シネマトゥデイ

佐藤隆太
『ダメジン』
『ダメジン』佐藤隆太 単独インタビュー

取材・文・写真:FLIXムービーサイト

「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」などクドカン作品の常連俳優として、男女を問わず大人気の佐藤隆太。そんな彼の幻の初主演作『ダメジン』が制作より4年の時を経て公開される。緋田康人、温水洋一、片桐はいり、笹野高史など個性派ぞろいの共演者に囲まれて、主人公のリョウスケをノビノビと演じた佐藤に、初主演作『ダメジン』への熱い思いを語ってもらった。

■4年の歳月を経て……

Q:完成した映画をご覧になった感想をお願いします。

この作品は、撮影自体が、ちょうど前回のワールドカップのころだったんで、まさに4年前の今ごろだったんですね。それで、いろいろありまして、完成一歩手前で皆さんにお観せできなくなってしまうんじゃないか……となってしまって、正直とてもさびしかったんです。それが、アフレコして声も入って、実際にちゃんとつながった作品を観られたときは、感動的でしたね。やっとここまで、たどり着いたな……って。単純な言葉になってしまうとは思うんですが、ただただ、うれしかったです。

やっぱり、消えかけたかなっていう瞬間があった分、逆にスムーズに公開される作品では感じることができない達成感があったので、完成した作品を観られたうれしさっていうのは、普段よりもずっと大きかったですね。

Q:4年前のご自分の演技はいかがでしたか?

昔のアルバムを見ているときの感覚に似ていて……。芝居の面では、4年間でいろんな作品、いろんなキャラクターを経験しましたから、今だったらこういう芝居はしないだろうなって思うところはありました。たとえば昔の写真を見て、「なんか変なポーズでばっかり写ってる! なにやっちゃってんのおれ~!」みたいのあるじゃないですか。そういう部分もあったんですが、逆に今の自分じゃできないような表現や表情が、瞬間瞬間にあって、すごい面白いことしてるなって、荒いけどすごく力強いなって感じることもありましたね。そういう面では、忘れたくないことを、気付かされたかもしれないです。だから、本当に思い出深い作品になったと思いますね。いつもなら、「違うアプローチの仕方もあったかなあ」って反省することはあっても、ここまで今の自分と違う芝居は見られないですからね。

■あこがれの役者さんに囲まれる

Q:佐藤さんといえば、「木更津キャッツアイ」など同世代の俳優と、共演する機会が多いと思いますが、今回の共演者はとても個性的でしたね。

ほんとに今見ると、すごいメンバーですよね。パンフレットにある共演者のページを見ただけでもなんか、くせ者ばっかり(笑)。でも、やっぱりうれしかったですね。ぼくが役者になりたいと思い始めたのは結構早かったんですが、そのころ役者を夢見ながら映画を観ていたときに、「こんな風になりたいな」って気になっていた役者さんが、みんな今回共演させていただいた方々だったんですよ。温水さんも大好きだったし。だからぼくには夢の世界でしたね。誰も考えられない芝居をする方々なので、どういうアプローチをかけてくるのかってすごく楽しみでした。でも、やっぱりすごい好きな方とやるときって緊張するんですよ。好きだからこそ、つまんないと思われちゃうんじゃないかとか、最初はびびってた部分があるんですよ。皆さん、多くの場数を踏んで、演技の引き出しをいっぱい持ってらして。それに比べてぼくは、まだ役者になったばかりだったから緊張していたんですけど、「一緒のレベルに立つことは無理なんだから、今、自分のできることを精いっぱいやろう」って思えてからは、楽しめるようになりました。

■初主演のプレッシャーで、悪夢にうなされる

Q:初めての主演ということで、プレッシャーはありませんでしたか?

最初は、緋田さんと、温水さん、ぼくの3人が主役と考えていたんですが、そのうち皆さんに主役と言われるようになって……。やっぱりプレッシャーはありましたね。監督に1度めちゃめちゃ怒鳴られて……。って、まあ夢だったんですけど(笑)、それは。すっごいズタボロに言われる夢を見て、号泣しながら起きたんですよ!

