シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ネオン・デーモン
(C) 2016 Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch
英題:
THE NEON DEMON
製作年:
2016年
製作国:
アメリカ/デンマーク/フランス
日本公開:
2017年1月13日
(TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか)
上映時間:
配給:
ギャガ
製作会社:
Space Roket Nation / Vendian Entertainment / Bold Films
カラー

チェック:『ドライヴ』などのニコラス・ウィンディング・レフン監督が、『マレフィセント』などのエル・ファニングを迎えて放つ衝撃作。ロサンゼルスのファッション業界を舞台に、美にとりつかれた女性たちの飽くなき欲望を絢爛(けんらん)たる映像と共に描き出す。『ハンガー・ゲーム』シリーズなどのジェナ・マローンが謎めいたメイクアップアーティストを怪演。クレイジーで華やかな街で繰り広げられるダークな物語が病みつきになる。

ストーリー:16歳の美しい少女ジェシー(エル・ファニング)は、ジョージアの片田舎からロサンゼルスに出てきたばかり。彼女はインターネットで知り合いになったカメラマンを目指しているディーン(カール・グルスマン)が撮影してくれた写真を手に、モデル事務所に足を運ぶ。そしてオーナーのロバータ(クリスティナ・ヘンドリックス)は、彼女の才能を見抜き、即座に契約する。

ネオン・デーモン
(C) 2016 Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

映画短評

  • くれい響
    もはや誰にも止められないDD気質
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    カンヌでのブーイングも納得の、やりたい放題である。ケネス・アンガーも、ギャスパー・ノエも、リンチも、アルジェントも、クローネンバーグも、「DD(誰でも大好き)で、何が悪い!」と言わんばかりに暴走するレフン監督。そこまで好き勝手やっても、オリジナルを超えれば、文句はないのだが、もちろん超えられるわけもなく、おまけに尺が長く、ジャンルムービーとしての潔さも感じない。また、既視感を含む印象は『ディストラクション・ベイビーズ』に近いものがあり、前出の変態パイセンたちをリアルタイムで体験できなかった世代が熱狂するのは分かるが…と思えてしまう。あと、レフンが貧乳・つるぺた好きなのは、イヤなほど分かった!

  • 相馬 学
    この鬼才は、どこまで悪魔的に進化するのか?
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     『ドライヴ』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞した、ある意味上品なイメージゆえか、ニコラス・ウィンディング・レフンは少々誤解されているように思う。

     前作『オンリー・ゴッド』もそうだったが、本作でもレフンはジャンル映画のエッセンスを押し出す。ジョン・カーペンター作品を思わせるシンセ音楽の起用、『サスペリア』のごとき女たちの魔女的存在感。下品であることを恐れずに突破を図る、そんな意欲に圧倒された。

     伝えるべきは“美”に対する現代人の異様な執着。鮮血の映像に加えてテーマのとらえ方も過激だが、そこに宿るアーティスティックなこだわりにブレはない。苛烈さを突き詰めるレフンの姿勢、断然支持する。

  • なかざわひでゆき
    美しくもグロテスクで悪趣味なレフン版『ショーガール』
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     田舎から大都会L.A.にやって来た純朴な天然美少女が、文字通り弱肉強食のモデル業界で美しきビッチへと変貌していくニコラス・ウィンディング・レフン版『ショーガール』。
     ただでさえ筆者好みのドロドロとしたストーリーに加え、デヴィッド・リンチとダリオ・アルジェントとデヴィッド・クローネンバーグを足して割ったような、スタイリッシュかつグロテスクな映像美に恍惚!見る者の神経を逆撫でする悪趣味な結末はヴァ―ホーヴェンも顔負けだ。
     恐らく、むちゃくちゃ大好きか反吐が出るほど大嫌いかの真っ二つに評価は分かれると思うが、もちろん私は前者。やっぱ『サスペリア』のリメイクはレフンに撮って欲しかった!

  • 平沢 薫
    監督はネオン色のデーモンを飼っている
    ★★★★
    »読む«閉じる

     オープニングの文字と背景の強烈なネオンカラーが、ウィンディング・レフン監督にとってのデーモンの色なのに違いない。幻惑的で、いかがわしい。夜に魅力を増す色。強烈だが眩暈のように緩やかに変化していく。
     これはデーモンの物語だ。田舎から出てきた少女が、デーモンを受け入れる。すると彼女の顔がどんどん変わっていく。彼女の見るものも変化していく。彼女はデーモンに魅了されてその力を過信してしまうが、実は誰もがそれぞれのデーモンを飼っている。監督もどこかでこういうデーモンを受け入れたことがあり、それに酔うという危険な快楽を知っている。それを女性ファッションモデル界を舞台に、妖しく美しい物語に仕上げている。

  • 森 直人
    あるいはニコラス・W・レフンの『ヘルタースケルター』
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ハイボルテージ! 疑似死体=人形と化したエル・ファニングへのフェティシュな欲望がびりびりする冒頭から本気のテンション。怒りと狂気の男の世界に耽溺していたレフンが初のヒロイン物で、『サンセット大通り』や『マルホランド・ドライブ』の系譜――ハリウッド・バビロン暗黒譚の変奏に挑んだ。美女が美女を喰らう業界バトルとしてはむしろ『イヴの総て』に近いか?

    内部爆発していたネクロフィリアがあからさまに暴走していく展開はやり過ぎなまでにエキセントリック。痺れる。田舎娘の成り上がり話をバルテュス、アルジェント等を援用した変態美学で別物に変形させる力ワザが最高だ。キアヌのクズ&ゲスな怪演も良かったよ!

動画

エル・ファニング×ニコラス・ウィンディング・レフン監督の衝撃作『ネオン・デーモン』予告編
レフン監督、新作は日本のSM文化に影響も 映画『ネオン・デーモン』の プロモーションイベント
斎藤工&板谷由夏がイチオシの1月上旬の新作映画を「はみだし映画工房」で激論!

» 『ネオン・デーモン』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

(C) 2016 Space Rocket, Gaumont, Wild Bunch

ポスター/チラシ

  • 映画『ネオン・デーモン』ポスター
    ポスター
  • 映画『ネオン・デーモン』チラシ
    チラシ
  • 映画『ネオン・デーモン』チラシ
    チラシ

スタッフ

プロデューサー: レネ・ボルグラム

キャスト

ジェシー:
ローザ:
ロベルタ・ホフマン:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『ネオン・デーモン』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • ネオン・デーモン/THE NEON DEMON from 我想一個人映画美的女人blog (2017年1月18日 23時45分)
    「ドライヴ」「オンリー・ゴッド」のニコラス・ウィンディング=レフン監督最新作 色彩感覚が独特な世界観をいつも以上に発揮した本作 カンヌでは賛否あったというけどわたしはこれ、断然好きだー リンチ作品のように、一見不可解な印象を受けるシーンもありつ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ネオン・デーモン/何がジェシーに起ったか? from 映画感想 * FRAGILE (2017年1月18日 22時16分)
    ネオン・デーモンThe Neon Demon/監督:ニコラス・ウィンディング・レフン/2016年/フランス・アメリカ・デンマーク お姫様は、若く、美しく、傲慢でした。 「傲慢」はちょっと違うか。まあよい。 TOHOシネマズ新宿 スクリーン11 E-11で鑑賞。 『ドライヴ』のときはまったく合わなくて、文句言ったら「ババアの嫉妬」って言われたりしましたので、ちょっと構えて挑みましたが、これは面白かったですね。 あらすじ:モデルになったら大変でした。 キャストエル・ファニングキアヌ・リー ...[外部サイトの続きを読む]
  • ネオン・デーモン (2016) ★ from どんくらの映画わくわくどきどき (2017年1月15日 2時52分)
    田舎から出てきたばかりのモデル志望の少女がまたたくまに栄光をつかんでいく。おどおどした表情の中に悪魔が潜んでいる。 私には子供っぽい印象のあるエル・ファニングがトップモデル役というのが不思議だったが、子供っぽさと腹黒さを両立させている。 かなり派手な映像。冒頭、血だらけのジェシー(エル・ファニング)が映るが、かなり猟奇的な展開となるスリラー/ホラー。 ヌードもあるが、エル・ファニングは... ...[外部サイトの続きを読む]
  • ネオン・デーモン from 佐藤秀の徒然幻視録 (2017年1月13日 17時41分)
    公式サイト。アメリカ=デンマーク=フランス。原題:The Neon Demon。ニコラス・ウィンディング・レフン監督。エル・ファニング、カール・グルスマン、ジェナ・マローン、ベラ・ヒー ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「ザ・ネオン・デーモン」第29回東京国際映画祭 from ここなつ映画レビュー (2016年12月12日 13時15分)
    衝撃作であり、問題作である。私はと言えば、完全にレフンに置いていかれたなぁ…。この感覚、どこかで…と思い返したら、ダーレン・アロノフスキーの「ファウンテン 永遠につづく愛」を観た時の感覚だ。あの時はアロノフスキーが一人でどこか遠くへ行っちゃった感があったけど、今回のレフンは多分一人では、ない。一人ではないんだろうけど、私には…。目をハートにしてついて行けなかった。ただそれだけ。香港映画だったら多分許せたのだという気がする。いやもちろんこの作品が許せなかったという訳じゃない。ないんだけどね。いや、許せなかった ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年1月9日の週の公開作品
  3. 『ネオン・デーモン』