シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
『バルトの楽園』6月17日より全国東映系にてロードショー
板東俘虜収容所ってどんなところ? 本当にあった、ちょっとイイ話 comming soon 6月9日公開ドイツ人イケメン俳優を追え!
第一次世界大戦中の徳島県鳴門市の板東俘虜(ふりょ)収容所を舞台に、所長・松江豊寿や地域住民とドイツ人捕虜たちとの心の交流を描いた感動作『バルトの楽園(がくえん)』。
松平健、ブルーノ・ガンツら日本とドイツの実力派俳優たちによる豪華共演も見逃せません!
“怖い、つらい”の戦争映画ではない、国境を超えた真の友情のストーリーや注目のドイツ人イケメン若手俳優の魅力を総力特集します!
(※俘虜とは捕虜を指す言葉)
公式サイト 作品情報
板東俘虜収容所ってどんなところ?
『バルトの楽園(がくえん)』を観る前にちょっと勉強しておきたい、時代・文化背景。本作をより楽しむための5つのポイントをピックアップしました。
GO
本当にあった、ちょっとイイ話
板東俘虜収容所の世界に誇るべき崇高なサムライ魂を持つ松江所長とドイツ捕虜たちの心の交流、地元民たちとの文化的交流など、本当にあった心温まるエピソードの数々をご紹介します。
GO
ドイツ人イケメン俳優を追え!
“独流”ブームに拍車をかけそうな、本作に出演している男前ドイツ人俳優オリバー・ブーツとコスティア・ウルマンを徹底解剖!
彼らの才能、魅力に迫ります。そして、今後要チェックなドイツが生んだ男前俳優たちもご紹介。必見ですよ!
GO
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 6月
  4. 2日
  5. 『バルトの楽園(がくえん)』特集