シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

マッド・ドライヴ

マッド・ドライヴ
(C) AI KYF Productions Limited 2015
英題:
KILL YOUR FRIENDS
製作年:
2015年
製作国:
イギリス
日本公開:
2016年11月26日
(ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)
上映時間:
配給:
[MDGP]上映委員会
カラー/シネマスコープ

チェック:オアシス、ブラーが世界を席巻した当時のイギリス音楽シーンを舞台に、レコード会社の人間が、地位と金を求めて道を踏み外していくクライムサスペンス。脚本も手掛けているジョン・ニヴンの小説を基に、華やかだが欲望にまみれた音楽業界の裏側をあぶりだす。目的のためには手段を選ばない主人公を『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのニコラス・ホルトが怪演し、音楽を同作のジャンキー・XLが担当する。

ストーリー:1997年のロンドン。レコード会社のアーティストを発掘する部門で働くスティーブン(ニコラス・ホルト)は、同僚をけ落としてまで業界で出世する機会を狙っている。野心あふれる彼は上司を陥れて辞職に追い込むが、目当てのポストに就いたのは同僚ロジャー(ジェームズ・コーデン)だった。腹を立てたスティーブンはロジャーを呼び出し、酒とドラッグ漬けにした上で殺してしまい……。

マッド・ドライヴ
(C) AI KYF Productions Limited 2015

映画短評

  • くれい響
    音楽業界版『トレインスポッティング』×『アメリカン・サイコ』
    ★★★★
    »読む«閉じる

    自らの成功のためには、たとえ友人でも“手段”を選ばない男の爆走噺だが、ニコラス・ホルト×ジャンキーXLありきの安易な邦題にダマされるな! 完全にホルト版『トレインスポッティング』×『フィルス』であり、『アメリカン・サイコ』。そういう意味では既視感がないわけではないが、舞台が『トレスポ』公開の翌年、レコード会社のA&Rが第二のオアシス、スパガ発掘に必死だった97年のUK音楽シーンなのが肝。当時のヒット曲中心に、実名&業界あるあるトークをブッ飛ばしてくれる。しかも、ロザンナ・アークエットなど脇役陣のキャスティングの妙など、WOWWOWプレミアと特集上映ではもったいないほど、拾いモノ感に溢れている!

  • 平沢 薫
    英国音楽業界のバチアタリたちが疾走する
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     この疾走感、バチアタリ感、ブラックな笑いは、ハンパない。音楽業界版「ウルフ・オブ・ウォールストリート」な悪漢映画だが、舞台は97年ロンドン、音楽は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のジャンキーXL、主演はウォーボーイズのニコラス・ホルト、なのでテイストは別。会話中に実在のミュージシャンのネタ続々なのもニヤリ。原作小説「Kill Your Friends」の作者で脚本も書いたジョン・ニヴンは音楽業界体験者で、実体験が元ネタ。監督は「Holy Flying Circus」で「モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン」の79年公開時の騒動を撮ったオーウェン・ハリス。やっぱり笑いが英国流。

写真ギャラリー

(C) AI KYF Productions Limited 2015

ポスター/チラシ

  • 映画『マッド・ドライヴ』ポスター
    ポスター

スタッフ

脚本・原作: ジョン・ニヴン

キャスト

ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2016年11月21日の週の公開作品
  3. 『マッド・ドライヴ』