シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
X-MEN:アポカリプス
(C) 2016 MARVEL (C) 2016 Twentieth Century Fox
英題:
X-MEN:APOCALYPSE
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年8月11日
(TOHOシネマズ スカラ座ほか)
配給・提供:
20世紀フォックス映画
製作:
バッド・ハット・ハリー / キンバーグ・ジャンル / ハッチ・パーカー / ドナーズ・カンパニー
カラー

チェック:ヒットシリーズ『X-MEN』の第6弾にして完結編。数千年の眠りから目覚めて人類に新しい秩序をもたらそうとするミュータントのアポカリプスに、プロフェッサーXらX-MENが立ち向かっていく。監督は、シリーズ第1作、第2作、第5作も手掛けたブライアン・シンガー。『フィルス』などのジェームズ・マカヴォイを筆頭に、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザックと実力派スターが結集する。VFXを駆使した壮絶なバトル描写の数々に加えて、X-MEN結成をめぐるエピソードにも注目。

ストーリー:1983年。文明が誕生する前から神として君臨していた、ミュータントの始祖でもあるアポカリプス(オスカー・アイザック)が、突如として長い眠りから覚醒する。数千年ぶりに目にした人間とその文明が、誤った方向に進んでしまったと考えた彼は新しい秩序が必要だと判断。マグニートー(マイケル・ファスベンダー)など、4人のミュータントを率いる。彼の存在と考えを知ったプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)は、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)らと共にその行動の阻止に挑むが……。

X-MEN:アポカリプス
(C) 2016 MARVEL (C) 2016 Twentieth Century Fox

映画短評

  • なかざわひでゆき
    そこかしこから漂う'80年代テイストにニンマリ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     舞台が’80年代だからってことなのか、全体的に’80年代テイストが濃厚なシリーズ最新作。なにしろテンション高まる音楽スコアは、まるっきりヘンリー・マンシーニの「スペース・バンパイア」だし、アポカリプスのキャラ造形が「ザ・キープ」の怪人ソックリなのも、きっと気のせいじゃないはず(?)。それだけでもオジサンはニンマリですよ。
     異形なるものの孤独や哀しみをテーマにしたストーリーは変わり映えしないが、そのマンネリをキャラの魅力と特大なスケール感でしっかりカバー。「ゲーム・オブ・スローンズ」のソフィー・ターナーに「アメホラ」のエヴァン・ピータースと、テレビから飛び出した若手の活躍も嬉しい。

  • 相馬 学
    ミュータント成長の美しい環をなした(一応の)完結編
    ★★★★
    »読む«閉じる

     このシリーズ、スケールだけがどんどん大きくなっていく感もあるが、新三部作の完結編として足元を見失わないのはブライアン・シンガー監督の愛情が宿るからこそ。

     ミュータントが抱く疎外感はシンガーがシリーズで一貫して描いてきたこと。旧シリーズでおなじみのキャラの若き日を描いた本作では、その成長ぶりが旧三部作の第一作『X−MEN』へとつながる。エピソード4へと時を超えてつながった『スター・ウォーズ』エピソード3を連想させる美しさ。

     『ジェダイの復讐』を見たミュータントたちが“シリーズ3作目はサイテー!”と言っているのは、自虐ギャグか、シンガーが監督していない旧三部作3作目への皮肉か!?

  • くれい響
    原点回帰が感じられる完結編
    ★★★★
    »読む«閉じる

    ただでさえ、ややこしい設定で、交通整理がつかなかった前作『フューチャー&パスト』の面目躍如。過去(1980年代)に絞り、1作目のメインだったサイクロップス、ジーン・グレイ、ストームに焦点を当てるあたり、ブライアン・シンガー監督の原点回帰が感じられ、結果シリーズを観返したくなる仕上がりに。また、宿敵アポカリプス相手にチームプレイの醍醐味が味わえるほか、プロフェッサーXのハゲの謎やユーリズミックスの「SWEET DREAMS」をバックに、やりたい放題なクイックシルバーなど、見せ場は多い。ただ、シリーズ最長となる144分の尺は、ちと長いこともあり、やっぱり『ファースト・ジェネレーション』には及ばず。

  • 平沢 薫
    最古のミュータントが世界崩壊の交響曲を指揮する
    ★★★★
    »読む«閉じる

     ベートーベンの交響曲第7番第2楽章が鳴り響く中、世界が崩壊していく。世界最古のミュータント、アポカリプスが指揮する世界崩壊という壮大な交響曲に目と耳を委ね、たっぷり陶酔することができる。
     今回はおなじみのシリーズに、叙事詩的な壮大さをプラス。5000年前の古代エジプトから始まる物語の時間と空間が大きい。古代の人々に神と崇められたミュータント、アポカリプスの、自意識と超能力が大きい。この人物をオスカー・アイザックが史劇のように重厚に演じ、語る言葉も古代叙事詩の趣き。
     このシリーズのお約束、ミュータントたちの若い時代を見る楽しさも健在。タイ・シェリダンら若手俳優のキャスティングも見事。

  • 山縣みどり
    水戸黄門化するアメコミ映画、ただし特撮は超A級
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    アメコミ・ヒーロー映画なので、デジャヴュ感満載なのは否めない。さらにこのシリーズは時代を遡っているので、最強ミュータントが登場しても「プロフェッサーが殺られるぅ」なんてハラハラ感がないのが辛い。タイムパラドックスは起こせないからね。唯一の救いは、M・ファスベンダー演じるマグニートのさらなる苦悩が描かれることか。ルサンチマンとなるのも止むなしと深く同情する。といっても全体的には水戸黄門化が進んでいるので、ここは見応えたっぷりの特撮を楽しむべし。クイックシルバーの動きやアポカリプスが深化させるミュータントの変貌はもちろん、巨大ピラミッドの造形などすべてが超A級。

