シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ロスト・バケーション
英題:
THE SHALLOWS
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2016年7月23日
上映時間:
配給:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
提供:
コロンビア・ピクチャーズ
製作会社:
ワイマラナラー・リパブリック・ピクチャーズ / オムブラ・フィルムズ
カラー

チェック:サーフィン中に負傷し満潮時には海に沈む岩場に取り残されたヒロインが、危険な人食いサメに狙われるパニックサスペンス。サメの恐怖や、時間とともに上昇する海面という悪夢のような状況で繰り広げられる決死のサバイバルを、『ラン・オールナイト』などのジャウマ・コレット=セラ監督が緊張感たっぷりに活写する。周りに誰もいない海で絶体絶命の窮地に陥ったヒロインを、ファッションアイコンとしても注目を浴びているブレイク・ライヴリーが熱演。

ストーリー:休暇で秘境のビーチに来た医者のナンシー(ブレイク・ライヴリー)は、サーフィンを楽しんでいた最中に脚を負傷する。何とか近くの岩場にたどり着いたものの、ナンシーの存在に気が付いたサメが周囲を旋回していた。海岸までおよそ200メートルだが、その岩場が満潮で海面下に沈むまであと100分。危機的な状況に追い込まれたナンシーは……。

ロスト・バケーション

映画短評

  • くれい響
    夏休み大作で食傷気味になったときの、この一本!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    産後とは思えないブレイク・ライブリーのボディも映えまくる美しいビーチに対して、それなりにリアルなグロ描写で味付け。いささか強引ながら、しっかりハデなクライマックスまで引っ張る、ジャウマ・コレット=セラ監督の職人技も光りまくる。さらには、“母なる海”を舞台に、自信を喪失していたヒロインと翼を負傷したカモメがリンクさせるなど、“ザ・浅瀬”というシンプルな原題&設定から予想させるサメ・パニック映画というより、“海版『ゼロ・グラ』”といえるサバイバル・ドラマに落とし込んだ意外性もポイント高し。しかも、『ゼロ・グラ』同様、約90分にまとめあげたこともあり、全米でスマッシュヒット中なのも十分に納得できる。

  • 相馬 学
    サメ映画の新次元を切り開く極小限定空間カリラー
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     『ジョーズ』に始まったサメ映画の主流はモブ・パニックを基調にしているが、その点本作はソリッド。一匹のサメとひとりのビキニ美女の対決という、シンプルかつ無駄のない構造でグイグイ引き込む。

     負傷して小さな岩場に取り残されたヒロインがサメと対峙。孤立無援、流血、満潮等の逸話がスリルを盛り立て、俯瞰ショットの効果的な挿入が緊迫感をあおる。スリラーの分野で快作を連発するジャウマ・コレット=セラの引き締まった演出は絶妙。ヒロイン、ブレイク・ライブリーの眩い水着姿も目を引かずにおかない。

     岩場でのサバイバルはサメ映画というより『127時間』等の極小限定空間映画に近い。濃密な緊張が漂う90分。快作!

  • 山縣みどり
    美女VS鮫、この響きだけで見ずにいられない
    ★★★★
    »読む«閉じる

    『ジョーズ』がトラウマなので鮫映画は苦手だが、バカっぽい『シャークネード』系は大好物。美女VS鮫と聞くだけで、見ずにはいられない! 鮫に襲撃される美女をブレイク・ライブリーが演じる時点で結果は見えているけれど、その過程は思う存分に楽しめる。ノー天気なサーファーや欲を優先させた酔っぱらいが餌食となり、「次は私?」というサスペンスフルな状況に持っていくテンポのいい演出に中だるみは一切無し。さすがジャウマ・コレット・セラ監督! そして物語をほぼひとりで牽引したブレイクの熱演に拍手。本当に体張ってる感じ満載。ヒロインが医学生という設定も効果的で、彼女が駆使するさまざまな機知はいざという時に役立つかも。

