の真実を世界に伝えるという使命感に突き動かされ不可能を可能にした主人公たちの姿に感銘を受ける。
     テレビの力、報道の力、映像の力を改めて思い知らされる作品。視聴者からのクレームや社会の同調圧力にいとも簡単に屈してしまう、今のテレビ関係者にも見て欲しい。

動画

マーティン・フリーマン主演映画『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』予告編
映画『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』マーティン・フリーマンインタビュー映像

ポスター/チラシ

  • 映画『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』ポスター
    ポスター
  • 映画『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』チラシ
    チラシ
  • 映画『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロダクションデザイン: グレンヴィル・ホーナー
キャスティングディレクター: ジュリー・ハーケン
製作総指揮: フィリップ・クラーク

キャスト

ミルトン・フルックマン:
レオ・フルヴィッツ:
ミセス.ランドー:
エヴァ・フルックマン:
デイヴィッド・ランダー:
ヤコブ・ジョニロウィッツ:
アラン・ローゼンタール:
ロン・ハンツマン:
ロイ・セドウェル:
デイヴィッド・アラド:
ペリー・ロディッド:
ジュディ・ゴールド:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」:エンタテインメントの方には振りません from 大江戸時夫の東京温度 (2016年6月22日 23時17分)
    映画『アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち』は、ナチスの親衛隊将校アドルフ・ア ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち 」 from ここなつ映画レビュー (2016年6月6日 12時25分)
    マスコミ魂を描いた秀作。たまたまであるが、「スポットライトー世紀のスクープー」を観た次の鑑賞作品がこちらであった。どちらも真実を暴くドキュメンタリーの制作過程を追ったものであり、その制作過程で発信者がどのように仕事を行い、苦悩するかの様が描かれている。「スポットライト~」が新聞社のペンでの闘いであるならば、こちらは映像を通しての闘いである。だが、違いはその表現手法にあるだけではない。アイヒマンの裁判風景を中継で放映するチームの中に一人の演出家がおり、その彼が、単に実録として裁判を粛々と流すのではなく、そこに ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』 映画@見取り八段 from 映画@見取り八段 (2016年5月17日 1時48分)
    監督: ポール・アンドリュー・ウィリアムス キャスト: マーティン・フリーマン、… ...[外部サイトの続きを読む]
  • アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち / The Eichmann Show from 勝手に映画評 (2016年4月29日 19時4分)
    ナチス将校ルドルフ・アイヒマンを裁いた“アイヒマン裁判”。この裁判をテレビ中継することにより、ナチスの残虐非道な行為を白日の下に明らかにしようと働いたテレビマンたちの活躍を描く物語。 このアイヒマン裁判が白日の下に晒されるまでは、ナチスの強制収容所でのユ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年4月18日の週の公開作品
  3. 『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』