シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
『SEX and the CITY』サラ・ジェシカ・パーカー独占インタビュー

取材・文:渡邉ひかる/写真:FLiXムービーサイト

NYを舞台に、コラムニストの主人公キャリーをはじめとする独身女性4人の恋愛事情を赤裸々に描いた大ヒットTVドラマ『SEX and the CITY』。その最終章となるシーズン6のDVD発売を記念し、キャリーを演じたサラ・ジェシカ・パーカーが初来日! 本年度のエミー賞とゴールデン・グローブ賞最優秀主演女優賞をW受賞したほか、この秋からGAPのキャンペーンモデルを務めるなど、現代女性のアイコンとして日本でも絶大な人気を集めるスーパーセレブ、サラの日本滞在は実質3日間! そんな多忙極まりない彼女の素顔に迫ることができた。

■エミー賞とゴールデングローブ賞のW受賞

Q:まず、エミー賞受賞おめでとうございます。受賞の瞬間のことは今でも覚えていますか?

もちろん! とにかくホッとした、というのが正直な感想ね。というのは、私よりも家族がとても欲しがっていたから(笑)。それに、一緒に番組を作ってきた仲間たちのためにも受賞できてうれしかった。番組自体が終わってから受賞できたのもよかったわね。番組が継続している最中の受賞よりも、すべてを終えての受賞の方が感慨深いと思う。すごく感激して、センチメンタルな気分になっちゃったもの!

Q:(シャーロット役の)クリスティン・デーヴィスが客席で自分のことのように涙を流していたのはご存知でしたか?

そうなのよね! 舞台の上から客席をよく見ることはできなかったけれど、後で教えてもらったわ。スケジュールの関係上、あの日はなかなかほかのキャストとゆっくり話すことができなかったの。でも、授賞式後はクリスティンや(ミランダ役の)シンシア・ニクソンと話をして喜び合ったのよ。クリスティンが涙を流してくれたことは番組自体の雰囲気をよく表していると思う。だって、私たちは6、7年もの間、週2日以上会っていて、お互いのことを知り尽くしているのよ。スタッフとはほぼ毎日会っていたから、それはもう信じられないほどの連帯感があるしね。あの賞は番組に関わった全員のものなの。それにね、クリスティンって……とっても感動屋さんなのよ!

■日本語はきれい!

Q:ところで……。

ねえ、日本語って、とっても響きがきれいね。「ラ~ララ~」って歌ってるみたいに話すんだもの。すごくすてき! 私も話せたらいいのに……。ごめんね! 質問をさえぎっちゃった(笑)。

Q:日本語を褒めていただいてありがとう(笑)。ところで、このドラマにはさまざまなタイプの男性キャラクターが登場しましたが、あなた自身、「この人とは付き合いたくないわ!」というキャラクターは?

うーん、やっぱりキャリー役に影響された意見になってしまうのだけれど、バーガー(キャリーがシーズン6冒頭で付き合う新進作家)はちょっと嫌かな……。キャリーにとってもバーガーは難しい男性だったでしょ? もちろん、出会ったタイミングが悪かったというのもあるけれど。キャリーは自分と同等のパートナーを求めていたのに、彼女のキャリアが順調になればなるほどバーガーとの溝は深まっていった。女性って、私生活と仕事の両立を夢見るものだと思うの。その場合、バーガーのようにパートナーのキャリアを嫉妬する男性はちょっとね……。嫉妬心って魅力的じゃないもの。でも、バーガーを演じたロン・リヴィングストンはすてきな人よ!

■ずっと憧れてきたバレエダンサーとの共演

Q:では、逆に「すてきだな」と思うキャラクターは?

クリス・ノースととても多くの時間を一緒に過ごしたし、彼自身のことも大好きだから、ミスター・ビッグ(シーズン1からキャリーとくっついたり離れたりを繰り返す実業家)には思い入れがあるわ。欠点のあるキャラクターだけれど好きよ(笑)。でも、ジョン・コルベットが演じたエイダン(キャリーが本気で愛した家具デザイナー)も好き! 彼との別離シーンは辛かった……。だって、ジョンは誰もが夢中になってしまうくらいすてきなんだもの。あとは……、(シーズン6に登場するロシア人アーティスト役の)ミーシャ(ミハイル・バリシニコフ)! 彼は私がずっと憧れてきたバレエダンサーなの。ミーシャと共演できるなんて夢にも思っていなかったから本当にうれしかった。……って、アラ? 質問の答えからそれちゃったわね(笑)。

愛くるしいキャンディ・ボイスで、どんな質問にもノリノリで答えてくれるサラだったが、ここで無情にも取材時間終了。「時間があまりとれなくて本当にごめんね。もっとお喋りしたかったわ……」と申し訳なさそうに立ち去っていく彼女の後ろ姿からも誠実な人柄が見て取れた。取材前、着物の生地で作った小さなヘアアクセサリーをプレゼントした際には、「何てキュートなの! (1人の男性スタッフを手招きし)彼、私のヘアメイクを担当しているの。彼にコーディネートを考えてもらって使うわね! 彼はジェニファー・アニストンのヘアメイクも担当しているのよ」とヘアスタイリストも紹介してくれたサラ。彼女が言う「スタッフとの信じられないほどの連帯感」が図らずも垣間見えた一幕だった。

「SEX and the CITY Season6 vol.2」のDVD はパラマウント ホーム エンタテインメント ジャパンより11月26日に発売。

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2004年
  3. 11月
  4. 24日
  5. 『SEX and the CITY』サラ・ジェシカ・パーカー独占インタビュー