シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
コロニア
(C) 2015 MAJESTIC FILMPRODUKTION GMBH / IRIS PRODUCTIONS S.A. / RAT PACK FILMPRODUKTION GMBH / REZO PRODUCTIONS S.A.R.L. / FRED FILMS COLONIA LTD.
英題:
COLONIA
製作年:
2015年
製作国:
ドイツ/ルクセンブルク/フランス
日本公開:
2016年9月17日
(ヒューマントラストシネマ渋谷、角川シネマ新宿ほか)
上映時間:
提供・配給:
日活
配給:
REGENTS
協力:
松竹
製作会社:
Majestic Filmproduktion GmbH
シネマスコープ/5.1ch

チェック:『ハリー・ポッター』シリーズなどで知られるエマ・ワトソンが主演を務め、恋人を救い出すために危険な賭けに出るヒロインの活躍を描くサバイバルドラマ。南米チリを舞台に、慈善団体とは名ばかりの難攻不落の施設から脱出を試みる男女の姿に迫る。相手役は『ラッシュ/プライドと友情』などのダニエル・ブリュール。史実を基に語られる、歴史の暗部に焦点を絞った衝撃の物語に戦慄(せんりつ)する。

ストーリー:1973年9月11日、キャビンアテンダントのレナ(エマ・ワトソン)は、仕事でチリを訪れる。彼女は、現地でジャーナリストの恋人ダニエル(ダニエル・ブリュール)と再会を果たしたものの、突然チリ軍部によるクーデターが起こり、反体制勢力としてダニエルが連行されてしまう。彼を救うため、レナは“コロニア・ディグニダ“に潜入する。

コロニア
(C) 2015 MAJESTIC FILMPRODUKTION GMBH / IRIS PRODUCTIONS S.A. / RAT PACK FILMPRODUKTION GMBH / REZO PRODUCTIONS S.A.R.L. / FRED FILMS COLONIA LTD.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    チリ軍事独裁政権の知られざる真実を暴くサスペンス
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     ピノチェト大統領による軍事独裁政権下のチリでは左翼系市民の大弾圧が行われ、およそ3万人(政府の公式発表だと3000人)が処刑および虐殺、数十万人が強制収容所送りになったとされているが、本作はその陰で暗躍した元ナチのカルト教祖が率いる宗教施設“コロニア”の実態を描く。
     コロニアは実在した施設だが、そこから決死の脱出を試みるドイツ人カップルの物語はフィクション。チリ・クーデターやピノチェト政権の暗部を描いた映画は数多いが、コロニアを題材にした作品は珍しく、そういう意味では非常に興味深い。
     ただ、ストーリー展開はご都合主義が目立つし、主人公2人の会話が全て英語というのもリアリズムを削ぐ。

動画

エマ・ワトソンが拷問されるショッキング映像
今週のHOT MOVIES 2016.9.17

写真ギャラリー

(C) 2015 MAJESTIC FILMPRODUKTION GMBH / IRIS PRODUCTIONS S.A. / RAT PACK FILMPRODUKTION GMBH / REZO PRODUCTIONS S.A.R.L. / FRED FILMS COLONIA LTD.

ポスター/チラシ

  • 映画『コロニア』ポスター
    ポスター
  • 映画『コロニア』チラシ
    チラシ
  • 映画『コロニア』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『コロニア』ポストカード
    ポストカード

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

キャスト

パウル・シェーファー:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『コロニア』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • コロニア / Colonia from 勝手に映画評 (2016年10月1日 21時23分)
    注意! ネタバレあり。 事実に基づく作品。1973年にチリのピノチェト独裁政権下の「コロニア・ディグニダ」で置きた、監禁、拷問事件を描いている。 一番怖いのは、物語終盤の出来事。「コロニア・ディグニダ」からやっと逃げ出して、自国ドイツの大使館に逃げ込んだの... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「コロニア」 from ここなつ映画レビュー (2016年9月30日 15時24分)
    1970年、チリは東西冷戦の「戦場」となった国の一つであった。内政は帝国主義からの独立を果たし、アジェンデ大統領を抱いた社会主義国家に向かっているように見えた。しかしアメリカはこれを共産主義であるとして嫌い、支援の手を差し伸べることはなかった。現政権に対する軍の締め付けは強く、活動家達はそれに対抗するべく民衆へのアジテーション活動を続けていた。そして遂に1973年、軍のクーデターが起こり、悪名高いピノチェト政権の発足へと繋がっていくのだ。地球の裏側ではこんなことが…!?とは、「エル・クラン」を鑑賞した時にも ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年9月12日の週の公開作品
  3. 『コロニア』