シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
疾風スプリンター
(C) 2015 Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved
英題:
TO THE FORE
製作年:
2015年
製作国:
香港/中国
日本公開:
2017年1月7日
(新宿武蔵野館ほか)
上映時間:
配給:
エスパース・サロウ
提供:
ギャガ / 新日本映画社
製作会社:
Emperor Film Production
カラー/シネマスコープ/DCP

チェック:自転車ロードレースの世界を舞台にしたドラマ。固い絆と友情を育みながらも激しく競い合う、プロロードレーサーたちの姿を追う。メガホンを取るのは、『ブラッド・ウェポン』『クリミナル・アフェア 魔警』などのダンテ・ラム。『激戦 ハート・オブ・ファイト』などのエディ・ポン、『ドラゴン・ブレイド』などのチェ・シウォン、『神なるオオカミ』などのショーン・ドウらが共演する。出演陣がノースタントで挑んだ迫力満点のレースシーンの数々に魅せられる。

ストーリー:チョン・ジウォン(チェ・シウォン)をエースとする、自転車ロードレースの強豪チーム「チーム・ラディアント」に、アシストメンバーとしてチウ・ミン(エディ・ポン)とティエン(ショーン・ドウ)が加入する。誰よりも速く走ることを目指して、血のにじむような努力を重ね絆を育み、力を合わせてチームをけん引していく三人。だが、ライバルの「チーム・ファントム」と激しい攻防を繰り広げる中、チームが資金難に陥ってしまう。

疾風スプリンター
(C) 2015 Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved

映画短評

  • なかざわひでゆき
    スポ根ドラマの王道を行く自転車ロードレース・ムービー
    ★★★★
    »読む«閉じる

     天真爛漫な天才型と真面目一直線な努力型。最大の親友にして最大のライバルでもある2人のプロサイクリストの、友情と成長を描いた自転車ロードレース・ムービーだ。
     一人の女性を巡る三角関係、栄光からの転落、挫折からの再起と、まさにスポ根ものの王道を行くようなストーリーは気持ちいいくらいに単純明快だ。ゆえに予定調和な展開が多々見受けられることは否めない。
     しかし、そんな弱点を補って余りあるのが、大規模な街頭ロケを含むド迫力のロードレース・シーンの数々だ。役者たちは文字通りの体当たり演技だし、ダイナミックなカメラワークも素晴らしい。エディ・ポンとショーン・ドウの好対照なイケメンも魅力的だ。

  • 山縣みどり
    臨場感あふれる撮影が物語を盛り上げる
    ★★★★
    »読む«閉じる

    自転車レースを軸にした男の友情ドラマだが、とにかく競技シーンの映像がかっこいい。スピード感にあふれているのは言うまでもなく、格闘技的な要素もたっぷりで、ダンテ・ラム監督の面目躍如。『激戦/ハート・オブ・ファイト』で組んだエディ・ポンのハードな肉体改造を厭わない姿勢を見初めたからの企画のようだが、スタント無しで過酷な撮影に臨んだ役者陣の気迫がスクリーンから伝わってくる。仲間であると同時にライバルでもある青年たちが切磋琢磨し合い、ときには挫折も味わいながら成長する展開はスポ根ものの王道であり、単純な私はやはり胸が熱くなるのであったよ。エディ&劉青雲共演作『奇城』の公開が待たれる!

写真ギャラリー

(C) 2015 Emperor Film Production Company Limited All Rights Reserved

ポスター/チラシ

  • 映画『疾風スプリンター』ポスター
    ポスター
  • 映画『疾風スプリンター』チラシ
    チラシ
  • 映画『疾風スプリンター』チラシ
    チラシ

前売券特典

  • 映画『疾風スプリンター』特製ミニポスター(非売品)
    特製ミニポスター(非売品)

※数量や販売期間が限定されていたり、劇場によっては取扱が無い場合があります。


スタッフ

監督・脚本:

キャスト

チウ・ミン:
チョン・ジウォン:
ティエン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『疾風スプリンター』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「破風」第28回東京国際映画祭 from ここなつ映画レビュー (2017年1月12日 12時39分)
    青春スポ根物。好きなジャンルではあるけれど、ダンテ・ラムがわざわざやるのはどうなの?という多少の疑問は残る。内容がちょっと爽やか過ぎる。爽やかでいかん訳じゃないよ、ないんだけどさー。まあ、「激戦」の大ヒットに味を占めて、思い切り自分の好きな作品を作りたい!という気持ちだったのだろう、ということは察せられる。自転車…スプリント勝負。トラックを駆け抜けるバイクの姿は、確かに凄いけれど、地味なスポーツではある。第28回東京国際映画祭、ワールドフォーカス部門。何年かに一回、ダンテ・ラム監督のお顔が拝める機会でもある ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月2日の週の公開作品
  3. 『疾風スプリンター』