シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
池脇千鶴
『丘を越えて』
恋愛に対して真っすぐなところ、欲張りなところが似ている
『丘を越えて』池脇千鶴 単独インタビュー

取材・文:鴇田崇 写真:鈴木徹

動画 [ 再生(1Mbps) | ご利用ガイド ]

猪瀬直樹の小説「こころの王国」が、故・藤山一郎が歌った同名曲をタイトルにした『丘を越えて』として映画化された。文芸ジャーナリズムの基礎を築いた作家・菊池寛と菊池がつくった文藝春秋社の内幕や、戦前のモダンな風俗をはじめ、しゃれを効かせた江戸弁の数々などを菊池の私設秘書の視点で描く本作で、女優の池脇千鶴がその秘書に挑んだ。女性が自立するには、困難を極めた時代を生き抜いた葉子を演じた池脇にさまざまな話を聞いた。

■男性は仕事ができた方が魅力的!

Q:改めて完成した映画をご覧になっていかがでしたか?

驚きました。わたし、もっとシリアスなものになっていると思っていたんですけど、コメディーでした(笑)。脚本を読んで演技している自分たちは大まじめなんですけど、仕上がりはどこかおかしいと思えるような感じでした。

Q:西田敏行さん、西島秀俊さんと共演された感想はいかがですか?

お二人とも初めての共演だったんですけど、西田さんは優しくてユーモラスな方です。演技をしていてもそのまんま菊池寛だなって思ってしまうほどで、西田さんか菊池寛なのかわからなくなるほど同じ人に見えてきて頭が混乱しました。西島さんは初めてお会いしたときから馬海松(まかいしょう)に成り切って現場に来られて、「おー! カッコいい~」って思いました。普段はひょうひょうとしているのに、演技に入るとキザなセリフをサラッと決めて帰っていったりするので、それがわたしにはすごく面白くて。ドキッとするんですけど、ご本人を考えるとちょっと照れくさかったです。

Q:男性としてはどちらがタイプですか?

どちらもすてきですよね。どちらも違うタイプの男性ですし。若い男性の方がいいかなって思うんですけども(笑)、「外国に行くのは無理!」だと思うので……。選べないですね~。どちらの男性も仕事もできるし、愛してくれるから非常に魅力的ですね。やっぱり男性は仕事ができてほしいですね。

Q:映画のように実際に二人の男性の間に立たされたらどうしますか?

できれば二人が衝突しない形で事を収めたいんですけど、ただ、この映画の場合は職場が同じで、しかもバレているので何とも言えないですよね。二人が絶対に顔を合わさないように同時に進めていければと思いますけど、実際にはそういうことをやり遂げる自信なんてまるでないです。面倒くさくなって途中で投げてしまいそうですね。

■葉子の欲張りな性格は似ていると思う

Q:演じられた葉子はポジティブで野心家の印象を受けますが、どう理解して演じられましたか?

確かに葉子は野心があって情熱的ですよね。あの時代は現代と違って、女の人がとっても生きにくい世の中だったんです。仕事をするよりも結婚した方がきっと幸せになれる時代だったと思うんですけど、葉子は物書きになりたいという一心をきちんと貫いて、壁をぶち壊していった女性なのでカッコいいと思います。

Q:葉子という女性を池脇さんご自身と比べてどうですか?

あまりにも時代が違いすぎるので彼女ほどの度胸や努力はできないと思うんですけど、葉子は好きな仕事に就いて、とても生き生きしているじゃないですか。そういうところは一緒なんじゃないかなって思いますね。あとは恋愛にも真っすぐなところとか。彼女は何でも手に入れようとする欲張りですよね。そういうところも似ていると思います。

Q:葉子には悪女、ファムファタール的な要素もあると思いますが、池脇さんご自身はいかがですか?

葉子ほどではないと思います(笑)。彼女は本当に魔性の女で、確かにそう見えちゃいますが、愛してくれた男の人たちが周りにいるから、だんだんとそう見えちゃうんだと思います。本人には悪気はないというか、葉子は彼らを信頼して尊敬していて、自分も心から愛している、ただそれだけなんですけどね。

■迷いがまったくない高橋監督は男らしい!

Q:『火火(ひび)』に続いての高橋伴明監督との仕事はいかがでしたか?

相変わらず迷いのない演出をされて、サクサクとみんなを引っ張ってくれました。時間をかけず無駄なことを一切されないんですよ。ワンカットしか撮っていない長いシーンもたくさんあります。きっと伴明監督の頭の中では完全に出来上がっているんでしょうね。わたし自身ハラハラすることもありますけど、いい緊張感がありました。迷いがなくきちんと導いてくださるのは演者にとっては安心ですね。

Q:高橋監督はほかの監督たちと比べて、どんなところが魅力的ですか?

伴明さんはすごく信頼できる監督さんですし、伴明さんもわたしのことを信頼してくれていると思うんです。だから伸び伸びと演技をやらせていただけるし、ちょっと豪快なところもあるんです。いくつものことを面倒くさく考えたりしない方なので、そこが男らしいと思いました。ほとんど話さない方なのですが、ちょっとしたことで導いてくださったり、わかりやすく説明してくださったりするんです。

Q:主題歌をつじあやのさんが担当されていますが、つじさんの「丘を越えて」を聞かれた感想は?

いいですよね。つじあやのさんが歌うと、不思議な感じがして。かわいらしさとウキウキした感じが伝わってきて、女性の声の「丘を越えて」もすてきですよね。ラストでたくさん流れますけど、飽きなくてワクワクします。映画の終わりにすがすがしい気持ちが残るのっていいですよね。

■面白そうな役なら何でもやってみたい

Q:今後はどんな役をやってみたいですか?

特にはないんです。10代のころは優等生のイメージが強かったせいか、やや偏りがちな役が多かったんですけど、最近は大人になってどんどんいろんな役を預けていただけるようになったので、来たもので面白そうな役であれば、何でもやってみたいなと思いますね。

Q:最後に池脇さんから一言メッセージをお願いします。

この映画はとてもヘンで面白くなっているので、人にすすめられる映画だなって思いました。果たしてどんな方たちがこの映画を好きになってくれるのか、皆さんの感想を聞いてみたいです。小さい子、若い人たちにも観てもらいたいなって思います!

欲張りな性格が『丘を越えて』のヒロイン・葉子と似ているとあっけらかんと語ってくれた池脇。その物言いに嫌味はまったくなく、デビューから12年が経って、女優としての自身と実力が増したからこそのコメントに感じられた。『丘を越えて』は池脇が西田、西島らベテラン俳優を相手に、彼らを手玉に取るほどの貫録の演技をみせた一作。圧倒的な魅力でスクリーンを支配してしまう、彼女のファムファタールっぷりは必見だ。

『丘を越えて』は5月17日よりシネスイッチ銀座ほかにて全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 5月
  4. 12日
  5. 『丘を越えて』池脇千鶴 単独インタビュー