シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
山田花子
『無花果の顔』
理想のタイプの男性は年上で、
なんでも決めてくれる人がいいです
『無花果の顔』山田花子 単独インタビュー

取材・文・写真:シネマトゥデイ

老若男女問わずたくさんの人から愛されている、お笑い芸人の山田花子が、桃井かおりの初監督作品『無花果の顔』のヒロインに抜てきされた。『嫌われ松子の一生』にも囚人役で登場するなど、かねてから女優としての仕事に興味を持っていた山田は本作でついに初めての主演を務めた。不倫した男との間にできた子どもを出産するという難しい役どころを、抑えた演技で見事に演じきった、女優・山田花子に、作品について、そして女優としてのこれからを語ってもらった。

■脚本を渡されても実感がない

Q:『無花果の顔』に出演しようと思ったきっかけを教えてください。

前から、映画とかドラマに出たくて……この作品の話をマネージャーさんが見つけてきてくれたので、オーディションを受けることにしました。最初は、「合格」と言われても、脚本をもらっても、全然実感がわきませんでした。

Q:脚本を読んだ感想は?

初めて読んだときは、正直、どういう映画かよく分からなかったです。撮影が進むにつれてだんだん、自分も理解していきました。

Q:出来上がった映画をご覧になって、スクリーンの中のご自身はいかがでした?

映像がすごくキレイで……。キレイな映像の中の自分は、すごくキレイでした(笑)。

■新喜劇は失敗しても笑いになるけど……

Q:初めての主役としての演技はいかがでしたか?

うまくできました。赤ちゃんを産む役だったのですが、普段は赤ちゃんと接する機会があまりないので、赤ちゃんをずっと抱っこしているのはすごく大変でした。

Q:吉本新喜劇でもお芝居をされていますが、新喜劇と映画の芝居ではどんな違いがありましたか?

新喜劇の舞台は、失敗しても笑いになるからいいんですが、映画は失敗すると怒られるから……(笑)。うまく演技ができなくて、怒られました。現場でも、なんか浮いてるなあって感じることが結構ありましたね。

Q:新喜劇で怒られたりすることはないんですか?

突っ込まれるくらいで、全然厳しくないです。でも最近は、先輩の石田靖さんとかに「花子、あんまりボケへんようになったわ」って言われます。「女優のやりすぎや」って(笑)。でも月に2回は大阪で、新喜劇に出ていたので、気分転換ができました。

Q:大阪に帰るとほっとしますか?

東京のほうが好きです(笑)。芸人さんも東京の芸人さんのほうが優しいし(笑)。

■桃井監督がピリピリしていても気にしない

Q:女優としても大先輩の桃井監督からは、どんなことをアドバイスをされました?

歩き方とか……セリフが標準語だったので、話し方とかをアドバイスしてもらいました。たまになまったりしちゃっていたので(笑)。脚本に、「トマトもいいわね」というセリフがあったんですが、「トマト」の言い方が「違う」って言われたんですけど、どこが違うのか分からなくて困りました(笑)。

Q:桃井監督がイライラしたときはどうしてるんですか?

あまり気にしませんでした(笑)。

Q:逆に監督に言われてうれしかったことはありましたか?

映画のためにちょっとやせたんですけど、「きれいになったね」って言ってもらえたときがすごくうれしかったです。

Q:どんなダイエットをされたんですか?

お酒を飲まないようにしました(笑)。

■妻夫木くんがいいです

Q:作品では、父親との関係がとても温かかったですが、お父さんとの思い出はありますか?

昔よく女子プロレスに連れて行ってもらっていました。

Q:お父様は、女子プロファンなんですか!?

違います(笑)。もともとお兄ちゃんがプロレス好きだった影響で、女子プロファンになったんです。それで、わたしが見に行く女子プロの試合についてきてくれていました。

Q:お父さん役の石倉三郎さんとは仲良くなれましたか?

すごく優しい人です。恋の話をしました。「おすすめの俳優さんを教えてください」って頼んだのですが、「俳優はやめたほうがいい」って言われました(笑)。

Q:山田さんの好きな俳優さん……いつか共演したい方っていらっしゃいますか?

妻夫木くん……。

Q:今田耕司さんのファンとうかがっていたのですが……。

妻夫木くんがいいです。俳優さんがいいです。

■女優・山田花子として……

Q:尊敬している女優さんはいますか?

わたしは、市原悦子さんがすごく好きなので、いつか「家政婦は見た」の家政婦役をしたいです。

Q:日本映画で、出てみたかった映画や役柄はありましたか?

『THE 有頂天ホテル』に出たかったです。松たか子さんの役じゃなくて、ワンシーンおいしい役が欲しいですね。

Q:芸人として大活躍されているなか、女優業も本格的に始められたわけですが、女優業と芸人だったら、どちらが楽しいですか?

どちらも違った楽しさがあるので、半々でやっていきたいと思います。いつもはお笑い系なのに、女優は、いつもと違う自分になれるのがすごく楽しいです。

■演技派女優になりたいです!

Q:いろいろな顔を持っている山田さんですが、本当の山田さんってどんな女の子なんでしょうか?

普段はおしゃべりがすごく苦手で、あまり話しません。でも、お笑いをしているときは、すごく楽しいです。

Q:最近、夢中になっていることはありますか?

トランペット……。吹けたら、モテるかなあと思って。

Q:どうですか? モテだしましたか?

まだまだかかりそうです……(笑)。

Q:山田さんの理想のタイプってどんな方なんでしょうか?

年上で、なんでも決めてくれる男の人がいいですね。わたしは、(自分で)なにも決められないので……。

Q:本作での山田花子は、女優として何点でしたか?

百点満点です。

Q:女優・山田花子としての、これからの抱負をお願いします。

演技派の女優になれるようにがんばります。

テレビで「なんじゃー! ボケー!」と男のお笑い芸人に立ち向かっていく山田花子の素顔は、とにかくシャイで内気な女性だった。テレビで見せているお笑い芸人としての一面、そして映画で見せている女優としての一面、インタビューで見せた内気な一面。彼女のなかには、いろいろな“山田花子”が住んでいるようだった。そして、彼女自身、お笑い、映画などさまざまなジャンルで違った自分になることを、心から楽しんでいるように思えた。桃井かおり監督に、「違う種類の部族と会った感じだった」と言われたものの、控えめながら内に秘めた強さを持つ主人公を個性的な演技で熱演した山田は、間違いなく女優としての大きなステップを登ったはずだ。女優としての山田花子にこれからも、期待していきたい。

『無花果の顔』は2007年お正月第1弾、シネマスクエアとうきゅうほかにて公開。

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2006年
  3. 12月
  4. 18日
  5. 『無花果の顔』山田花子 単独インタビュー