シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

このコーナーでは、みなさんに投票していただいている「期待のランキング」より注目作品をとりあげ、最新情報をお知らせします。今回はあの「クリフハンガー」のスーパー・ヒット・コンビが放つ『ドリヴン』です。主演にシルベスター・スタローンと人気上昇中、注目の若手俳優キップ・パーデュー。かつて誰も見た事のない時速400kmの未体験映像が、この夏あなたを熱くする!
ドリヴン

監督:レニー・ハーリン
キャスト:シルベスター・スタローン/キップ・パーデュー/エステラ・ウォーレン/ティル・シュワイガー/ジーナ・ガーション/バート・レイノルズ
配給:日本ヘラルド映画/松竹

 
公開日:8月夏休み松竹・東急系にて超拡大ロードショー
総製作費100億円突破! あの「クリフハンガー」のスーパー・ヒット・コンビが放つ、 かつて誰も見た事のない時速400kmの未体験映像!

『超大ヒット作「クリフハンガー」から8年。遂にシルベスター・スタローン、 レニー・ハーリンのスーパー・ヒット・コンビが動き出した、それがこの「ドリヴン」だ。

スタローンがこの映画のアイディアを思い付いたのは、F―1や、CART、インディ・レースを 世界中で観戦していた4年前。その後、脚本を書き上げた彼は、フランチャイズ・ピクチャーズのエリー・サマハをふくめ、数多くの製作会社に持ち込んだ。 “私は即座に『イエス!』と言 ったの”とサマハは語る。“あきらめずに立ち上がる、一人の男の復活を描いた、素晴らしい、古典的なストーリーだった。ドラマ、ユーモア、アクションに素晴らしい登場人物が揃っている。     

そして物語の舞台は、世界中に何百万人ものファンがいるカーレースの世界だもの。最高よ” 8年ぶりのコンビ復活となるレニー・ハーリンは“スタローンの演技は今まで見た中で最高だ。

人々はみんな、彼を真の俳優として認めるだろう”と語り、自信たっぷりに、こう付け加えた。

“「ドリヴン」は、ただ速く走る男たちの話ではない。誰も見たことがないようなレース・ムービーを我々は作っているんだ!

” 2001年「ドリヴン」が日本の夏を熱くする!


『ドリヴン』公式ホームページ
http://www.driven-jp.com/

 

『ドリヴン』

ジョー・タント(シルベスター・スタローン)は長年、かつての苦い過去を忘れようと努めていた。 しかし、体に残った傷痕と痛みが、レーサーのキャリアを捨てた事を、ジョーに思い出させるのだ。 ある日、オーナーのカール・ヘンリー(バート・レイノルズ)に、チームに戻る気がないかと尋ねられたとき、 ジョーはこのまたとない機会に飛びついた。ジョーへの条件はただ一つ。衝撃的なデビューを飾りながら、 トップ・ランキングから落ちてしまった新人レーサー、ジミー・ブライ(キップ・パーデュー)を、返り咲かせること。 これはジョーにとってレースの世界に戻る唯一のチャンス…しかしそれは、他人の栄光の名の元にあった。 栄光のチェッカーフラッグを受けるのは一体誰か。そしてその先に待っているのは何か...!?

情報提供:松竹株式会社
[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2001年
  3. 5月
  4. 7日
  5. 期待のランキングから注目の作品5『ドリヴン』