  • 平沢 薫
    ある意味、海岸版「ゼロ・グラビティ」
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     モンスター・パニック映画でありつつ、海岸版「ゼロ・グラビティ」でもある。主演のブレイク・ライヴリーは、TV「ゴシップガール」「野蛮なやつら/SAVAGES」「アデライン、100年目の恋」、ウディ・アレン監督作と、順調にキャリアを積んでいる中、なぜモンスター映画に?と思ったら、それだけの映画ではなかった。全編を通して、ほぼヒロインの一人芝居。母の死に傷つき進路に悩む女子学生が、ただ一人、サメのいる海を岸辺に辿り着こうとする。そのために知力と体力、気力を総動員する。その過程で、意識が少しずつ変化していく。「ゼロ・グラビティ」同様、そんな極限状況下のひとりの人間の行動と心理が丹念に描かれている。

動画

岩場に取り残され、周囲にはサメが…どうする!?映画『ロスト・バケーション』予告編(30秒版)
今週のHOT MOVIES 2016.7.22-24
ブレイク・ライヴリーが語る!『ロスト・バケーション』特典映像

写真ギャラリー

ポスター/チラシ

  • 映画『ロスト・バケーション』ポスター
    ポスター
  • 映画『ロスト・バケーション』チラシ
    チラシ
  • 映画『ロスト・バケーション』チラシ
    チラシ

スタッフ

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ロスト・バケーション』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 【ロスト・バケーション】現代版ジョーズ!リアルに怖い|゜Д゜))) from 元ボクサーの一念発起 (2016年11月26日 21時51分)
    サメがすぐそこにいます・・岸まで泳げます? テレビシリーズ「ゴシップガール」のブレイク・ライブリーが周囲に誰もいない秘境の島で突然、人喰いサメにと対峙するサーファーを演じるサバイバル・サスペンスです。 いごっそう612 どうも、いごっそう612です!いや~マジでサメです。 【作品情報】 原題:THE SHALLOWS洋画:サバイバル・サスペンス製作年:2016年製作国:アメリカ日本公開:2016年7月23日レンタル開始:2016年11月23日上映時間:90分公式サイト あらすじ 休暇で秘境のビーチに&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • ロスト・バケーション/THE SHALLOWS from 我想一個人映画美的女人blog (2016年8月24日 0時17分)
    満ち潮と共に海面に沈んでいく岩場。助けてくれる人すら来ない、秘境のビーチ。 腹をすかして回遊し続ける人喰いサメ。極限状態の中、果たして生き延びられるのか サメ映画に”ほぼ”ハズレなし(または、だいたいつまらなくはない。) 監督は「フライト・ゲーム」「ラン・オールナイト」でリーアム・ニーソンを本格アクションスターに仕立てた ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ロスト・バケーション from 映画三昧、活字中毒 (2016年8月6日 20時2分)
    ■ ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞ロスト・バケーション/THE SHALLOWS 2016年/アメリカ/86分 監督: ジャウマ・コレット=セラ 出演: ブレイク・ライヴリー/オスカー・ジャネーダ 公式サイト 公開: 2016年07月23日 医学生のナンシー・アダムスは、母親を救えなかったことが痛手となって、医者になる意味を見いだせず、学校を休学してメキシコにある母親の思い出の... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ロスト・バケーション」:サメこわー。 from 大江戸時夫の東京温度 (2016年8月3日 22時54分)
    映画『ロスト・バケーション』は、数あるサメ映画の中でも『ジョーズ』に迫るほどの怖 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画『ロスト・バケーション』★浅瀬がポイントのサバイバル!美女vs鮫 from **☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆** (2016年7月30日 18時57分)
      作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/170325/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。   原題: THE SHALLOWS 主演:ブレイク・ライヴリー ☆   海に一人取り残された美女が、鮫に襲われそう! (>_<) ―― と言うことで 襲われる恐怖とサバイバルが見どころの1つ☆ &nbsp... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年7月18日の週の公開作品
  3. 『ロスト・バケーション』