シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

シアター・プノンペン

公式サイト:http://www.t-phnompenh.com
シアター・プノンペン
(C) 2014 HANUMAN CO. LTD
英題:
THE LAST REEL
製作年:
2014年
製作国:
カンボジア
日本公開:
2016年7月2日
(岩波ホール)
上映時間:
配給:
パンドラ
製作:
A Hanuman Films Production
カラー

チェック:ポル・ポトによる独裁政権時代をくぐり抜けた1本の恋愛映画をめぐり、現代の女子大生がカンボジアの過酷な1970年代を生きた家族の真実に向き合う姿を描くドラマ。若かりし母親が女優として出演した映画を観たことをきっかけに、ヒロインが家族にも知らされていなかった両親の秘密や、カンボジアの歴史に触れていくさまをつづる。監督は、『トゥームレイダー』などに携ったソト・クォーリーカー。主演は、同国の女優であるマー・リネット。登場人物のさまざまな思いがせめぎ合う様子に心が揺さぶられる。

ストーリー:カンボジアで生活している女子大生のソポン(マー・リネット)は、ある日、偶然入った古い映画館で、母(ディ・サヴェット)が若いころに主演を務めた映画を目にする。その作品はクメール・ルージュが圧政を敷いた前年に作られ、公開されなかった上にラストシーンが失われていた。一方、ソポンの姿に映画館の主人のベチア(ソク・ソトゥン)は、愛した人を思い出していた。

シアター・プノンペン
(C) 2014 HANUMAN CO. LTD

動画

ある映画を観たら、母親が出演していた!映画『シアター・プノンペン』予告編

ポスター/チラシ

  • 映画『シアター・プノンペン』ポスター
    ポスター
  • 映画『シアター・プノンペン』チラシ
    チラシ
  • 映画『シアター・プノンペン』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督・プロデューサー:
脚本・プロデューサー: イアン・マスターズ
プロデューサー: マレー・ポープ
音響デザイナー: ブローク・トレザイス

キャスト

ソポン:
ベチア:
スレイモン:
ベスナ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『シアター・プノンペン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画:シアター・ブノンペン The Last Reel カンボジア女性監督の初作品は 歴史を冷徹に描く点で 刺さる from 日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~ (2016年7月2日 3時49分)
    去年の東京国際映画祭で評価された カンボジアの女性監督の作品。 今年のプレイベントとして上映があったので、チェック。 日本では来年の夏、岩波ホールで上映されるということで、感想はそれまで封印しようかと思っていた。 それが観賞後、妙に印象が強く残り、今年の極私的ベストテンにもからんでしまいそうだという判断。 それは何故か。 映画ファンのツボに、あまりに入リ過ぎる企画内容なのだ... 主人公女子大生ソポンは、あるきっかけで映画館で目にした昔の映画で、若き日の母が女優だったと知る。 それは、ポル・. ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年6月27日の週の公開作品
  3. 『シアター・プノンペン』