酒井家のしあわせ (2006)

2006年12月23日公開 102分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
酒井家のしあわせ
(C) 2006「酒井家のしあわせ」フィルムパートナーズ

見どころ

多感な年ごろの少年が継父との微妙な関係の中で、家族のきずなや人の生死と向き合い、成長してゆく姿を描いた人間ドラマ。監督は、本作が長編デビュー作となる呉美保が務め、独特のユーモアセンスと巧みな脚本でサンダンス・NHK国際映像作家賞2005日本部門を受賞した。対照的な性格の夫婦を、女性お笑いタレント友近とユースケ・サンタマリアが好演。音楽を山崎まさよしが担当し、酒井家が繰りひろげる涙と笑いのドラマを彩る。

あらすじ

関西のとある田舎町に暮らす酒井家は、中学2年の次雄(森田直幸)と妹、両親の4人家族。母の照美(友近)は再婚で妹は父親違いという、少々複雑な家庭環境を次雄は煩わしく感じており、継父の正和(ユースケ・サンタマリア)との関係もぎこちない。そんなある日、好きな“男”ができたと言って正和が突然家を出てしまう。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ビターズ・エンド
カラー/35ミリ
(渋谷アミューズCQN ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]