シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
週刊 寺島進
アニキに聞けよ!
INDEX PAGEへ戻る
さて、アニキに聞けよ! 104回は、役者になりたい男の子からのご相談。
「どうしたら演技がうまくなりますか?」というお悩みです。「おれ、演技うまくなんてねえし……」と恥じらいながら、寺島流の演技論をアニキに語ってもらっちゃいました!
今回のお悩み
寺島さんこんにちは!
いつもテレビで寺島さんの男前な姿を拝見してます。
 
早速なんですけど、寺島さんは何故演技が上手いのですか?
僕も役者見習いとして勉強はしているんですけど、
全く上手くなっていく気がしません。
 
今年演技の専門学校を卒業して、色々なオーディションを受けたんですけど
どこにもひっかからなかったし……
やっぱりすべては才能なんでしょうか?
 
昔どこかで
「役者になる為にはみんなから人気者になれる人じゃないと上手くいかない」って
書いてたんですけどやっぱりそぉなんでしょうか?
 
僕はオーディションに落ちたってわかった瞬間
今までの努力が全部否定されてしまったよぉな気持ちでした。
 
でもなんとしても役者になりたいんです!
寺島さん!!
何かいいアドバイスをください!
僕をトレーニングしてください!
 
そしていつか現場で一緒にお仕事がしたいです
おれ別に芝居うまくないけどなぁ。お前まだ若いじゃん。そんなに躍起になることないよ。
 
おれだって20代のころはオーディション全然受からなかったし、どこの事務所にも入れなかった。
 
たまにさあ、再放送で昔のドラマやってんじゃん。そんで自分が出てるわけよ。
もうね、見られない!
はあ~~~~~~~って、長~いため息がでる。
ほんっとにクサい!!
 
でもそんときはそんときで一生懸命だったんだよなあ。
 
芝居をするとき、頑張ったってうまい芝居なんてできないんだよ。だって芝居って、ナチュラルなものだから。頑張ってやることじゃない。日常を再現するものなんだから。それを想像するだけじゃん。カメラというよりは、そのキャラクターとして日常を過ごしてて、ドキュメンタリーのカメラが回っていると思えばいいんだよ。そんな感じ。
 
舞台はわからないよ? でも映像に関してはそうなんじゃないかな。
 
おれは、芝居するときはいつも精神状態をフラットにしておきたい。わずらわしいことは一切除外したい。
 
すごく変な話なんだけど、集中してると、逆にいろいろなことが気になるんだよ。神経がすごく過敏になって、耳もダンボになってるからさ。ほんとに、わずかな音でもすっごい気になるんだよ。
 
遠くから飛んでくるヘリの音も、誰かの話し声も全部耳に入ってくる。現場で「録音部 寺島」って呼ばれるくらいだからね。
 
芝居してるときは、セリフだけじゃなくて、相手の息遣いも聞こうとしてるんだよ。そういうときにちょっとした物音や、話し声が聞こえると、集中できないんだよね。
 
20代後半までは、そんなことなかった。相手の芝居も見ずに、とにかく頑張ろう頑張ろう! みたいな(笑)。鼻息荒い荒い! テンション上げて、頑張ってやんのが芝居だと思ってたんだよな。
 
昔ヤクザ役やってたときに、隣に力也さんがいてさ。
「お前、肩の力入る気持ちはわかるけど、もし肩の力を抜くことができたら、お前はいい役者になれるよ」って言われたことがあるんだよ。
 
「わかりました! そっか、肩の力を抜くのか~!」って思ったんだけど。
でもどうやって肩の力を抜けばいいかわからないんだよ!
もう肩の力を抜こうって、思った瞬間に、すでに肩に力が入っちゃってんだよな(笑)。意識し過ぎちゃってさ。
 
でもそういう意識を持つっていうのは必要なんだよ。意識してないと、くせは直らないから。それで、ずっと頭の隅に「肩の力を抜く」ってことを置きながら芝居の経験を積んでくとさ、ふとしたときに来るんだよ。肩の力が抜けるときってのがさ。そのときの感覚は、ずっと覚えていようって思ったね。これも人それぞれなんだけどね。サクッと、肩の力を抜くことができる人だっているしさ。おれは時間がかかったタイプだけど。だって今でも、「うっわあ、肩に力はいっちゃってんな」ってときがあるもん。
 
まあでも、肩の力が抜けたからって芝居がうまくなるわけじゃないから。答えはないのよ。
 
だから役者は面白いんだよ!
アニキの一言「肩の力を抜くとこから、始めてみな」
アニキへのお悩みはコチラまで!
読者の広場 アニキへのコメントやご意見、応援メッセージはこちらから
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2008年
  3. 7月
  4. 23日
  5. アニキに聞けよ! 104回