シネマトゥデイ

シネマトゥデイ


配給:東宝東和 12月16日 日比谷スカラ座他全国ロードショー

文・構成/今 祥枝

6d ストーリー
6dキャスト

驚異的に進化したテクノロジーにより、クローン人間の製造が可能となった近未来。道義上の問題から、“人間の再生”は「6d法」により禁止されていた。だが、2010年、ついにその法律が破られる! 12月16日より、全国ロードショー公開される話題作『シックス・デイ』。
主演は『エンド・オブ・デイズ』のアーノルド・シュワルツェネッガー、監督は『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』のロジャー・スポティスウッド。20世紀最後のエンターテインメント大作を、一足お先にFLiXムービーサイトが大特集!!
1111


目覚しく進歩した科学技術により、21世紀の人間生活は急速な進化を遂げている。

そんな中、科学者たちは遺伝子工学と生体工学を発達させ、遺伝子操作により地球上の生物を再生することに成功。

飢餓問題は一挙に解決し、さらに移植用の人間の臓器が研究所で培養されるようになった。

だが、一方でそうしたニュー・テクノロジーに対し、倫理的に意義を唱える者も少なくなかった。やがて2007年、人間の複製を禁じる「6d法」が定められる。

2010年。日常的にペットの“複製”が作られている近未来社会。パイロットとして働くアダム・ギブソンは、美しい妻ナタリーとかわいい一人娘クララに囲まれて幸せな日々を送っている。

ある日、クローニング技術を研究するリプレースメント・テクノロジーのオーナー、ドラッカーをスキー場へ運ぶという仕事が舞い込むが、その日はアダムの誕生日だったため、同僚で友人のハンクが替わりを申し出る。

自分の誕生日なのに娘に頼まれたプレゼントを抱えて帰宅する優しいアダム。だが、彼はそこで恐るべき光景を目にする。なんと、自分と全く同じ人間が、すでに家の中で自分の誕生日を祝っていたのだ!

なにが起きているのか理解できないアダムは、自分に襲い掛かった出来事を冷静に考える間もなく、謎の男女4人組に拉致されそうになる。激しい攻防戦の末、なんとか逃げ切ったアダムは、ハンクの家を訪ねていく。

そして二人は、事実を確かめるために密かにギブソン宅に忍び込む。そこには妻と楽しく歓談する、もう一人の“アダム”の姿があった。混乱しながらも、アダムは自分自身と家族を取り戻すために、巨大な陰謀に立ち向かうことを決意する!

2007年制定。進化したバイオ・テクノロジーを駆使した遺伝子操作による人間の“複製”を造り出すことを禁止した法律。社会的・倫理的な概念に基づいたもの。「神は第6日目に人間を創った」という聖書の一節から、このような名前が付けられた。

 

   

『シックス・デイ』公式サイト:http://www.eigafan.com/6d/index.html

 
[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク