シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
ラジカル鈴木のネットをにぎわすあの人!~シネマトゥデイ検索ランキングより~  第7回 エミー・ロッサム

『DRAGONBALL EVOLUTION』解禁!
テレビアニメ「ドラゴンボール」の実写映画化『DRAGONBALL EVOLUTION』に関して、昨年末ようやく予告編が解禁された影響があり、今月はその主演勢が上位を占めた。田村英里子ジャスティン・チャットウィンジェイミー・チャンチョウ・ユンファ……で! やっぱり僕的に一番ググッとキタのが、エミー・ロッサム!! 何だかビッチィなスターばっかりな昨今、久しぶりに清々しいステキなコが現われたな~っと。

そんなエミーはブルマを演じるのだが、今まで演じてきたどの役とも違うキャラクターだって……そりゃそうだよね。マーシャルアーツを習ったり、バイク乗ったりしてほとんどを自分で演じているようだし。きゃしゃな体をあざだらけにして撮影したんだとか……ケナゲだな~。エミーのカメハメ波~!! を早く観たい。
エミー・ロッサム

クッキー・フェイスにノックアウト! シネマトゥデイ 人物アクセスランキング 2008年12月
というわけで、できる限り出演作品をさかのぼってみた。大きな人懐っこい瞳に、笑顔がタンマラン~ってか天真らんまん~! イヤミのないルックスに、透き通った声。クッキー・フェイス(昔の夏目雅子が出ていたCMのフレーズ)ってこういう顔のことを言うんじゃないのかな。人形のようで、生活感があまりなくって、ファンタジーやコミックのキャラクターには合っているよね。『DRAGONBALL EVOLUTION』で歌うシーンはないのかもしれなけど、なかなかGoodなキャスティング。でもね、歌手からキャリアをスタートしたエミーは、スレンダーなのに歌唱力が素晴らしいんだ。

エミー・ロッサム

キュートなディーバ
1986年9月12日ニューヨーク生まれ。両親はユダヤ系で父は銀行家、母は写真家の一人っ子という、何だか絵に描いたようなアッパー・ニューヨーカーな家庭が想像できます。幼いころからオペラを学び、7歳でメトロポリタン歌劇場に立つ。幼くしてプラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティら巨匠たちとも共演。6か国語を使いこなして20以上の演目に出演し、フランコ・ゼフィレッリ監督の「カルメン」や、「スペードの女王」、ティム・アルベリー監督の「夏の夜の夢」にも出演。ジェームス・レヴァイン指揮の「ファウストの劫罰」でカーネギー・ホールにも出演。

1999年、13歳でテレビデビュー、すぐにヤングアーティスト賞のテレビムービー部門で助演女優賞にノミネート。2000年に映画『歌追い人』でスクリーンデビュー。この作品は、1907年のアメリカ、女性の音楽博士が妹が働く入植地を訪れ、偶然に失われたといわれていた数百年前の伝統歌に出会い、それを採録し本にする活動するという話。エミーは山で生活する田舎のコを演じた。まだホントに少女でむっちゃカワイイ。得意の歌を披露しつつも、オペラの歌唱法とは違うアパラチアのバラードで、実力を見せた。この演技がインディペンデント・スピリット賞のデビュー・パフォーマンス賞受賞につながった。

着実に歩むキャリア 大ブレイクも近い?
テレビ映画「オードリー・ヘプバーン物語」で若きオードリーを演じる。カワイイから抜てきされたんだろうけど、僕に言わせりゃエミーとオードリーはまったく違うね。その後、映画『アメリカン・ラプソディ』『ラブ・アクシデント』『NOLA ~ニューヨークの歌声~』。この辺りの作品は日本未公開なんだけど、彼女が劇中で歌うシーンをYouTubeで観ることができます。フツーのラブソングを歌っているけど、やっぱいい声やねえ。

クリント・イーストウッド監督の映画『ミスティック・リバー』では主人公ショーン・ペンの娘にふんし、ローランド・エメリッヒ監督のSF大作映画『デイ・アフター・トゥモロー』では主人公の息子サムの恋人を演じた。この辺りは誰が演じても一緒の役なんだけど、まあ実績を重ねたってカンジか。

そして2004年、決定的な代表作に出会う。それは舞台の傑作との呼び声も高い映画『オペラ座の怪人』の、アンドリュー・ロイド=ウェバーの楽曲をそのままに、アンドリュー自身がプロデュースするミュージカルの映画化で、ヒロインのクリスティーヌ役!! ホントハマリ役だったと思う!! 素晴らしい歌声、歌唱力、表現力。何てきれいなんだろう~。撮影時まだ17歳とは思えない貫録すらある。ゴールデン・グローブ賞コメディー・ミュージカル部門主演女優賞にノミネートされ、ナショナル・ボード・オブ・レビューの女性ブレークスルー演技賞と放送映画批評家協会賞の若手女優賞を受賞。評価を確固たるものにする。

その次はちょっとヒドかったなあ……パニック映画『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイク映画『ポセイドン』なんだけど、どうにもなんないシロモノだった! 『ポセイドン・アドベンチャー』からドラマ性、人間性、個性的なキャラクターと感動がスッポリと抜け落ちている。リメイクする意味がどこにあったのか、まったくわからない作品だ。特撮とCGだけがむなしい壮大なスクラップ!! こんなもんにまで出なくていいよ、エミー!!

自分を大事にするんだエミ−!!
コロンビア大学を卒業し、音楽活動も本格指導。2007年にソロアルバム「インサイド・アウト」を出す。これはイイね! どの曲もクリアでさわやか。ジャンルは“アンビエント・ポップ”なんだそうだけど、全体的にエンヤが若返って都会のニューヨークにやって来た? ようなカンジ。ファースト・シングル「スロー・ミー・ダウン」のPVがまたキュート。彼女が好きなのはジョニ・ミッチェル、これはわかる気がします。あとは、ジャニス・ジョプリン、こっちは似ても似つかないですなあ。

そういえば、「マウントレーニア カフェラッテ」のCMに出演してたけど、これはちょっと僕の中のエミーとはイメージが違うんだよね~。本人いわく「わたしの素をそのまま出した」らしいんだけど、これもフツーのおねえちゃんがやっても一緒やん! この時代に彼女が求められているのは……古き良き汚れを知らない清らかな存在でしょう。そういう人が不在の今だから彼女は求められている、進む方向を間違えないでね! しかもトーク番組でベラベラしゃべり過ぎて、神秘性薄れちゃう~! ただのイヤな女に成長しないでおくれよぅ……自分を大事にエミ~!! ではまた次回!

イラストレーター・アーティスト。人物、女性をモチーフにしたポップ&キュート な作風を得意とし、各種媒体へイラスト提供。代表作は、読売新聞社・国立科学博物 館主催の「大顔展」の宣伝ビジュアル。現在は雑誌や新聞で映画レビューや旅行ルポ、 ダイエット記などを執筆しており文筆家としても活躍。2008年4月には「メタボ抜けたら ヨメが来た 男の食いしんぼダイエット」(オレンジページ刊・定価700円)を上梓。
著書 「ラジカル式 にんにく本」発売中!

ラジカル鈴木
オフィシャルサイト >>
pagetop
[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク