シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

わたしのヨン様をもとめて? それとも仕事で新境地を開くため? はっきりした理由は本人にも謎のまま、直感だけを信じ、いきなり韓国へ留学した安田佑子のエッセイ連載開始です!

その18 台風に波浪注意報!? 韓国映画は大荒れ!?


セヘ ポン マニ パドゥセヨ!(「あけましておめでとうございます」でもあり「よいお年を」でもあるので、韓国は年末年始とも同じ言葉で挨拶します)
韓国はお正月は旧暦でお祝いするので、1月1日は一応祝日ではあるものの、例年、大晦日も1月2日も普通の日。会社も2日から通常通り始まってしまうのでした。2005年のクリスマスから年明けにかけて(12/23−1/5)の韓国新暦お正月映画戦線は、外国映画を抜いて、韓国映画の中でも時代劇が1位に躍り出ました。朝鮮時代最初の宮廷芸人を描いたカム・ウソン&イ・ジュンギ主演『王の男』は12月29日に公開という一歩出遅れたスタートにも関わらずぐんぐん票を伸ばし、1月中旬を過ぎてもトップを爆走中。そして2位は『キング・コング』、3位がチャン・ドンゴン主演『タイフーン TYPHOON』』、4位がソン・イェジン主演のコメディ『作業の定石』と健闘中。やはり韓国も年末年始は大作&大物スターの主演作が目白押しです。2006年最初の韓流日記は日本でも人気のスター達が主演の2作品、チャン・ドンゴンが悪役を演じる『タイフーン TYPHOON』、そしてチャ・テヒョン&ソン・ヘギョ主演『My Girl and I』(原題:『波浪注意報』)をご紹介します。

■キング・コングをも吹き飛ばしたチャン・ドンゴンvsイ・ジョンジェのガチンコ『タイフーン TYPHOON』

総制作費200億ウォン(20億以上)、『ブラザーフッド』のチャン・ドンゴンが、『友よ~チング』のクァク・ギョンテク監督と再びタッグを組んだ作品。朝鮮半島を滅亡させようというテロリストとそれを食い止めようとする海軍将校のドラマです。

公開を控えたほかの韓国映画が『タイフーン TYPHOON』と同じ公開日だけは避けようと、調整を余儀なくされたという話も出るくらいの話題作。

とにかく韓国でドンゴンの人気は不動で、老若男女の誰もがそのカリスマを認めてしまう国民的スターなのです。携帯電話、コーヒー、不動産、衣料品など、数多くのCMにも出演するドンゴンは、CMの中で見せる“素敵な彼氏”“できるビジネスマン”とはうって変わり、映画に関しては“クセありキャラ”が多いのには、もう皆さん気がついてますよね? 『友へ~チング』のヤクザ、『コースト・ガード』の海兵隊、『ブラザーフッド』のお兄ちゃん……うーん。何か共通点が。心も体もいたたたた……な役?

そして今回の『タイフーン TYPHOON』では海賊&テロリスト。やっぱりいたたたた……この映画のために10キロ近いダイエットをして、金歯(金のブリッジ?)までつけてます^^; でも考えてみると、“憎めない悪役”というのは、ある意味役者が一番やりがいがある役かもしれませんね。

そして共演のイ・ジョンジェも見逃せません。今回も確かな演技力を見せるジョンジェはドンゴンを追うエリート将校役。ドンゴンがダイエットなら、ジョンジェは体をむきむきに鍛え上げてます^^ 私は別にモムチャン派(モムチャン→体がかっこいい人)ではないつもりですが、すごくかっこよかったです。

そしてタイ、ウラジオストックなどで撮影したスケールの大きさも見どころ。韓国で12月の中旬に封切られたこの『タイフーン TYPHOON』は『キング・コング』『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』をもひょいと吹き飛ばす観客動員を記録しました。

■セカチューの韓国版リメイク(『MY GIRL AND I』(原題)

去年の邦画&テレビドラマの「純愛」ブームの流れを作ったとも言える片山恭一の小説、映画では行定勲がメガホンをとった『世界の中心で、愛をさけぶ』。

韓国でも邦画版が公開されていたことは以前韓流日記にも書きましたよね。(ちなみに日本では「セカチュー」の愛称で知られていますが、韓国では「セチュンサ」(そのまま漢字にすると「世中愛」)と略されてます^^)そして2005年の12月下旬、堂々の韓国リメイク版『MY GIRL AND I』(原題)が公開されました。

日本版だと森山未来&長澤まさみコンビでしたが、韓国版では『猟奇的な彼女』のチャ
・テヒョンとドラマ「オール・イン ~運命の愛~」のソン・ヘギョの2人。日本でも人気の2人の共演ですから、すでに日本公開が待ち遠しい方も多いのではないでしょうか。

チャ・テヒョンは去年は『サッド・ムービー』という映画で「別れさせ屋」の青年を演じ、今回は平凡な高校生スホ役。髪型が若いです^^日本版では大沢たかおが演じた成長してからの役もテヒョンが演じます。

ソン・ヘギョは実はこれが映画デビュー。不治の病に侵された女子高生スウンの役を演じます。ドラマ「秋の童話」など、これまで演じてきた役と似ているという声もある中、本人は初めての映画で、自分の力を確実に見せられる作品を選びたかったとのこと。

設定でいくつか違いがあるとすれば、、朔太郎がよく出入りをしていた祖父が写真館を営んでいたのに対し、韓国版ではスホの祖父は棺職人であることと、小説、邦画版には登場する朔太郎のフィアンセが韓国版には登場しません。初恋を貫くことを尊いとする韓国的な発想なんでしょうかね^^そのほかちょこちょこ違いはありますが。それはぜひ劇場で皆さんがチェックしてみてください。

やっぱり韓国版セカチューも2人の恋がまぶしくてせつないです。ストーリーをわかっていても心が揺れました。原作、TVドラマ、邦画版、そしてこの韓国映画版。さまざまに媒体を変え、国境をも越え、韓国にやってきた純愛映画『MY GIRL AND I』(原題)。

韓国での評判は賛否両論で、日本のドラマ版のファンが「ドラマの方がいい」と言ってみたり、「クリスマスに彼女と観て、愛が深まりました」との声も。ふふ。「よーし。じゃあ自分も観てみるか」と言う気になりませんか^^? 映画だけの話なら、個人的には邦画版よりも設定がシンプルな韓国版が好みかも。

■話題作の試練。映画を見る時に忘れちゃいけない「きっと」三か条。

『タイフーン TYPHOON』『MY GIRL AND I』(原題)とも、鳴り物入り作品とリメイク作品だけに、メディア、観客の目が厳しいのは否めません。でも、映画というのはどんなに大ファンの俳優が出ていようと、どんなに好きな監督がメガホンを取ろうと、期待して見ちゃ駄目のようです^^私もこれまでどれだけ期待して失望したことか……ははは。見る前に唱えればいいのかも……「きっと面白くない。きっとたいしたことない。きっとそれなりだ」……そうすれば面白い映画に出会えるはず。

本年も韓流日記をどうぞよろしくお願いします!


辛い過去を持つ海賊&テロリスト役のチャン・ドンゴン。やはり役者である以上、「普通じゃない人」を演じてみたいものなのでしょうが……。チェ・ミンシクに引き続き、ドンゴンも役者的Mに認定してしまおうかしら……。


テロリストと将校。出会った場所、時期、立場さえ違ったならば友になれたのでは……そんな気持ちが芽生える二人。


チャン・ドンゴン、イ・ヨンエなど、韓国の国民的スターと肩を並べても決して見劣りするどころか、共演スターを生かしつつ、時にはおいしいところをさらうイ・ジョンジェ。


ドラマと映画の作り方の違いにかなり戸惑ったというソン・ヘギョ。韓国某映画雑誌のインタビューでは自分が必要とされる限り映画女優として生きていきたいと話した。


1976年生まれのチャ・テヒョンもデビュー10周年。バラエティー番組に出ても面白く、司会も起用にこなすマルチなテヒョンは酔うと仲良しの歌手キム・ジョングクに「電話口で歌え~」と電話するらしい……。


決して電車に乗っているのではなく、学校で怒られて2人仲良く罰を受けています。正座&両手上げは韓国のポピュラーなおしおき法らしい^^映画、ドラマを見ているとよく出てきます。


学校一人気があるスウンとごくごく平凡な男スホ。いつまでも続けばいい、そんな2人の時間。
■安田佑子プロフィール■

仙台の局アナからフリーに転向し上京。TV、ラジオ、ナレーションの仕事を経て映画祭の司会や映画ライターの端の端の端っくれとして奮闘中。2004年9月よりソウル在住。東京を月に1−2度往復する生活をスタートさせたばかり。右脳が決めた無謀な決断に左脳は迷惑こうむり中。

<お知らせ>
韓国で日々奮闘中の安田佑子さんにファンレターを書いてみませんか?
韓国に関する素朴な疑問や質問、応援のメッセージなどをどしどし送って下さい。

アドレスはこちら→yuko@flix.co.jp
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 1月
  4. 13日
  5. 韓流日記