シネマトゥデイ

6月11日より全国公開

新章突入!未知なる松本ワールドに誘う3つのキーワード!

その独特な世界観で、映画界に旋風を巻き起こした「映画監督」松本人志が、刀を捨てた侍の哀愁を描く待望の新作『さや侍』を完成させた。【時代劇】【親子愛】【一般人】の3つのキーワードから新章に突入した松本ワールドを解明する。

松本監督、3度目の挑戦は時代劇

A0002921_05.jpg

カンヌ国際映画祭に招待された『大日本人』で鮮烈な映画監督デビューを飾り、『しんぼる』も国際的な注目を集めた松本監督。その3度目の挑戦は、なんとオリジナル・ストーリーによる【時代劇】
主演も務めた前2作とは異なり、監督に専念した本作は、ある運命を背負った侍の命を懸けた奮闘を唯一無二のセンスで描いた。「笑い」とともに押し寄せる「哀愁」、そしてその先にある感動が「新境地」の一作だ。

侍とは?親子とは?その答えを求め続けた父と娘、三十日の戦い

主人公は戦うことを拒み、鞘(さや)しか持たない侍・野見勘十郎。無断で脱藩した罪で、囚われの身となった勘十郎は、母を亡くした若君の笑顔を取り戻す「三十日の業」に処せられることに。一日一芸。30日間、若君を笑わせ続ければ、無罪放免となるが……。命懸けの勘十郎と一人娘との【親子愛】も見せ場。父親になった松本監督の心境がうかがえる。

A0002921_07.jpg

主演は野見隆明! ……って一体、誰っ!?

A0002921_09.jpg

主演に抜てきされたのは、松本監督が司会を務めていたバラエティー番組「働くおっさん劇場」に出演していた、かなりユニークな【一般人】野見隆明。映画初出演にして初主演の野見は、「最初はDVDを録るっていわれて呼ばれました。まさか映画だったとは……」とすっかり騙されていた模様。台本も渡されず、出演シーンはほぼドキュメンタリーで撮影されたのだとか。松本監督が認めた逸材がスクリーンでどんな演技を見せているのか、こうご期待!

(C) 2011「さや侍」製作委員会

[PR]

この記事を共有する

関連情報
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
スポンサード リンク
スポンサード リンク