動画

映画『X-MEN:アポカリプス』予告編2
映画『X-MEN:アポカリプス』予告編
マツケン、声優で神になる 映画『X-MEN:アポカリプス』公開アフレコイベント"
映画『X-MEN:アポカリプス』特別映像
吉木りさ、セクシーコスプレで登場 映画『X-MEN:アポカリプス』スペシャル・プレミア
クイックシルバーの高速移動!『X-MEN:アポカリプス』メイキング映像
今週のHOT MOVIES 2016.8.11-13

写真ギャラリー

(C) 2016 MARVEL (C) 2016 Twentieth Century Fox

ポスター/チラシ

  • 映画『X-MEN:アポカリプス』ポスター
    ポスター
  • 映画『X-MEN:アポカリプス』ポスター
    ポスター

スタッフ

監督・ストーリー・製作:
脚本・ストーリー・製作: サイモン・キンバーグ
プロダクションデザイナー: グラント・メイジャー
VFXデザイナー: ジョン・ダイクストラ
コスチュームデザイナー: ルイーズ・ミンゲンバック

キャスト

チャールズ・エグザビア/プロフェッサーX:
エリック・レーンシャー/マグニートー:
レイブン/ミスティーク:
エン・サバー・ヌール/アポカリプス:
ハンク・マッコイ/ビースト:
モイラ・マクタガート:
スコット・サマーズ/サイクロップス:
ジーン・グレイ:
サイロック:
アレックス・サマーズ/ハボック:
カート・ワグナー/ナイトクローラ:
オロロ・モンロー/ストーム:
ピーター/クイックシルバー:
ウォーレン・ワーシントン III/エンジェル:
ウィリアム・ストライカー:
ジュビリー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『X-MEN:アポカリプス』の映画ニュース

  • オンライン投票で決まる2017年ピープルズ・チョイス・アワードのノミネーションが発表され、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』が映画部門で最多となる7つのノミ...ドプール』 『スーサイド・スクワッド』 『X-MEN:アポカリプス』 ■お気に入りのアクション映画男優 クリ...
  • ライアン・レイノルズ主演映画『デッドプール』の続編からティム・ミラー監督と作曲家トム・ホルケンボルフが降板することが発表されたばかりだが、米20世紀フォックスはシ...メンバーは、デッドプール、サイロック(『X-MEN:アポカリプス』ではオリヴィア・マンが演じた)、コロッ...
  • ギャレス・エドワーズ監督が手掛けたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編で、『X-MEN:アポカリプス』の原案を手掛けたマイケル・ドハティがメガホンを取ることになりそう...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「X-MEN:アポカリプス」 from 元・副会長のCinema Days (2016年9月10日 6時15分)
    (原題:X-MEN:APOCALYPSE)結局“プロフェッサーXがハゲている理由”を説明しているだけの映画だ(大笑)。それ以外は何もない、もう見事にスッカラカンの作品で、このシリーズに特に強い想い入れのある者を別にすれば、観る価値は微塵もないと断言できる。  198... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「X-MEN アポカリプス」 from ここなつ映画レビュー (2016年9月4日 14時53分)
    「もうこれ系(DC、MARVEL)はいいや」と言っていた舌の根も乾かぬうちに本作を熱い気持ちで鑑賞するのは如何なものか?と我ながら思うのだけれど、「X−MEN」シリーズは本当に楽しみにしているのだから、しょうがない。「これ系」では次回作も観たい!と心待ちにするのは「X−MEN」ぐらいだ。今回も強烈に楽しかったし、満足である。とはいえ、楽しかったし、満足だったそのほとんどが、ワタクシ的に前作「フューチャー&パスト」で一押しと断言したクイックシルバーの活躍によるものだったけれど。「SWEET DREEMS」の曲 ...[外部サイトの続きを読む]
  • X-MEN:アポカリプス from 映画三昧、活字中毒 (2016年8月29日 2時20分)
    ■ TOHOシネマズ 新宿にて鑑賞X-MEN:アポカリプス/X-MEN: APOCALYPSE 2016年/アメリカ/144分 監督: ブライアン・シンガー 出演: ジェームズ・マカヴォイ/マイケル・ファスベンダー/ジェニファー・ローレンス/オスカー・アイザック/ニコラス・ホルト 公式サイト 公開: 2016年08月11日 プロフェッサーXは“恵まれし子らの学園”で若いミュータン... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『X-MEN:アポカリプス』★エリックを思えばこの世に失望もするかも(―_―)!! from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年8月25日 16時17分)
      作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/168277/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   若い X-MEN シリーズの 3 作目です。 ・前前作→ コチラ ・前作→ コチラ   今回は、神のごときミュータント:アポカリプスが蘇って こんなはずじゃなかったと、 ベートーベンの交響曲... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『X-MEN:アポカリプス』の感想 黙示録と戦う不完全燃焼な映画 from 四十郎おっさんが綴る映画やアニメの感想まがい (2016年8月21日 22時33分)
    最後の敵は、神。今回ご紹介する映画:『X-MEN:アポカリプス』(X-MEN:APOCALYPSE)オススメ度:★★★☆☆(三ツ星)予告編動画 『X-MEN:アポカリプス』のあらすじ数千年前。強大な力を ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年8月8日の週の公開作品
  3. 『X-MEN:アポカリプス』