シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
ユースケ・サンタマリア&友近
『酒井家のしあわせ』
仕事と家庭を両立できるかどうか、
まず結婚してみたら?
『酒井家のしあわせ』ユースケ・サンタマリア&友近 単独インタビュー

取材・文:小林陽子 写真:シネマトゥデイ

『踊る大捜査線』シリーズや『UDON』などに出演し、俳優としても評価の高いユースケ・サンタマリア。NHK朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」に出演し、その独特の存在感が注目されている友近。バラエティー番組では共演経験のある2人が、アットホームな感動作『酒井家のしあわせ』で夫婦役にふんした。役者としては初共演となる2人に、お互いの印象や仕事ぶり、さらにはそれぞれが持つ“家族感”について話を聞いた。

予想以上に相性のいい2人

Q:初共演の感想をお聞かせください。

ユースケ・サンタマリア(以下:Y):友近とは、共演する前から馬が合うんじゃないかと勝手に想像していまして。共演してみたら、ほぼ予想通りというか予想以上にピッタリでした。なかなかないですよね、ここまで息がピッタリというのも。昔は自分の理想が高すぎてうまいこといかないことも多々あったんですけど……今回はかなりいいできだと思っています。

友近(以下:T):わたしもユースケさんとまったく同感ですね。演技していると自分自身が自然でいられるというか、その部分がしっかり映像でも現れていると思います。

Q:友近さんのキャスティングはユースケさんの逆指名だったそうですが。

Y:僕そんなに力ないですから(笑)。たまたま本を読んで「これは友近に合っていそう」とは言いましたけど……。なので「友近じゃないとやらない」とか言った訳ではないです(笑)。ただこの役っていうのはふっくらした日本のお母さんっていうイメージなんですよ。ほらゲッソリしているよりも、ある程度ふくよかな方が合っていると思いませんか? だからそんな意味でも友近がいいかなって思いました。

T:確かにそういう意味ではピッタリかもしれませんね(笑)。でも、役が決まる前からユースケさんと芝居できたら楽しいだろうなと思ってはいたので、そういう風に思っていただけたのは光栄です。

芝居は芸人としての腕を磨く手段

Q:友近さんは今回映画初主演ということですが、お話が来たときはどんな気持ちでしたか?

T:そうですね。うれしい気持ち半分、チャレンジしたい気持ち半分でした。ただ、わたしは芸人という職業なので、映画のスケジュールで本業がおろそかになってしまったらどうしようという不安な面があったんです。でも、今となっては断っていたら正直後悔していたと思います。この映画をきっかけに、芝居の面白さを痛感することができましたから。

Q:この映画をきっかけにですか?

T:はい。芝居自体は好きだったんですけど、興味という部分では大きく変わったと思います。やはり芸人という意味で作品そのものを面白くしなければいけないんじゃないかというプレッシャーがありました。でも、ユースケさんといろいろお話していたら、そうではない……ということを教えてもらったんです。リキまないで演技をするとか、自分にこの役が合っているかどうかとか、周りの役者さんとのバランスを知るとか……。出会いが作品を面白くさせるんだということに興味を持ちました。

Y:映画っていうのは大きな出会いの場でもあるんです。バラエティーの現場というのは、収録が終わればすぐに解散しまうことがよくあるんですが、映画の撮影現場っていうのは、作品を作り上げるためにじっくり話し合うんです。僕はあまり友だちが多い方ではないし、なかなか仲良くなれませんから(笑)。映画の現場そのものが出会いの場なんです。また、友近ともバラエティーの現場だったらこんなふうに話せなかったと思いますし、こういう現場で出会えたということがとてもうれしかったです。

Q:お互いの新たな一面を見ることができたということですか?

Y:そうですね。やはり芝居の現場はお互いが“素”なので(笑)。待ち時間に話し合ったり、おしゃべりをしたりしました。もし、芸人“友近”という目で見ていたら、ここまで息が合わなかったかもしれない(笑)。

口うるさい妻が理想

Q:休憩中はどのような会話をされていたんですか?

Y:友近が、太ももに椿のタトゥーを入れるっていうから「やめろ」って引き止めていました。

T:絶対言っていませんって(笑)。わたしの演技について意見を求めていました。「今のあかんかった?」とか「言い方厳しかった?」とか。

Y:友近はまじめだからちゃんと自分の演技について振り返るんですよ。ほら、友近の役は口うるさいお母さんの役じゃないですか。もともとこういう言い回しは友近も得意だと思うので、アドバイスするところもなかったですね。

Q:確かに友近さんのためにあるような役でした。

T:そうですね。口うるさい妻ですよね。「靴下が逆!」だとか「金魚の水を換えろ」とか(笑)。こういう妻になれたらいいなと思います。

Q:ユースケさんは口うるさい妻はどうですか?

Y:いや、僕はそれくらいの方がいいです。むしろすべてを見抜かれていたいですね。というよりも僕はすぐにバレるみたいです(笑)。仕事の上でも何でも。だから、僕の行動をすべて分かっていて、それでもって手のひらで転がされるくらいがちょうどいいんじゃないでしょうか。僕は何もできないタイプなのでしっかり者の妻ってなんか好きですよ。

Q:友近さんが演じられた妻が理想ということですか?

Y:も~ピッタリ、ピッタリ(笑)! 全部バレていてしっかりしている……最高ですね。 こんなしっかりした奥さんはなかなかいないですよ。僕がメソメソしていてもお尻をパンと叩いてくれそうなところがいいじゃないですか。

子どもがほしい! まずは結婚!!

Q:理想の夫婦像ってありますか?

T&Y:理想の夫婦……う~ん……。

Y:友近は子どもが欲しいらしいですよ。でも、友近は芸人と家庭を両立できるか不安がっているんですよ。何で僕が答えているのか分かりませんけど(笑)。友近もまずは、結婚してみたらいいんじゃないですか?

T:そうなんですよ。ユースケさんが今答えてくれましたけど、わたしって仕事と家庭どっちともにこだわってしまいそうな気がします。仕事をやり遂げたときじゃないと結婚できないかもしれませんね……(悩)。

Y:やり遂げたときって、60歳とか70歳じゃないと分からないんじゃ……(笑)。
とにかく結婚してみなさいって(笑)。

T:ですね……(笑)。頑張ります!

この日だけで24本もの取材を終えた2人。最後のインタビューにも関わらず疲れを一切見せず、むしろ楽しませてくれるその心遣いには脱帽した。友近が答えに迷うと、すかさず言葉の手助けをしていたユースケ・サンタマリア。また本作を機に芝居に興味を持ったという友近。今後もバラエティーだけでなく、俳優としても活躍の場をさらに広げ、ますます大きくはばたいていく2人から目が離せない。

『酒井家のしあわせ』は12月23日より渋谷アミューズCQNほかにて公開。

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 12月
  4. 11日
  5. 『酒井家のしあわせ』ユースケ・サンタマリア&友近 単独インタビュー