シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.
松山ケンイチ、麻生久美子
『ウルトラミラクルラブストーリー』
土の中に埋まってみると、目線が違って、見る世界がまったく変わってくるんです
『ウルトラミラクルラブストーリー』松山ケンイチ、麻生久美子 単独インタビュー

取材・文:福住佐知子 写真:高野広美

動画 [ 再生(1Mbps) | ご利用ガイド ]

映画『ジャーマン+雨』でその才能を知らしめた映画界の新星・横浜聡子監督が、映画『ウルトラミラクルラブストーリー』でついに本格的な長編映画デビューを果たした。心臓が止まっても生きている? そんなありえない事態が次々と巻き起こる奇想天外な本作。一風変わった主人公、水木陽人を演じた松山ケンイチと、陽人が思いを寄せる神泉町子を演じた麻生久美子に、監督について、そして映画についてを語ってもらった。

■全編が津軽弁の映画を楽しんだ

Q:本作への出演依頼が来たとき、どんな感想を持ちましたか? また、出演の決め手はどんなところでしたか?

松山:僕は横浜監督の以前の映画作品『ジャーマン+雨』を観て、すごく面白いと思っていたんです。横浜監督は青森出身で、僕もそうだし、映画も青森が舞台になっていて、こんな作品に出会うことはこの先も絶対にないと思って、「ぜひやらせて下さい!」と横浜監督にお願いしました。

麻生:わたしは、横浜監督とも松山さんとも一緒にお仕事をしてみたいと思っていたので、喜んで出させていただきました。

Q:松山さんはご自身の出身地でもある青森の言葉を話されていましたが、方言にも微妙な違いがあるため、演技よりも方言指導の方が大変だったとうかがいました。

松山:この映画で使われているのは津軽弁で、僕の地元の言葉は下北弁なんで、ずいぶん違いますね。微妙な違いを直すのってすごく大変で、毎日方言指導の方についてもらっていました。

Q:麻生さんは、周りの人すべてが津軽弁を話しているという状況に置かれた感想はいかがでしたか?

麻生:津軽弁のイントネーションがすごく好きで、周りの人がしゃべっているのを聞いているうちに、自分も何となく同じようなしゃべり方をしてしまって……(笑)。撮影以外のときは、青森弁を楽しんでしゃべっていましたね。

■キャベツになると、見る世界が変わってくる(笑)

Q:松山さんは土の中に埋まるシーンがありましたが、キャベツになった気分はいかがでしたか?

松山:脚本にも書いてあったので、どうやるんだろう? って、楽しみにしていました。土の中に埋まってみると、目線が違って、見る世界がまったく変わってくるんです(笑)。ほかにもいろんなことをやらせていただいて、楽しい現場でした。ただ、気は抜けませんでしたね。もし気を抜いたら普通になってしまうというか……。陽人という人物は気を付けなきゃいけないところがたくさんあって、例えば、常に動いていたりとか、それも独特な動きをするのでちょっと疲れましたね(笑)。

Q:麻生さんは恋人が事故で亡くなってしまい心に不安を抱えている役でしたが、どのように役作りをされましたか?

麻生:わたしなりに町子についていろんな思いを持っていたのですが、そんな思いをすべて覆されるような勢いが横浜監督にはありました。だから、考えていたことを全部一回忘れようと思って演じていましたね。その現場、現場で感じたことを表現するようにしていました。

Q:お二人は初共演ですが、今までに持っていたイメージと共演後に変化した部分はありましたか?

松山:僕は麻生さんって、ちょっと癖のある映画に出演されている女優さんだと思っていて、“麻生さんは、麻生さん”というくくりになっている人だと思っていたんです。僕の知っている限りではそんな女優さんはあまりいないので、町子役は麻生さんでと聞いたときは「おっ、スゲェ~!」と思って(笑)。共演するのを楽しみにしていたんですよ。

麻生:ありがとう(笑)。わたしは、松山さんってストイックで寡黙な人だと思っていたんです。そしたら割とよくしゃべるし、面白いんですよ(笑)。すごくユーモアのある方だったので、そこに一番ギャップを感じましたね。

■強く願えば、動物も人間も進化し、変化する

Q:今回地元のオーディションで選ばれた子どもたちと共演されていましたが、どんな現場でしたか?

松山:ほんとにびっくりするんですけど、子どもたちはみんな、セリフを覚えているんですよ。僕のセリフまで覚えていて、僕が忘れたりすると、ちゃんと教えてくれるんですね。そんなことが何回かありました(笑)。それにお芝居が、お芝居しているんじゃなくて自然過ぎるんですよ。すごいと思いましたね。そんな子どもたちを見ていて、僕も絶対忘れたくない、僕の中にずっと残しておかなきゃいけない部分なんだと思いましたね。

Q:麻生さんはどんな風に子どもたちと仲良くなったのでしょう?

麻生:わたしが演じた町子は幼稚園の先生だったんです。子どもたちとは仲良くしていましたよ。みんなすごくかわいかったですね。

Q:映画の中で起こる奇跡のように、強く願えば動物も人間も進化する変化することはありうると思いますか?

松山:僕もそう思いますね。人って、いろんなところへ意識がいっていて、どうでもいいようなことに気を取られがちなんですが、この映画の主人公の陽人にはそれがまったくないんですよね。陽人は一人の世界に生きているっていうか、自由なんです。人って、もともとはそうですから……。強い思いでこの映画のような奇跡に近いことが現実でも起こると僕は信じて生活していきたいと思います。

麻生:わたしも奇跡だって、進化だって、気持ち次第ではどうにでもなるんじゃないかと思いたいですね。

■横浜監督の才能と松山さんの才能のコラボを見てほしい

Q:最後にファンの方たちとこの映画を観る方へのメッセージをお願いします。

松山:この映画はラブストーリーというテーマなのですが、ラブストーリー以外の部分が大事だと僕は思っています。本当にぶっ飛んでいて、僕が今まで観てきた映画の中にはない作品ですし、観ていただければその意味がわかってもらえると思うので、ぜひ観てほしいですね。

麻生:とにかくすごい映画です。横浜監督の才能と松山さんの才能のコラボをぜひ劇場で確かめてください。ビックリしますよ!

横浜監督のこだわりがたくさん詰まった本作。青森を舞台に、農業を営む風変わりな青年、陽人(松山)が東京からやって来た町子(麻生)に恋をし、好きな人を強く思う気持ちが信じられない奇跡を生んでいくラブファンタジーだ。出演するたびにまったく違う表情を見せてくれる松山だが、素顔の彼は、優しくて、おしゃべり好きの明るい青年という印象を受けた。麻生はこんな人になりたいと思わせる、まさに女性のあこがれ。演じる姿に日本女性ならではの伝統美を感じるのはわたしだけだろうか。そんな麻生は、今後の日本映画を担う女優の一人だ。これからも二人から目が離せない。

映画『ウルトラミラクルラブストーリー』はユーロスペース、シネカノン有楽町2丁目、シネマート新宿ほかにて6月6日より全国公開

[PR]

この記事を共有する

映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2009年
  3. 6月
  4. 5日
  5. 『ウルトラミラクルラブストーリー』松山ケンイチ、麻生久美子 単独インタビュー