小学生のとき以来の泣きっぷりでした。22歳のオトナが、夜中に飛び起きてワンワンワンワン泣いて……。そんなこともありました。でも、次の日現場に行くと、監督が「おお! おはよう!」って(笑)。「ああ、よかったぁ」ってほっとしましたね。実は、そんなプレッシャーもありました。

■「ダメジン」ではなかった、思い出の野球部時代

Q:佐藤さんは、演じてこられたキャラクターもあって、ちょっと「ダメジン」なイメージが強いと思うんですが、佐藤さんご自身「ダメジン」な時代ってありましたか?

うーん、基本的に、自分のことをだめだと思ってますけどね。高校のときは、「ダメジン」じゃなかったと思います。野球部で、野球ばっかりやっていて、毎日練習で、休む暇もなかったんで。でも、よく最後までやったと自分でも思いますね。3年生のときに、けがとかいろいろなことで、レギュラーがとれなかったんです。でも何とかやりきろうと思って、最後までやれたのは、ほんとうによかったと思いますね。

今は、やってることがまるっきり違うんですけど、野球部の思い出は、ぼくの一番の基盤になってるんです。撮影でどんなにつらいことがあっても、当時の練習を思い出すと乗り切れるはずだと思って頑張ってます。

Q:野球を最後まで続けられたのはどうしてなのでしょう?

それまで結構いろんなものに興味を持っては、やっていたんですけど、長続きしなかったんです。でも、小学校から続けてるこの野球だけは、好きで始めたものだからやめたくなかった。高校は、甲子園も目指してるような学校だったんで、楽しいことだけじゃなくて、つらいこともあったんですけど、これだけは絶対に投げ出したくないなって思ったんです。実は当時、高校で野球をやっているときから、役者の道に進もうとは思っていました。でも、役者の道に進むから野球やめていいやっていうのではなくて、ここで投げ出したら、次に始める役者も長続きしないんじゃねえかなって思ったんで、高校までは続けていましたね。今はどうなんすかね。やっぱ、ちょっとダメかな……。

■「ダメジン」な世界に行きたくなる

Q:ダメジンの魅力ってなんでしょうか?

基本的にダメな人たちなんですけど、彼らが自分たちで「いい」と思ってる生き方で、楽しく自由に生きてる。見ている方も幸せにさせてくれたり、笑わせてくれる。ダメなんだけど、ふとした瞬間に輝いてるときがあるのが、なんか「あ、そっち側にちょっと行ってみたいな(笑)」って思わせるところなんですよ。でも、それはやっぱり監督が、愛情を持ってひとりひとりのキャラクターを魅力的に作り上げてくれたからだと思いますね。

■なにかひとつ好きなことがあれば十分

Q:「ダメジン」な若者たちへのメッセージをお願いします。

自分もダメなところいっぱいありますからね(笑)。誰にでも、変えたいけど変えられない部分ってあると思うんですよね。

もし誰かに、「こういう暮らしから抜け出したいけどどうしたらいいかな」って相談されたら、きっと自分なりにその人と一緒に考えると思うんですけどね。きれいごとじゃなくて、ぼくは、まだ若い人たちにメッセージを送れる立場じゃないと思うんです。だから、「ダメジン」として生きてる人に「お前だめだよ」って……言えない気がしますね。ただ、なにかひとつでも、好きなことがあればぜんぜんいいと思うんです。それがきっと将来につながっていくと思うから。ぼくも、映画が大好きで、そこから勝手に自分で役者やろうと思って、この道を頑張っているんで、とにかく好きなことを見つけて欲しいと思います!

高校時代、野球部の練習に明け暮れていたという佐藤隆太。相手の目を見て、はきはきとインタビューに応える姿はまさに体育会のノリで、本人の言うとおり「野球部時代」が、基盤になっているように感じた。なんといっても時折見せる笑顔が最高にさわやかで、そのさわやかさが、佐藤の最大の魅力なのだ。野球に注いだ愛情と同じ情熱を、演技に向けた佐藤は、これからもメキメキ実力をつけて、まわりの強豪(?)役者たちを抜いていって欲しい。

『ダメジン』は7月1日よりテアトル新宿ほかにて公開。

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク