シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『エラゴン 遺志を継ぐ者』特集

 『エラゴン 遺志を継ぐ者』	12月16日より日劇1ほか全国超拡大ロードショー	(C) 2006 TWENTIETH CENTURY FOX
ここがすごい 試写会レポート

~ブロンド王子様! エドワード・スペリーアスを徹底解剖!~

『エラゴン 遺志を継ぐ者』の主役に抜擢され、一躍注目の的となったエドワード・スペリーアス。本作が映画初出演となる彼は、秘密のベールに包まれた19歳。一体彼はどんな男の子なのか? 彼が主役に抜擢されたいきさつ、趣味、ラブライフなどを徹底解剖しました!

エドワード・スペリーアスってどんな男の子!?

エド

本作で主演を務めるエドワード・スペリーアスは、この作品で本格的な俳優デビューを果たした期待の大型新人! 1987年12月21日生まれのエドワードは、イギリスの全寮制パブリックスクール・イーストボーン・カレッジに通う現役高校生。幼いころに両親が離婚して、現在は父親とともにイギリスに暮らしています。趣味は、サッカーとラグビー。スポーツ少年なエドワードは、『エラゴン 遺志を継ぐ者』を観てもわかる通り、美しい顔だけじゃなく、結構いい体をしています! そして、スポーツだけじゃありません。音楽も大好きと話すエドの趣味は、なんとサックス! スポーツ万能で、かっこいいうえに、サックスまで吹けちゃうなんて……。さぞやモテるんでしょうね!(と、インタビューで聞いたところ本人は、完全否定しておりました……)

--

いきなりの主役デビュー! だけど演技経験はゼロ?

 (C) 2006 TWENTIETH CENTURY FOX

なんと約18万人の中から、主役のエラゴン役を勝ち取ったエドワード。デビュー作でジェレミー・アイアンズ、ジョン・マルコヴィッチという超大御所役者たちと共演することになったわけですが、本人は映画の出演経験もない普通の高校生。唯一の演技経験を聞くと、「うーん。高校の学芸会で『リチャード3世』や『ハムレット』をやったとき主役を演じたよ」ってそれ……規模小さすぎでしょう、エドッ! つまり彼は、まったくの演技未経験者なのです! そんな彼が、演技初挑戦とは思えないほどの熱演を見せる本作。迫真の演技に加え、堂々としたアクションシーンを披露し、監督に「ひさびさの天才!」と絶賛されたエドワードは、高校卒業後も役者の道を歩むそう。可能性無限大の彼に、大注目です!

--

パンツ一丁でさけんだシンデレラボーイ!

エド

演技経験ゼロだったエドワードでしたが、『エラゴン 遺志を継ぐ者』の監督であるシュテファン・ファンマイアーは、オーディションで透明なブルーの瞳を持った彼を見た瞬間に「エラゴン役は彼しかいない!」と思ったそうです。誰にも教えずにこっそりオーディションを受けていたエドワード。合格の知らせは学校で知ったらしく、父親から「受かったぞ!」という電話を受けると、ボクサーショーツ一丁で(エドの学校は全寮制なので、きっと寄宿舎の中だったんですね。露出狂ではありません!)「やったー! おれ主役になったぜ!」と学校中の友だちに向かって叫びまくり、はしゃぎまくったそう。でも、オーディションのことは誰にも教えていなかったため、みんな「?」でエドワードを見ていたそうな。一夜にして、スターへの切符を手にしたエド。あなたこそが、真のシンデレラボーイです!

--

渋谷が女子の悲鳴で揺れた!? 来日イベントは大盛況!

エド

来日中、エドは渋谷の109前で『エラゴン 遺志を継ぐ者』PRイベントに参加! 第11回全日本国民的美少女コンテストでグランプリに輝いた、17歳のシンデレラガール林丹丹(はやしたんたん)と一緒に登場しました。エドが登場すると、突然現われた長身の金髪&青い瞳の美少年に渋谷のギャルたちも騒然! 「誰!? 超かっこいい~!」とステージ前はたちまちギャルたちで埋め尽くされてしまったのです。シンデレラガールの林も、エドにはドキドキ! 「写真を見てかっこいいと思っていたけど、実物はもっとかっこいいです!」と太鼓判を押していました。さらに、エドワード王子が林のほっぺにチュッとすると、「いいな~~~~!」という女子たちの悲鳴で、一瞬渋谷も揺れました……。エドも日本の女子たちに囲まれて、うれしそう。来日にはパパが付き添っていたため、夜遊びは一切禁止だったそうですが「日本には、また遊びにきたい!」ととても日本を気に入ったようです。

--

渋谷が女子の悲鳴で揺れた!? 来日イベントは大盛況!

エドエド

現在19歳のエドに、「ガールフレンドはいるの?」と思い切って聞いてみると、残念ながら答えは「イエス」。「高校から付き合っている彼女がいるよ。この映画が決まる前からずっと付き合ってるんだけど、ぼくが急に有名になっちゃったから、ほかの女の子と浮気しないか心配しているみたい(笑)」と若者らしいエピソードが聞けました。映画の中では、超美形の女優シエンナ・ギロリーと共演しているし、しかも一夜にして、自分の彼氏が世界中の女の子にキャーキャー言われるハリウッドスターになっちゃうなんて、そりゃ彼女も心配しますね。「僕は、真面目だから大丈夫だよ!」と語るエドワードですが、来日時は渋谷の109前でイベントにも参加。日本のファンの印象を尋ねたところ「日本の女の子は、かわいくて、すごくナイスで大好き!」と日本の女の子を大絶賛。「彼女に振られたら、泣きながら日本に来るよ~」とメッセージをくれた、とってもおちゃめなエドワードでした!

--
UP
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 11月
  4. 22日
  5. 『エラゴン 遺志を継ぐ者』特集 エド・スペリーアス徹底解剖