シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
聖の青春
(C) 2016「聖の青春」製作委員会
製作年:
2016年
製作国:
日本
日本公開:
2016年11月19日
(丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか)
上映時間:
配給:
KADOKAWA
企画・制作:
グラスホッパー
制作プロダクション:
RIKIプロダクション
カラー

チェック:29歳の若さでこの世を去った天才棋士・村山聖の生涯をつづる大崎善生のノンフィクションを、松山ケンイチ主演で映画化。幼いころより患う難病と闘いながら将棋の道を突き進んだ村山の壮絶な人生を、羽生善治をはじめとする同世代の棋士との死闘や、彼を支える師匠や両親たちの愛を通して描く。『宇宙兄弟』などの森義隆がメガホンを取り、『マイ・バック・ページ』などの向井康介が脚本を担当。大幅な体重増量など徹底した役作りに挑んだ松山の熱演が光る。

ストーリー:幼少期から難病を患う村山聖は、入退院を繰り返す中で将棋と出会い、15歳で森信雄に師事する。10年後、名人になる夢をかなえるべく上京した聖(松山ケンイチ)は周囲に支えられながら将棋に全力を注ぎ、七段に昇段したころ、同世代で名人のタイトルを獲得した羽生善治に激しいライバル心を抱く。さらに将棋に没頭する聖だったが、がんが彼の体をむしばんでおり……。

聖の青春
(C) 2016「聖の青春」製作委員会

映画短評

  • 中山 治美
    粛々と、熱く…
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ルックスから村山聖に迫った松ケンの”デ・ニーロ・アプローチ”が話題。
    だが将棋バカで常識ナシ、だけど憎めない彼の魅力を際立たせる師匠の森、夢破れて将棋界を去る江川など周囲の人たちの存在なしには語れない。
    山下敦弘作品で腕を鳴らした向井康介の脚本によるもので、本作は優れた群像劇でもあるのだ。
    その代表が東出昌大演じる羽生善治。
    本来、将棋は動きもなく映像には不向きだ。
    だが2人の対戦シーンには緊張感と好敵手と向かい合う高揚感に溢れ、将棋盤の上で躍動している2人の心が見えるかのよう。
    卓球と将棋と対極にある勝負事なのに、映画『ピンポン』のペコVS.スマイルのラストシーンと重なって見えた。

  • なかざわひでゆき
    その執念と生きざまに勝負の世界の厳しさを知る
    ★★★★
    »読む«閉じる

     羽生善治の最大のライバルとされながら、29歳の若さで急逝した棋士・村山聖の半生を描く。これがまあ凄まじいのなんの。持病の治療よりも将棋が最優先。文字通り命を削って勝負に挑む様はまさに狂気の沙汰だが、しかし限りある人生を燃焼し尽くすその姿は清々しくもある。他人に情けなどかけないし、もちろん同情だって求めない。その執念と生きざまは勝負の世界の厳しさそのものだ。
     体重増量で役に挑んだ松山ケンイチの気迫もさることながら、もはや100%羽生名人にしか見えない東出昌大の徹底したなりきりぶりにも感嘆。将棋の知識などゼロに等しい筆者でもテンション上がる勝負シーンは、彼らの熱演に負うところが大きい。

  • くれい響
    “怪童”の圧倒的なキャラ力に魅了される
    ★★★★
    »読む«閉じる

    これだけへヴィな人生を描きながら、森義隆監督の泣かせに走らない演出はさすがであり、オタク気質だった村山聖のキャラ力も相まって、どこかキャッチーさも感じられる。「イタズラなKiss」をこよなく愛し、部屋はマンガとCDで足の踏み場なし。牛丼といえば吉野家、お好み焼は広島のみっちゃんというほど、食のこだわりも強い。そんな“怪童”に山田太郎に、Lと、今年キャラ祭りだった松ケンがデ・ニーロ・アプローチで憑依。完コピな羽生とのまったく噛み合わない名“ラブ”シーンなど、間違いなく今年の日本映画界における森田剛の好敵手に浮上。また、肝心の対局シーンは『ちはやふる』同様、ルールが分からなくても高まること必至だ。

  • 山縣みどり
    夭折が惜しまれる天才棋士の息吹きを感じる快作
    ★★★★
    »読む«閉じる

    将棋に関しては羽生善治とエッセイストとして大ファンの先崎学しか知らなかったけれど、いや、だからこそ村山聖という夭折した天才少年に魅せられた。病弱で普通の青春を送れなかった代わりに凡人には到達できない棋界の頂点を極めようと戦い続け、あと一歩のところで病に積まれてしまう。「頭が鈍る」と手術の麻酔さえ拒否する勝負師魂は冷静に考えればバカなのかもしれないが、村山の思考のなかでは正解なのである。破天荒というか、奇才というか、類い稀な情熱で多くの人々を魅了した村山が生き続けたらと思わずにはいられない。丁寧な役作りをした松山ケンイチはじめ役者陣はみな好演。勝負の世界の厳しさも伝わる快作だ。

動画

まるで別人!驚愕の増量を経た松山ケンイチの衝撃映像
秦基博の新曲「終わりのない空」が主題歌!『聖の青春』新予告
松山ケンイチ、レスリング吉田から祝福 映画『聖の青春』舞台あいさつ【第29回東京国際映画祭】
斎藤工&板谷由夏がイチオシの11月下旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!
松山ケンイチ、羽生善治三冠から将棋初段の免状 映画『聖の青春』初日舞台あいさつ

写真ギャラリー

(C) 2016「聖の青春」製作委員会

ポスター/チラシ

  • 映画『聖の青春』ポスター
    ポスター
  • 映画『聖の青春』チラシ
    チラシ
  • 映画『聖の青春』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『聖の青春』オリジナルクリアファイル~村山聖[さとし]魂の一手!
    オリジナルクリアファイル~村山聖[さとし]魂の一手!

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

原作: 大崎善生
監督:
脚本: 向井康介
主題歌: 秦基博

キャスト

村山聖:
羽生善治:
江川貢:
橘正一郎:
荒崎学:
村山伸一:
橋口陽二:
村山トミ子:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『聖の青春』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 聖の青春 from 勝手に映画評 (2016年11月26日 18時53分)
    羽生と同世代で、『東の羽生、西の村山』と並び称された天才棋士村山聖の短い一生を描いた作品。 不勉強ながら、村山聖の事はこの作品を目にするまで知りませんでした。もちろん、羽生善治の事は知っているんですが、彼と同世代にこんな凄いライバルがいたとは。野球では... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『聖の青春』 from よくばりアンテナ (2016年11月24日 20時52分)
    松山ケンイチが27キロも太って、実在の天才棋士・村山聖になりきった話題の作品。 東出昌大が羽生名人にそっくりって話題にもなってた。 ネフローゼを患って、子供の頃に入院中に覚えた将棋に、 29歳で早逝するまで情熱を傾けた村山聖の熱い物語。 もっと、健康に気を遣ってちゃんと生活してたらもう少し長く生きられたんじゃないのかしら( *´Д⊂ グスン… 病気を持ちながら... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『聖の青春』★松山さんで蘇った聖の将棋で燃えたぎった青春 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年11月23日 18時26分)
        作品について http://cinema.pia.co.jp/title/169751/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   松山ケンイチ さんのクセのあるキャラ(=聖:さとし)と 東出昌大 さんの羽生さんを見たときから、楽しみにしていました☆ (松山さん絶賛です!)   村山聖さんを知ったのは、新聞の... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「聖の青春」:恋愛映画のように・・・ from 大江戸時夫の東京温度 (2016年10月24日 23時29分)
    映画『聖(さとし)の青春』を試写会で観ました。思った以上のクォリティで、「なるほ ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年11月14日の週の公開作品
  3. 『聖の青春』