シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
LOVE【3D】
(C) 2015 LES CINEMAS DE LA ZONE . RECTANGLE PRODUCTIONS . WILD BUNCH . RT FEATURES . SCOPE PICTURES .
英題:
LOVE
製作年:
2015年
製作国:
フランス/ベルギー
日本公開:
2016年4月1日
(新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
配給:
コムストック・グループ
配給協力:
クロックワークス
VFX:
マック・ガフ・リーニュ
カラー/シネマスコープ

チェック:『アレックス』『エンター・ザ・ボイド』などの鬼才ギャスパー・ノエがメガホンを取り、恋人たちの狂おしいまでの愛を紡ぐラブストーリー。ある男女の出会いから別れに至る2年間の記憶を、性描写も交えて焼き付ける。大胆な役柄に挑戦したのはカール・グルスマン、アオミ・ムヨック、クララ・クリスタンら。カップルの親密な時間やセックスをのぞき見るような映像が見どころ。

ストーリー:年若い妻オミ(クララ・クリスタン)とベッドに横たわっていたマーフィー(カール・グルスマン)は、1月1日の早朝に電話の音で起こされる。メッセージを聞くと、かつての恋人エレクトラ(アオミ・ムヨック)の母親の切実な伝言が残っていた。彼女は音信が途絶えた娘の行方を心配しており……。

LOVE【3D】
(C) 2015 LES CINEMAS DE LA ZONE . RECTANGLE PRODUCTIONS . WILD BUNCH . RT FEATURES . SCOPE PICTURES .

映画短評

  • なかざわひでゆき
    反逆精神溢れる3Dアート・ポルノもボカシの餌食に…
    ★★★★
    »読む«閉じる

     激しくも情熱的な男女の恋愛を、その別れから出会いまでを遡るようにしながら3Dで描いていく。しかも、そのものズバリの本番セックス満載で。
     なにかと映像表現が保守的になりがちな昨今。かつてのポルノ・ブームがまるでウソのよう。でもみんなヤってるんでしょ!?ってな具合に生々しい性をスクリーンにぶちまける。セックスは普遍なる愛の営み。まさしくNO LOVE NO SEX。反逆児ギャスパー・ノエだからこその、大いなる愛の賛歌だ。
     とはいえ、悲しいがな日本ではこれでもかとばかりの修正入り。飛び出す射精シーンがボカシの向こうで泣いている。これじゃあまるで不発弾じゃねえか、と言わんばかりに。

  • 相馬 学
    性愛の記憶が激しいほど苛烈な、ダメ男の煉獄
    ★★★★
    »読む«閉じる

     前作『エンター・ザ・ボイド』の頃から“次は3Dでポルノを撮りたい”と明言していた奇才ギャスパー・ノエ。その言葉どおり、冒頭から激しい性描写が繰り出される。

     とはいえそこはノエ作品、フィジカルだけでなくメンタルもマッパ状態で、見る者の内面に鋭く切り込んでくる。全編を貫く主人公の男の独白によってあらわになるのは、終わった恋への強烈な未練。セックス描写が続くほど最初な感じた過激さは薄れ、彼の内なる熱情が際立ってくる。

     ぶっちゃけ、この主人公は身勝手で好人物とは言い難いが、過去から脱却できないそのダメっぷりの痛々しさが切なくも写る。ひたすら激しい愛と性の記憶、それは彼の煉獄でもあるのだ。

ポスター/チラシ

  • 映画『LOVE【3D】』ポスター
    ポスター

前売券特典

  • 映画『LOVE【3D】』“このやわらかさが2人をもっと近づける”SKYN(提供:不二ラテックス株式会社) 1個入+オリジナル・ポストカード(【キス・ヴァージョン】【バスタブ・ヴァージョン】いずれか1種)
    “このやわらかさが2人をもっと近づける”SKYN(提供:不二ラテックス株式会社) 1個入+オリジナル・ポストカード(【キス・ヴァージョン】【バスタブ・ヴァージョン】いずれか1種)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本・編集・製作:
メイク: オマイマ・S

キャスト

マーフィー:
エレクトラ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『LOVE【3D】』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
  1. 映画
  2. 2016年3月28日の週の公開作品
  3. 『LOVE【3D】』