シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ラサへの歩き方~祈りの2400km

公式サイト:http://www.moviola.jp/lhasa/
ラサへの歩き方~祈りの2400km
英題:
PATHS OF THE SOUL
製作年:
2015年
製作国:
中国
日本公開:
2016年7月23日
(シアター・イメージフォーラムほか)
上映時間:
配給:
ムヴィオラ
制作:
和力辰光傳媒有限公司
カラー/DCP/16:9/ドルビー5.1

チェック:チベットの村からチベット仏教の聖地であるラサとカイラス山を目指し、五体投地という礼拝法を行いながら1年かけて旅をする様子を描いたロードムービー。合掌、両手・両膝・額を地面に付け、うつぶせになった後に立ち上がるという動作でひたすら進み続ける11人の姿を映す。メガホンを取るのは、『こころの湯』『胡同(フートン)のひまわり』などのチャン・ヤン。一般の村人が自身の役を演じる。チベットの人たちの信仰心や、シンプルな生き方が胸を打つ。

ストーリー:チベット東部のカム地方。父親を亡くしたニマは、父の弟ヤンペルの死ぬ前にチベット仏教の聖地へ行きたいという願いをかなえるため、ラサと聖山カイラスへ巡礼に行くことを決める。同行したいと願い出てきた村人らも合わせて11人が村を出発し、五体投地をしながらラサへ向かう。途中、妊婦のツェリンの出産や、ジグメが落石で脚をけがするなどの出来事もあったが、そのたびに助け合いながら聖地を目指す。

ラサへの歩き方~祈りの2400km

映画短評

  • くれい響
    聖地巡礼の旅を通じて描く人生賛歌
    ★★★★
    »読む«閉じる

    中国第6世代の中でも、誰もが笑って泣ける人間ドラマを得意とするチャン・ヤン監督だが、これまでになく実験的な作風と政府へのメッセージ性を持つ本作で、一気に突き抜けた。とにかく全身を使い、祈りながら前に進む“五体投地”の光景が衝撃的。聖地巡礼と聞き、お遍路やご当地アニメが浮かぶ我々には苦行にしか見えないかもしれないが、劇中で自身を演じる巡礼者は、事故に遭えばムチャしないし、金欠になれば働くだけ。そのマイペースさは、忘れかけた本来の人間の在り方を思い出させてくれる。しかも、1年の旅で、新たな命が誕生し、少女は成長、青年は恋し、老人はこの世を去る。恐ろしいほどに、人生が凝縮された一篇でもある。

  • 中山 治美
    巡礼中に出産!死! コレ、まさに人生
    ★★★★
    »読む«閉じる

    まず旅の壮大さに圧倒される。
    子供から妊婦、老人までもが揃ってテント暮らしをしつつ、約1年間かけてひたすら歩く。
    額にコブが出来てしまうという”五体投地”は鍛錬であり、おまけに事故や出産に死にも遭遇し、人生そのものを短期間で体感。
    煩悩まみれで生きている人間は、こうして定期的に苦行をしないと浄化できないのだろう。
    本作は実際に現地に住む人たちを起用し、彼らの人生を役柄に投影させたドキュドラマだ。
    チャン・ヤン監督は『胡同のひまわり』などで知られるが、良作だがあざとさが見え隠れしていたのも事実。
    しかし今回は、大自然や出演者に委ねた。
    巡礼で誰よりも心がシンプルになったのは、監督かもしれない。

  • なかざわひでゆき
    溜息が漏れるほど美しいチベット版「木靴の樹」
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     五体投地の徒歩で聖地巡礼へ向かうチベットの村人たちの姿を、四季折々の大自然を背景に映し出していく。出演するのは本物のチベットの村人たち。監督は大まかなプロットだけを設定し、あとは自分自身を演じる村人たちが自分の言葉でセリフを喋る。エルマンノ・オルミの「木靴の樹」と似たような手法で撮られたセミドキュメンタリーだ。
     思わず溜息が漏れるほどに美しく幻想的な映像、自給自足の素朴で穏やかなチベット人の暮らし、そして自分よりも他者の幸せを祈り、全ての生き物の命を尊ぶ彼らの価値観。そんな村人たちの過酷な旅を慈しむように見つめる監督の眼差しは限りなく優しい。まさに心を洗われるような傑作だ。

動画

映画『ラサへの歩き方~祈りの2400km』予告編

写真ギャラリー

ポスター/チラシ

  • 映画『ラサへの歩き方~祈りの2400km』ポスター
    ポスター
  • 映画『ラサへの歩き方~祈りの2400km』チラシ
    チラシ
  • 映画『ラサへの歩き方~祈りの2400km』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『ラサへの歩き方~祈りの2400km』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「ラサへの歩き方ー祈りの2400km」 from ここなつ映画レビュー (2016年8月2日 10時57分)
    聖地ラサへと、五体投地(ごたいとうち)をしながら歩き続ける11人の村人たちの巡礼の旅。父の死をきっかけに、面倒を見てくれた叔父が人生に後悔のないように、聖地ラサへ、そして更に聖山カイラス山へと共に巡礼の旅に出ることを決意した男がいた。男が旅の提案をすると、親戚その他のマルカムの村人たちも、ラサへの巡礼を行いたいと名乗りを上げて、結局子供や妊婦も含めた総勢11人の旅路となる。五体投地とは、文字通り、両手・両膝・額の五体を地に付けて最上級の祈りを捧げること。これをしながら歩き続ける旅路は、体力を消耗する上なかな ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年7月18日の週の公開作品
  3. 『ラサへの歩き方~祈りの2400km』