シネマトゥデイ

丘を越えて (2008)

2008年5月17日公開 114分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
丘を越えて
(C) 「丘を越えて」製作委員会2008

見どころ

作家・猪瀬直樹の小説「こころの王国」を、『火火(ひび)』の高橋伴明監督が映画化した人間ドラマ。文芸ジャーナリズムの基礎を築いた作家・菊池寛と、彼の私設秘書、朝鮮貴族出身の青年の交流を通し、それぞれが激変する時代の波に立ち向かっていく姿を描く。キャストには西田敏行、西島秀俊、池脇千鶴ら実力派が集結。大衆文化が花開いた昭和初期の風俗を再現した衣装や美術、全編に流れる昭和歌謡の数々も魅力。

あらすじ

女学校を卒業して就職先を探していた葉子(池脇千鶴)は、文藝春秋社社長の著名な作家・菊池寛(西田敏行)の私設秘書に採用される。下町育ちの葉子にとって、菊池を取り巻く世界はまばゆいばかり。日本の大衆文化の創造に乗り出す菊池にあこがれつつ、葉子は朝鮮の貴族出身の編集者・馬海松(西島秀俊)にも惹(ひ)かれていく。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • ゼアリズエンタープライズ
  • ティ・ジョイ
カラー/35ミリ/アメリカンビスタ/DTSステレオ
(シネスイッチ銀座 ほか)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]