シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

シチズンフォー スノーデンの暴露

公式サイト:http://gaga.ne.jp/citizenfour
シチズンフォー スノーデンの暴露
(C) Praxis Films (C) Laura Poitras
英題:
CITIZENFOUR
製作年:
2014年
製作国:
アメリカ/ドイツ
日本公開:
2016年6月11日
(シアター・イメージフォーラムほか)
上映時間:
提供:
ギャガ / 松竹
配給:
ギャガ・プラス
製作会社:
Praxis Films / ParticipantMedia / HBO Documentary Films / Praxis Films Berlin
カラー/ビスタサイズ/5.1chデジタル

チェック:『トラフィック』などのスティーヴン・ソダーバーグが製作総指揮に名を連ねた、世界中を震撼(しんかん)させた「スノーデン事件」のてん末を描くドキュメンタリー。元CIAのエドワード・スノーデンが、国家による大規模で違法なプライバシー侵害を告発する姿に迫る。数々のドキュメンタリーを手掛けてきたローラ・ポイトラスが監督を務める。驚くべき証言の数々に言葉を失くす。

ストーリー:イラク戦争やグアンタナモに関するドキュメンタリー作品で脚光を浴びた映画監督ローラ・ポイトラスは、当局から監視や妨害を受けていた。2013年、彼女の元に“シチズンフォー”と称する人物から暗号化されたメールが届く。そこには国家安全保障局(NSA)による、アメリカ市民からの大規模な通信データ収集の実態についての驚がくの事実が記されていた。

シチズンフォー スノーデンの暴露
(C) Praxis Films (C) Laura Poitras

映画短評

  • 中山 治美
    日本公開までの時差が恨めしい
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     2014年製作で、米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞受賞が2015年。世間がざわついている同時期に見たら興奮倍増だっただろう。
     それでもスクープ現場の緊迫感は十分。そして計らずも、スノーデンが告発した国家による諜報活動の証拠を捉えてしまった。
     最初の記事に彼の名前はなかったものの、徐々に包囲網が張られ、恋人にまで危険が迫る。それだけの情報収集が瞬時に出来るのならば、なぜテロを未然に防げないか謎ではあるが。
     劇中、スノーデンは「個人に焦点を当てるべきではない」と語る。プライバシーの侵害、メディアへの圧力など国家権力の横暴はいずこも同じ。スノーデンの命がけの告発の真意を知るべし。

  • なかざわひでゆき
    歴史的な大事件を共犯者として目撃した画期的ドキュメンタリー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     かのスノーデン事件を題材にしたドキュメンタリーなのだが、特筆すべきは内部告発の行われる以前から取材が行われていたという事実。要するに、歴史的大事件の共犯者および目撃者として、その一部始終を現場でカメラに収めているのである。ある意味、本作自体が映画史における事件だ。
     内容的には既知の情報が大半だが、しかしリアルタイムだからこその緊張感、作り手の先が読めない疑心暗鬼が如実に伝わる点は、本作ならではの醍醐味だろう。
     また、自宅の盗聴や監視、外出時の尾行などは当たり前の旧ソ連で育った筆者にとって、本作の作り手や世間の反応が興味深くもある。冷戦時代から少なからず世界中で行われてきたはずだから。

動画

映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』ポスター
    ポスター
  • 映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』チラシ
    チラシ
  • 映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロデューサー: マチルダ・ボネフォイ
監督・撮影・プロデューサー:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シチズンフォー スノーデンの暴露』の映画ニュース

  • アメリカ国家による国民の監視の実態を内部告発し、世界を震撼させたエドワード・スノーデン氏が4日、亡命先のロシアからネット回線を使い、東京大学(本郷キャンパス)で行...賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』が公開される。彼が“...
  • アメリカ政府が国家安全保障局(NSA)を使い一般市民にスパイ行為を行っていると暴露し、「スノーデン事件」として全世界を揺るがせた、CIAの元職員エドワード・スノーデン...氏の姿を追ったドキュメンタリー映画『シチズンフォー スノーデンの暴露』(6月公開)から予告...

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ショートレビュー「シチズンフォー スノーデンの暴露・・・・・評価額1700円」 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2016年6月18日 20時39分)
    誰もが監視されている。 アメリカの情報機関による全世界的な情報収集活動を暴露した、エドワード・スノーデン事件の顛末のビハインド・ザ・シーン。 2014年度のアカデミー長編ドキュメンタリー賞に輝いた作品だ。 実際の暴露が行われる前からスノーデンに接触していたドキュメンタリー作家のローラ・ポイトラスが、香港での8日間に渡るインタビューを中心にその後も含め構成している。 作中でもCNN... ...[外部サイトの続きを読む]
  • シチズンフォー スノーデンの暴露 from 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評 (2016年6月13日 0時20分)
    Citizenfour [DVD] [Import] [DVD]イラク戦争やグアンタナモ収容所に関するドキュメンタリー作品で知られる映画監督ローラ・ポイトラスのもとに、2013年初め、シチズンフォーというコードネー ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年6月6日の週の公開作品
  3. 『シチズンフォー スノーデンの暴露』